Baroqueの優雅な昼下り②

ここに引っ越してきました
Baroqueの優雅な昼下り② TOP  >  展覧会
カテゴリー  [ 展覧会 ]

深海 展

科博 特別展 深海(2017) に 行ってきました。
テレビ 新聞 ネット情報に 背中を押され
科学博物館に行ってきました
ちょうど テレビ番組は途中からですが、偶然みられました。
会場では、図録も買いました。
が、
深海は深すぎて 疲れました
深海 ちらし






深海
水深200m以深を 深海 と、呼びます。
海洋生物の観点は、水深200mより深い所を 深海 としています。
海洋物理では深海の定義は違うそうです。


海洋研究開発機構のスーパーコンピューター  ↓
‘地球シュミレーター’
海洋研究開発機構のスーパーコンピューター
世界最大規模の分散メモリ型ベクトル並列計算機


生物
1872年から世界の海で深海探査を行ったチャレンジャー号は
水深5000m超から 生物 を、採集しました。
それから140年 極限中の極限の状況から生態系を発見してます。
発光生物って沢山いるんですね。
それぞれの環境での生物はただただ驚きです。

巨大生物
無脊椎動物の中には巨大という意味をこめて、
大王 の名前を持つものがいます。
ダイオウイカ ↓
(最大記録は全長18m)
ダイオウイカ

ダイオウグソクムシ ↓
ダイオウグソクムシ
絶食 5年の記録があります(日本)。

ニシオンデンザメ (最も長寿な脊椎動物)
最も長寿な脊椎動物ニシオンデンザメ272から512歳5m





超深海
水深6000m以深の海が
超深海 と、定義されている。
最も深い海溝は  マリアナ海溝 で、
その最深部は水深19000mとされてます。

無人探査機 UROV11K は、
深海の海底を広域に調査観測するために開発された
ランチャー/ビーグル方式の新しい探査機です。
UROV11K は、細径ケーブル式遠隔操作型無人機 で、
11Kは11000mを目指す という事
UROV11Kランダー 点で捉える




最深部への挑戦ランダー




江戸っ子一号







深海と巨大災害

珍しい生物 の後は
巨大災害についてです。

地球深部探査船 ちきゅう
富士山を背景に航行する ちきゅう 。
東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の調査に、
重大な役割を果たした。
ちきゅう
2005年に就航した 海洋研究開発機構所有の
世界最大の科学掘削船。
IODP(国際深海科学掘削計画)の主力船として生命地球科学に貢献してる。
6基のアジマススラスタにより 誤差数数mの精度で
海上の同じ場所に留まる事が出来る。



ちきゅう の、構造
しんかい6500 (2)
大深度掘削を可能にした 地球深部調査船 ちきゅう





2011年3月11日の巨大地震
地球はどうして地震を起こすのか
地震断層にせまる
など
の紹介です。
かいれい
3月11日の地震発生を受け 伊豆・小笠我海域で深海調査研究船
かいれい
を、急きょ東北沖に派遣しました。
3月14日海洋研究開発機構横須賀本部を出航しました。
あの大地震直後の3月14日です・・・
ある種の覚悟はあったのではないでしょうか・・・

これが かいれい
これが3月14日派遣の かいれい です。  ↑
無人探査機 かいこう7000Ⅱ の、支援母船でもあります。



ちきゆう は、水深7000mを掘る。
海底下を 掘削して断層を見つけ コア史料を回収します。
そして
海底面に向かって動いた断層は 摩擦熱 を、発するはず。
その摩擦熱が残した熱を、測らなければならないのです。

水深7000m とは、富士山二つ分の深さです。
地球世界最大の科学掘削船2005年






JFASTによる地震断層の コア資料
ちきゅう が、採取した地震断層のコア資料
80%が、スメクタイトと呼ばれる粘土で出来ている事がわかりました。

↓ は、そのコア資料
世界初公開だそうです。
世界新

世界初公開



日本には世界に誇る潜水調査船 しんかい6500 があります。 
しんかい6500
 は、水深6500mまで潜ることができる 有人潜水調査船 です。
しんかい6500


現在運行中の 有人潜水調査船で
6000m を超える大深度まで潜る事が出来る船は
しんかい6500 を含め世界に7そうしかないです。
建造順 アルビン(アメリカ)  ノチール(フランス)  ミールⅠ(ロシア)  ミールⅡ(ロシア)
      しんかい6500(日本)   コンスル(ロシア)   蛇竜号(中国)   




潜航を終え、揚収時の しんかい6500
しんかい6500 (1)



海洋研究開発機構(JAMSTEC)
海洋研究開発機構
[ 2017/09/03 23:38 ] 展覧会 | TB(-) | CM(-)

Bunkamuraベルギー奇想の系譜展

Bunkamuraベルギー奇想の系譜展 に行ってきました。
ベルギー奇想の系譜
北方ルネサンス も、いいものです。
先日、ブリューゲルのバベルの塔 に、燃えたばかりです。
今回は
フランドル地方の
14~15世紀のボッシュ 等の流れから
19世紀末~20世紀初頭のベルギー象徴派
20世紀のシュルレアリスム~現代

写実的幻想性です。
およそ500年とあります・・

 ネーデルランドの南部 不思議地方・フランドル地方・・
偶然ですが、今週の週刊新潮(文春ではない)で
藤原正彦氏がこの場所について話してます。
フアン・アイク兄弟、ヴァン・ダイク、ボス、ブリューゲル 
それにルーベンス、レンブラント、ゴッホ、フエルメール
など巨匠が揃ってる。この地方は
目ぼしい数学者、文学者、作曲家は思い当たらない不思議な所 と、言い切ってます。
ホントにそうだと思います。
私が思うに
大国に挟まれた小国は抒情性の発達した国民性になるような気がします。

この幻想的写実性の基礎は
今回の展覧会では触れられてない
フアン・アイク兄弟などによって で完成されました。
それは
北方細密描写の極み といっていいでしょう。
不気味な神秘性・・・
この辺りで この様式の細密写実性は完成しました。
その油彩技法は
15世紀イタリア盛期ルネサンスにも影響を及ぼしました。
この本当らしく描き尽くす写実性 は、フアン・アイク兄弟等の同時代の画家等によって
完成さたのです。
今、なお、世界一すばらしい絵画の一群のひとつです。
そしてそれは
奇想幻想象徴性のフランドル絵画の伝統と基礎を築きあげました。

今回の展覧会では、あのルーベンスまでが、 奇想 に分類されてます。
そ~いえば そ~いえます・・・ 確かに・・・

それからフアーブルの名前が気になって 帰って調べましたら
やっぱり
あのフアーブルの曾孫でした。
‘フアーブルの昆虫記’ の、フアーブル の、ひ孫さん。

こうして
展覧会を催してくれるから 観に行く・・・の
受け身・受け身の行動は
不本意であった時期もありましたが、
そうではないです。
ある意味 ‘日本の豊かさ の 象徴’ であります。
高い水準の展覧会の催し は、
国民の期待に反応しての物で
見に来る人があって の主催者側の企画とおもいます。
経済的、文化的効果が上がり
日本の豊な環境を創り上げてゆきます。


私はこの頃・最近は、よく展覧会の図録を買います・・
それから、音声ガイドもよく借ります・・。

館内をみてまわってると、
ベルギーを観光した事が懐かしく思い出されます。
レースの盛んな所であった事を思い出しました。
売店でレースのハンカチをみて 心ひかれましたが、
盛夏の下、この汗、この現実に レースやめました・・・


以前、ベルギー観光した時の
ペーパーナイフのレースの飾り・・・ ↓
文房四宝
わたしの文房四宝 ↑




その代り(?)に
こんな本を買いました。
マーク・ライデン (アメリカ出身 ポップシュルレアリスト) 1963年生ロスアンゼルス在住
マーク ライデン

マークライデン
なんか 素敵!
レースと違って重い 重い・・・
本日3冊目の本です。(ブログで知りました銀座の蔦屋にもゆきましたので・・)


盛夏、Bunkamura、ベルギービール 風景   ↓
NELLO S BLOND
パトラッシュビールです。
ラベルを代えて貼られたら パトラッシュラベルを選びます。
ベルギーはビールのお国・・・
ワインの北限界はどの辺りでしょう。
葡萄🍇が、採れる気候でしょうね。
(まあ、ドイツはやりますが・・・)
[ 2017/08/07 23:37 ] 展覧会 | TB(-) | CM(-)

沖ノ島 展

沖ノ島 展(高島屋)にいってきました。
写真展です。
藤原新也さんが、‘個性を殺して記録として撮った’ といってます。
立ち入り禁止のこの島に過去3回入島を許可されてるそうです。
今年5月に取材した 写真群が 目をひきます。
img003.jpg
宗像大社は、
正式には ①沖ノ島 の沖津宮
       ②大島 の中津宮
       ③宗像本土 の辺津宮
 の三社を総称して宗像大社といいます。




①沖ノ島関係地図

宗像本土の辺津宮の境内
img008.jpg



②大島にある中津宮
img006.jpg


そして 中津宮のある大島の沖津宮遥拝所
img006 - コピー



③沖ノ島の沖津宮
img007.jpg
島内には社務所が置かれ
宗像大社の神職が、10日交代で常駐し
一日も欠かすことなく国家安寧の祈りが奉げられてます。
神職は厳寒期でも毎朝海水での禊をします。

沖津宮社殿が、造営されたのは17世紀半ばで
それ以前は、社殿を設けず
自然そのものを拝していたと考えられている。
社殿は幾度かの改修を重ね、
昭和七年に現在の形になりました。

以上
小学館 沖ノ島 藤原新也
2017年4月29日初版第一刷
より。

作者が、熱心になればなるほど 意志に 逆らって
個性、感情、人間性、生き者 が、 バリバリ見えまして

個展であるように 思いました。


[ 2017/07/31 17:20 ] 展覧会 | TB(-) | CM(-)

日タイ修好130周年記念展

タイ展にいってきました。
1887年(明治20年)日タイ修好宣言により
日本とタイとの間に正式な国交が開かれました。
これは明治政府が東南アジア諸国と外交関係を結んだ最初の条約です。
本年は130年を迎えました。

タイで信仰されてる仏教は
インドから スリランカを経て伝えられた 上座仏教 です。
img236.jpg
ナーガ(蛇の神)上の仏陀像 ↑  三重にトグロを巻くナーガ上に座す 12世紀末  クメール文化の影響を受ける
(バンコク国立博物館)


日タイ交流は600年にわたります。
史料でも、琉球とアユタヤの交流が15世紀からであった事が実証されてます。
両国は多くの共通点がみられます。
仏教を尊び、国王を崇敬し、農業を基盤とした社会でもあります。
2016年10月プミポン先王陛下(ラーマ九世) が、崩御されました。
日本とタイの親善の象徴でもあられました。(↑ タイ王国文化省局長)



現在のタイ王国:は、18世紀後半に建国されました。
世界的には
イギリス・産業革命
アメリカ・独立
フランス・革命    の時代でした。

その頃の東南アジアは
フランス領インドシナ(ラオス、べトナム、カンボジア)
イギリス領 (ビルマ 、 セイロン、)   が、植民地となりました。


(なお、
インドネシアは、オランダ領でした。
インドネシアは、現在 世界最多のイスラム教徒の国です。前アメリカ大統領のオバマ氏のお母さんの、再婚相手はインドネシアのイスラム教徒なのでオバマ氏は自動的にイスラム教徒になりました。
又、インドネシアは世界最多の島で成り立ちその数は、13400余。

フイリピンは、スペイン領でした。 後アメリカ

マレーシアは ポルトガル領⇒オランダ領 後イギリス領 )

この動乱の渦の中 タイは、唯一 他国の植民地にならなかった国です。
ラーマ4世・ラーマ5世の先覚のおかげです。

タイ全図   ↓
img239.jpg


東南アジア(主に)地図   ↓
img238.jpg





今回は
主に タイの文化・仏教美術について
のみを かなり簡単に、まとめてみました。

☆黎明期(4~6世紀)
紀元後の早い時期にインドの宗教文化が入りました。
仏教やヒンドウー教美術です。

☆ドヴァアーラヴァアテイ美術(7世紀~11世紀)

☆タイ国内のクメール美術(7~13世紀)
この時期は大乗仏教がクメール文化に入りヒンドウー経文化と
融合されました。
11(末)~12(初頭)世紀はアンコールワットの時代でした。
↑の写真・ナーガ上の仏陀像 は、アンコールワット様式
12(末)~13(はじめ)世紀のバイヨン時代は、
クメール文化がタイに最も浸透した時代でした。



☆スコータイ美術 (13世紀中期~15世紀中期)
今のタイ国はスコータイにその原型があります。
13世紀前半 ついにアンコール帝国から独立をなしとげました。
これが、スコータイ朝です。
チャオプラヤー川流域における主役の交代劇で
世界史のページをかえる出来事でした。

☆アユタヤ美術(14世紀中頃~18世紀中頃)
アユタヤは、タイ中部に位置し1350年に創設され1767年に滅亡した。
417年の歴史の中で王室が外国との貿易などの中心的な役割を担ってきた。
王室の儀式はバラモンやヒンドウーにそってその儀式などはおこなわれたが、
上乗仏教を根幹として政治などはとりおこなわれれました。

金象アユタヤ時代15初
金象 アユタヤ時代(15世紀初頭)


現在のアユタヤ
アユタヤワットーマハタート
菩提樹の下・・・
古都アユタヤ



1767年ビルマ軍との戦いによりアユタヤは2度目の陥落


☆ラタナコーシン美術(18世紀中頃~現在)
1782年ラタナコーシン朝初代ラーマ1世が、
トンブリの対岸に遷都しました。
その都に名前をつけました。
一般には バンコク と呼ばれてますが、
正式名は長いです。(有名なお話です。)
バンコクの正式名
クルンテープマハナコーン・アモーンラタナコーシン・マヒンタラーアユタヤー・マハーデイロッカポップ
ノパラットラーチャターニーブリーロム・ウドムラーチャニウエートマハーサターン・アモーンピーマンアワターンサテイット・サカタトテイヤウイッサヌカムプラシット
です。
現王はラーマ10世 10代を重ねてます。




文化史
img234.jpg


 時代によって 国名 や、地方の名前が 変化し、(日本の呼び方も変わります。)
境界線も変わり、面積も変わってます  一概には まとめられず 混乱のところも多いです・・・・が、

タイには観光旅行した事を思い出してますが、
やはり ミシマ の豊饒の海 暁の寺 だわ・・・
そして
東南アジアという事で澁澤龍彦 ね。
(高丘親王航海記)

アジアの奇跡 日本 タイ。
地球の奇跡  日本。
合掌

[ 2017/07/22 17:22 ] 展覧会 | TB(-) | CM(-)

美術展

落語カフエの前は ↓ でした・・・。




レオナルド・ダヴィンチ × ミケランジェロ 展
 (三菱一号館美術館)
ダヴィンチ ミケランジェロ展 三菱美術館
いってみようかなあ、と思てました。
テレビなどの報道で 見たいものを知り 天才の作品 を、拝観。
ミケランジェロの大型大理石像が期間限定 と知り 燃えました。
が、
やっぱ 天才。たち・・・
どっと、疲れが出ました。
テイラミス と、エスプレッソでイタリアを体感
イタリアの古都を忍んでました。
そういえば 不忍池の今年の蓮の具合は どうでしょうか。
↑ 
天才






さらに、その前は ↓ でした。



日タイ修好130周年記念展
タイ 展
東博平成館
日タイ友好130周年記念 タイ展



(3っつの訪問がうれしく
風邪気味であるのを 忘れて 家を早めにスタートしまた。
  重い図録2冊と 大好きなペーパーウェイトも買いました。
  その戦利品を前に 本日、まだ熱があります。
でも、風邪を忘れ、神保町名物のカレー完食!
年齢(とし)とると 不思議な風邪をひきます・・

ウトウトしながら、
お相撲を聴き
みーたんが、白鵬やぶったのを知りました。)


[ 2017/07/19 20:25 ] 展覧会 | TB(-) | CM(-)

クエイ兄弟展

さあ、ステキな渋谷区立松濤美術館です・・・
クエイ兄弟展
不思議な雰囲気の クエイ兄弟展 に行ってきました。
ストリートオブクロコダイル 仕立て屋の店内
米国ペンシルベニア州生まれの双子のアーチスト
この展覧会の事をテレビで知りました。
初めての名前です。
テレビで虜になり、すぐ展覧会の図録を美術館に注文しました。


母と双子
母と双子
会場の 最初の作品(?) ↑




会場で釘付け
MISHIMA.jpg
題名に釘付け  ↑



クエイ兄弟
クエイ兄弟 ↑
不思議・幻想的魅力あります。
でも、どこか軽やかユーモアまで感じられます。
ポスター・イラスト・サービス精神・・・

行けてよかった。




         ・・♪・・

今日は、夜の部は岩崎小弥太記念 国際文化会館でのRAKUGOでした・・・
そう、カナダ人 桂三輝 (Katura Sunshine )さんのRAKUGOでした。
桂三枝(桂文枝師匠)の17番目のお弟子さんだそうです。
が、
心配が的中しました。
まさかの通訳なし・・・。
みんなが 笑ってるのに
笑えない・・・。

[ 2017/06/29 20:40 ] 展覧会 | TB(-) | CM(-)

西大寺展

三井記念美術館の 西大寺展 にいってきました。

西大寺は
奈良の都・平城京最北の
西にあります。
東は東大寺です。
相対して造営されました。

781年  称徳天皇(しょうとくてんのう) 西大寺開創をつたえられてます。

都は長岡京を経て平安京に移ります。

西大寺は鎮護国家仏教として栄えた南都六宗の都
平城京最後のきらめきとして残されました。

しかし
その後は、他の南都の寺院と同様衰退し
度重なる災害に遭い 堂塔が藍や仏像を失ってます。


再び注目されるのは鎌倉時代に入ってからです。
鎌倉時代に西大寺を復興し、真言律宗の宗教理念を広く布教したのが、
叡尊(えいそん・1201年大和国生まれ )です。
西大寺展

西大寺


今回の展覧会のチラシの写真の文殊菩薩 は、
重文 文殊菩薩騎獅像及び四侍者像 (西大寺) の一部です。
いわゆる 渡海文殊及び四侍者(今回の来館は2侍者善財童子と最勝老人)です。 
西大寺はもってるんですね。
西大寺渡海文殊及び四
鎌倉時代(1302年)



(Baroqueの参考)
ちなみに平成25年安部文殊院の渡海文殊は国宝指定になりました。
快慶作の‘文殊菩薩騎獅像及び四侍者’ です。  ↓
安倍文殊院国宝指定平成25年快慶作渡海文殊及び四侍者1203年鎌倉 - コピー
鎌倉時代(1203年)

今回の展覧会は
西大寺の寺宝だけでなく
真言律宗一門の諸仏と宝物が沢山展示されてます。

 
そして、
修学旅行では行けなかった
般若寺・元興寺・海龍王寺・白毫寺・岩船寺・浄瑠璃寺 等々の
お寺からのすばらしい 宝物 が、さりげなく・・・

元興寺鎌倉時代孝養像 - コピー
元興寺 聖徳太子孝養像  (鎌倉時代)

浄瑠璃寺の吉祥天女
感動の展覧会です。




私は 以前 浄瑠璃寺にいったときは、
吉祥天 像 を、拝観出来ませんでした。
秘仏という事で でした。 
今回、その思いを、適える事が出来ました。
うれしい事です。

この展覧会のことは ネットのブログを見て短期間の この公開を知りました。
ネットのブログに乾杯🍻・・・

この情報が ‘ 嬉しい ’ だろう 知人に
それなりの 通信手段で がんばって おせっかいにも大勢の人に お知らせしました。
吉祥天女
 浄瑠璃寺(九体寺) 吉祥天 立像 鎌倉時代(13世紀)
1212年 吉祥天を渡し奉ったとの記事がある。






そして
私は、 
なんと(南都!?) 三井記念美の売店で
吉祥天 像のフイギアを買ってしまいました・・・
コールドキャストという合成樹脂でプラスチックに似た素材だそうで
天然石と混ぜ合わせた重い物 です。(ネットで調べました。)
その内
そのフイギアの実物像が、宅配で届く事でしょう・・・




テレビなどで有名な
西大寺の大茶碗式の大茶碗も赤膚焼のが展示されてました・・・。
この式の起源は叡尊だそうで 1239年だそうです・・・。


・・・♪・・・



浄瑠璃寺
これは
もう、圧巻です・・・ね。
平安藤原期の作 国宝
九体そろった阿弥陀如来 !
九体阿弥陀堂 西方浄土の御本堂

浄瑠璃寺九体寺 左側 - コピー
9体数えられますね。

いつ造られたのかは 説明する資料がないそうです。
(1020年以後と考えられるようです・・・)
平等院の定朝様式説もあるらしい。
めずらしく地方の豪族により建立されたようで
寺院などのは消失してしまいましたが、
九体揃っての存在はここだけ。

東は世田谷にあります・・・
(江戸4代将軍の頃といわれてます。 江戸です。)





上品上生から下品下生・・・・までの9體・・。
ワタシは、、文字から知識の印象が強く
ジョウホンジョウジョウ を、
ジョウヒン と発声してました・・・・
門前の小僧様とは違います。

(東急の九品仏クホンブツは知ってます。ネンノタメ)
世田谷の九品仏!
東の完成された九体の阿弥陀様は
‘江戸時代’ と、新しいです。
東急九品仏駅下車デス・・・・





[ 2017/06/07 21:05 ] 展覧会 | TB(-) | CM(-)

バベルの塔

バベルの塔 展にいってきました。
都美館(主催も)デス。
今、上野を中心に、都内は バベルの塔 来日展に協賛して
いろいろな催し物が開催されて 楽しいです。
藝大をはじめとして
大友克洋氏
東京タワー
上野の飲食店等など

バベルの塔ロッテルダム
ロッテルダムに行かなくても 上野でみられるんですから
ありがたい
もったいない・・・


混雑するだろう前にと思い必死でいってきました。
案外 すいてて よかった。
前回の来日は24年前だそうで
4半世紀もたってるんですね。
私立の
西武美術館が、頑張ってる頃
胸はづませて 拝見しました・・・
その時は
ある意味 ひっそり でした。
ものすごくよかった・・・
な~んとなく 展示が、感動を充分意識させられるような
 展示の仕方 であった
ように 記憶してます・・・・

今回は 前回より作品が‘きれい’になったようにおもいました。
[ 2017/04/28 20:48 ] 展覧会 | TB(-) | CM(-)

大英自然史博物館展 ミュシャ展

満開は過ぎましたが 花びら舞う上野の大英自然史博物館展にいってきました。
これはパスだわ・・ と、おもってましたが、
報道で ①プルニウス博物誌   ②ドードー鳥の模型
が、
展示されるという事を知りましたので うれしくなっていってきました。 
大英自然史博展




ドードー鳥の模型 ↓
(図録より、会場で図録を買いました。)
ドードー鳥の模型

ドードー(Dodo)は、
インド洋 マダガスカル沖に浮かぶモーリシャス島に生息していた絶滅鳥類。
最も有名な絶滅動物。

オランダ人船乗りの上陸の後(1598年8艘の艦隊 航海探検)
わずか83年後 存在目撃報告を最後に ドードーは絶滅。

単にドードーといえばモーリシャスドードー(Raphus cucullatus)を指す。
ドードー科に属する鳥には他に2種がある。

完全な剥製は1体もない。





ExtinctDodoBird.jpeg
保全状況評価
EXTINCT
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EX.svg
保全状況評価



分類
界 : 動物界 Animalia
門 : 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
綱 : 鳥綱 Aves
目 : ハト目 Columbiformes
科 : ドードー科 Raphidae
属 : Raphus Brisson, 1760
種 : ドードー R. cucullatus


学名
Raphus cucullatus
(Linnaeus, 1758)

和名
ドードー

英名
Dodo
ドードー鳥
(図録とwiki 等より)





プリニウスの博物誌  ↓
プルニウスの博物誌印刷
博物誌は大英自然史博物館の膨大なコレクションの中でも
最も古い本である。
印刷技術が発明されてから30年もたたずベネテイアで1469年に出版され
印刷されたものとしてはヨーロッパでもっとも古いものの1つである。
ローマの自然哲学者プルニウスがBC77年に編集を始めたものが基になっている。

いろいろ楽しかった。
上野の科博館そのうちゆっくりといつも思い
めったにゆきませんが、ホント、そのうちゆっくり行きたい・・・
フーコーの振り子 は、まだあるのでしょうね。

それにしても、
大英自然史博物館も、
小中学生にも理解出来るように との事であると思いますが、
説明・解説が簡単過ぎ・・・
省略が多い・・・・
内容が素晴らしいのだから
もっとわかるように して下さい。
内容は高度で数も膨大なので大変でしょうが、
我々一般庶民にも教えて下さい。


           ・・♪・・


六本木までいって ミュシャ展もみてきました。
ミュシャ展ブ
ミュシャ展ポスターハナ
ミュシャ展は少し前来てます し、ポスターがいいとおもってましたので
今回はパス と、してましたが、
初公開、大きい、全部 記念の年らしい が、重なり
いってきました。
‘スラヴ’が、気になってますが今回はこれはパス
観光旅行の思い出にひたります。
ソ連のチェコ侵入 プラハの春・・・・
地理的か、歴史的か、
いわゆる バリバリ東欧の雰囲気・・・・




[ 2017/04/15 16:54 ] 展覧会 | TB(-) | CM(-)

雅叙園 百段雛まつり

百段雛まつり 雅叙園 に、いってきました。
今年は 九州ひな紀行Ⅱ です。

百階段のある建物 と、共に 建物内部の装飾がいいです。
私は、雅叙園の滑稽スレスレのこのグロテスクが 好きです。

img178.jpg
今は、百段階段のこの木造建築のみ保存され
平成21年 都の有形文化財に指定されてます。



      ・・・・・

雅叙園は  wikiより ↓

石川県出身の創業者・細川力蔵が、1928年(昭和3年)に東京・芝浦にある自邸を改築し、
純日本式の料亭「芝浦雅叙園」を経営していたが、
東京府荏原郡目黒町大字下目黒字坂下耕地一帯および岩永省一邸[注 1]として記録された建造物を入手し、
増改築を進めて1931年(昭和6年)に目黒に「目黒雅叙園」と名付けた料亭を開業した[1]。
これは、日本国内最初の総合結婚式場でもあった。

本格的な北京料理や日本料理を供する料亭だったが、
メニューに価格を入れるなど当時としては斬新なアイディアで
軍人や政治家、華族層以外の一般市民の料亭利用者を増やした。
また、中華料理店で一般に見られる
円形のターンテーブル(二層構造の円形テーブル上部に料理を載せ回転させることで取りやすくするもの)も
1931年(昭和6年)細川力蔵の考案[2]で、その後に中国大陸へ伝わったもの、という説もある[注 2]。

木造(旧館)の目黒雅叙園は太宰治の小説『佳日』にも登場する。
絢爛たる装飾を施された園内の様子は「昭和の竜宮城」とも呼ばれ、
ケヤキの板材で作られた
園内唯一の木造建築「百段階段」(実際は99段)と
その階段沿いに作られた7つの座敷棟宴会場の内の4つは、
2009年3月16日に東京都指定の登録有形文化財(建造物)に登録された。
「十畝(じっぽ)の間」、「漁樵(ぎょしょう)の間」、「草丘(そうきゅう)の間」、
「静水(せいすい)の間」、「星光(せいこう)の間」、「清方(きよかた)の間」、「頂上(ちょうじょう)の間」など、
計7つの中から4棟の座敷棟が登録された。
映画「千と千尋の神隠し」の湯屋のモデルにもなったもので、
樹齢百年の床柱や天井、壁面、ガラス窓にいたるまで贅を凝らし、
昭和初期における芸術家達の求めた
美と大工の高度な伝統技術が融合した素晴らしい装飾となっている。
希望者は申請すれば観覧が可能となっており、
イベントや宿泊、食事とのセットで公開されている。
2010年(平成22年)1月29日から3月3日までの期間、
初めて「百段雛(ひな)まつり」という豪華絢爛な催しが行われた(第一回)。
日本全国にある雛文化の中から、
非常に贅を尽くしたものが多いといわれる山形の雛を中心に、
上記7つの宴会場で飾られることとなり盛況を博した。

1945年(昭和20年)8月15日正午、
大西瀧治郎中将は終戦の玉音放送を軍令部の中庭で聞いた後、
当時、海軍病院の分室だったこの雅叙園を訪れて
同期生の多田海軍次官を見舞った。
その深夜、渋谷区南平台の官舎に帰り、
翌16日に特攻作戦の責を取るとして遺書[注 3]を残して
14時45分に割腹自決を遂げた。


昭和初期に建設された木造の旧館においては、
敗戦直前の昭和19年頃まで
、戦時下の国民が苦しい時局や贅沢禁止令下にもかかわらず、
大勢の著名な画家や彫刻家、塗師が出入りし、
あるいは泊り込み、
部屋ごとに
女中と書生付きで数年にわたり内装や絵画作品を完成させたという。
金泥の制限で時局の悪化を知ったという画家の逸話もある。
その結果、
文展やかつて帝展に出品された数多くの作品を所有し館内を飾った。
その数は数千点にもおよぶ膨大なコレクションであり
旧館取り壊し時に
額装保存された天井画や欄間絵とともに、
新館に併設された美術館(目黒雅叙園美術館)で定期的に観覧に供したが、
美術館は2002年(平成14年)に閉鎖されて、
多くの作品群は散逸し個々の所在は不明である。
以上 wiki



      ・・・・・・・


2014年に九州ひな紀行Ⅰ がありました。
今年の雛まつりは(偶然ですが、)九州のⅡ になりました。

今回の圧巻もこれです。
(前回は部屋がちがってたようです。
  草丘の間でした。)
今回は漁樵の間 です。
九州は筑豊 飯塚  伊藤伝右衛門邸の座敷雛・・・・
漁礁しょう木篇の間 飯塚 伊藤伝右門邸門 - コピー
凄いんです・・・・

(図録を買いました。
今、飯塚市では九州炭鉱王・御三家のひとつ麻生大浦壮というところでも
雛まつりを開催してます。)


ちなみに前回の私のブログです。 ↓
百段雛まつり 目黒雅叙園



            ・・・・・・・・♪・・・・・

雅叙園名物トイレ ↓
名物雅叙園トイレ - コピー



女子用
雅叙園名物トイレの 天井・・・
雅叙園

橋 川が流れてます・・
DSC_0110.jpg
[ 2017/02/26 19:31 ] 展覧会 | TB(-) | CM(-)

ラスコー展

ラスコー展にいってきました。
ラスコー クロマニヨン人
すばらしかったわ。
あまりにも古い時代ですので
パス と思ってましたが、
時間があった事と、‘やはり見ておくべき’ の思いから
科博によって よかった。

ラスコー洞窟はフランス南西部ドルドーニュー県にあります。
モンテニャック村を見下ろす丘の上にあります。
風光明媚な観光地で美しいヴェゼール川が静かに流れてます。
あのワインのボルドーにやや近く
ボルドーの東にあります。

19世紀にはじまった調査で この辺り は
旧石器時代遺跡の宝庫であることがわかりました。

この地にクロマニヨン人が暮らしてました。
後期旧石器時代です。
当時は 氷期 で、今より寒かったようです。
ネアンデルタール人はこの地の先住者でありました。

ネアンデルタール人は
いわゆる 原人 よりは進歩的です。
私たち 新人(ホモ・サピエンス) よりは原始的な 旧人 になります。
ネアンデルタール人が、絵を描いたという証拠はないようです。

原人は、
ジャワ原人(ピテカントルプス・エレクトス)
北京原人(シナントルプス・ペキネンシス)
ハイデルベルク人
など が、
あります。
人類の起源と進化


発見
発見は偶然でした。
1940年9月8日
モンテイニャック村のマルセル・ラヴィダ少年の飼い犬が穴に落ちてしまいました。
秘密の地下通路を発見したと思った少年は4日後に友達3人と現場に行きました。
壁画の発見です。
村の教師レオン・ラヴェル がその話に興味を持ち壁画をみて驚き
先史学者のアンリ・ブルユイ神父に知らせました。

少年の運のよさもですが、
村の教師が、教え子の話に興味をもったというのがスゴイです。
そして、先史学者の神父さんに知らせと事も見事です。
マルセル ラヴィダ少年 左から2人目
写真左から 村の教師 少年   右は先史学者の神父


顔料は
赤・黄色は 赤鉄鉱 (オーカー)
黒    は マンガン鉱



[ 2017/02/02 17:34 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)

春日大社展

新春、上野に春日詣
春日大社展 にいってきました

第六十次式年造替 記念
春日大社
春日大社では  式年造替(しきねんぞうたい)とよばれる社殿の建て替えや修繕が約20年に一度おこなわれるそうで
平成28年には60回を迎えました。
平安の正倉院とよばれる春日大社。至宝が一堂に会する貴重な機会です。
奈良時代の最高の文物は正倉院にあり、平安時代最高の工芸品は春日大社のみに残ってるものが多数あります。



春日大社とは
春日大社とは
春日大社の始まりは、都が平城京に遷都された頃 御蓋山(みかさやま)に
神様が、都を守護するために御降臨なされました。
天平勝宝二年には陛下が春日の祭に参列されてます。
神地・神山遥拝時代  を経て
奈良時代後期(768年)11月9日 御本殿 が創建されました。

春日大社の四棟の御本殿には
大変御力の強い神様が御静まりになっておられます。
春日大社の沢山の藤は 鹿島神宮(主神 武みか槌命)の池の廻りの藤といわれ
鹿に乗った神様と共にやってきました。
第三殿の天児屋根命(あめのこやねのみこと)は、藤原氏の祖神であられます。






陽明文庫の 春日鹿曼荼羅 が、展示されてます。
鹿曼荼羅 春日 ブログ用
個人的に この展示は
 うれしい驚きです。
まさか 今回 ここで 拝観できるとは・・・
(私の好きな絵画のひとつです。
この場合 絵画という 表現が適切ではないように思いますが・・・)
那智瀧図 (根津美術館)
と共に 日本人の心を表す傑作の一つに思えます。

そういえば
以前、カルチャーセンターで 日本史の講義を受けた頃
鹿島神宮にゆきました。
その時沢山の 藤 をみた記憶があります。

春日大社は、
日本に 仏教が伝来して 仏教の嵐が吹きまくる時代 
東大寺をはじめとする  仏教・仏教寺院 の 守り神 として
神 が鹿島から君臨した  という説を学び、
とても、感動したこと を、思い出します。


[ 2017/01/18 15:27 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)

クラーナハ  展

クラーナハ展にいってきました。
とても、楽しみにしてました。
沢山のクラーナハの作品でした。
img164.jpg
画集ですっかりお馴染みですので、
何回もみてるような気がしてましたが、日本初のクラーナハ展
「クラーナハというよりも  クラナッハ(1472~1553 ) になれてます。」
北方ルネサンスも大好きですので、何故か 最近では デユーラーと間違えて、
クラナッハイメージするとき、 デユーラーから切り替えるという作業が加わりました。




ヨーロッパの美術館で数多くみてますが、
ポツンポツンと 数多くみすぎて どこでどの作品をみたのかが
わからなくなってます。
そして
こうして 日本でゆっくりみると 案外 絵が小さいのに驚いてます。
又、先取りしてる新しいセンスにも・・・
ヴィーナス
展覧会の副題名の 500年後の~ という事は、 何が・・・ とおもいましたら
1517年からの宗教改革から・・・
クラーナハがはルターと親しかった   という事のようです。

宮下規久朗氏の新聞記事を参考にして・・・・  ↓
ドイツで起こった宗教改革によって聖像破壊の嵐が吹き荒れ
多くの画家は制作停止に追い込まれました。(グリューネヴァルト、リメンシュナイダー等)
デユーラーは、聖母像を描かなくなり、
アルトドルフアーは風景画というジャンルを創始しました。
クラーナハは、
ビーナスやルクレテイアといった異教徒的で官能的な主題に活路をみいだしました。
それらにはイタリア的なおおらかなヌードとは異なる
淫靡で怪しいエロテイシズムがただよっています。
宗教改革による価値観や美意識の混乱が生み出した特異な芸術でありました。
宮下先生の解釈が素晴らしいです。
五百周年記念の 副題も、さもあり南無。

それから 気になる(父) は、(子)が、同じ名前だったという事で、圧倒的に(父)のほうが、活躍の度は高く
上手(じょうず)なほうは(父)のようです。



ヴィッテンベルグの宮廷画家で大型の工房を持ち大量生産してたようです。
ヴィーナスとクビド







ピカソも挑戦したようです。
この作品ではないですが、ホンモノのリト作品はよかった。
ピカソのリトグラフ
でも、ピカソの挑戦は、 
お国の先輩ベラスケス への尊敬の意とは、比べる事はできません。 
苦労してるわりには
あまり 成功してる とは、言い難いようにおもいました。
(熱意も少なかったのかしら)

遠くで岸田劉生に似たような絵だわ・・・・と、思ったら 
ホンモノ でした。劉生は、影響を受けたのだそうです。


何年か前  オーストリアのインスブルックで みました。
クラナッハの聖母子像1520年インスブルック大聖堂聖ヤコブ教会
クラナッハ 聖母子像 (1520年) インスブルック大聖堂 聖ヤコブ教会

写真が見つからず、お借りしたモノです。 よくわかりませんね。
現場では、もう少しよくみえました。
クラナッハ初期の作品か(?) と思いました。
[ 2016/11/13 15:34 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)

地下鉄 清澄白河から門前仲町 付近

お相撲・歌舞伎・落語に登場する町 深川辺りを
お散歩してきました。
道中 手に入れた
江東区イラストマップ ・深川食べ歩きマップ を、
片手に・・・・
清澄通りを南下します。
このマップはスマホよりかなり親切です。

①清澄白河駅から 清澄庭園(スタート)
DSC_0071.jpg
清澄庭園といえば、紀伊國屋文左衛門(元禄) 
明治には三菱財閥が買取り 日本有数のお金持ちの家の庭です。
本日は後があるので 外からの拝観 にしました。

②霊巌寺
  松平定信の墓
  この地名の由来の 陸奥白河藩主松平楽翁公之墓 
DSC_0070.jpg

img163.jpg
寛政の改革 などを、成し遂げました。
例の
‘ 白河の清き流れに魚住まず元の濁りの田沼恋しき ’

清き楽翁公。



③深川江戸資料館
ちょうど、その奥州白河の物産展 が、催されてました。
DSC_0067.jpg
お蕎麦でも買おうかともおもいましたが、後があるのでやめました。


④ 1回休み
館内は大鵬展でした。
大鵬さんは、清澄に住んでたそうです。
DSC_0062.jpg

DSC_0065.jpg

DSC_0063.jpg


DSC_0064.jpg


➄振り出しに戻る
  (南下する予定が、間違えて清澄通りを北上しました。)
  両国の方へ足がむきました。
  大嶽部屋(大鵬道場)は何処?
 
  中村芝翫旧邸
  DSC_0072.jpg
偶然見つけました・・・。
今、話題の四人同時襲名 成駒屋 ですね。


 間違いに気がつき 今来た道をバスで ひきかえしました。


⑥ 深川ゑんま堂
   やっと 到着
   DSC_0077.jpg





今回は、ほとんど これが目的
DSC_0073 - コピー





曽我五郎
DSC_0076.jpg
助六ですね。 成田屋!

⑦ 富岡八幡宮
相撲好きなら 一度は行ってる 由緒ある八幡様
DSC_0079.jpg


DSC_0086.jpg
お天気のよい休日なので 七五三 のお参りでとても賑やかで晴れがましい富岡八幡さま 


伊能忠敬像
DSC_0087.jpg
前に来た時は、あったかしら・・・?

深川めし
DSC_0089.jpg
ここのが一番おいしい  と、聞いたので・・・
とても おいしかった。何よりも量が多く お腹いっぱいになりました。


深川永代寺
成田山深川不動堂
DSC_0090.jpg
深川永大寺は富岡八幡宮の別当です。
内仏殿参拝が出来 いろいろお願いができます。

知人のコンサートがあるので 拝聴しました。
心を込めた手造りコンサートは、胸を打つものがあります。



その後、月島まで出かけました。
DSC_0094.jpg


DSC_0096.jpg
もんじゃ焼き ではなく、焼きそば にしました。
月島温泉 という銭湯です。

深川架空都市巡りでした。


[ 2016/11/06 19:01 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)

櫟野寺の十一面観音

平安の秘仏 滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち  展
にいってきました。
今回は 東博です。
大きな仏様のちらし広告は 迫力ありました。
もうこれだけで、充分 ヒトをひきつけます
のに
観音や仏様の像が多い魅力ある琵琶湖畔からです。
最近でも、藝大展が2回、kannonアンテナ等 滋賀・琵琶湖畔は上野で燃えてます・・・
少し前には、渡岸寺のあの十一面観音さまにもおいで戴きましたね。

櫟野寺の11面

会場に入って やっぱりびっくりのその大きさ。
堂々とふくよかで謹みのあるお姿は感動です。
甲賀様式という様式の存在を初めて知りました。

比叡山延暦寺の末寺 櫟野寺(らくやじ) から
秘仏である御本尊の十一面観音菩薩像 を
含む20体の平安仏が一堂に会してます。
すごいです。
‘甲賀地区の天台文化を偲ぶ’ いえ、学ばせて戴きます。 



櫟(いちい)は、
イチイ科イチイ属の常緑針葉樹
と、
ブナ科コナラ属の常緑広葉樹  が、あるそうです。
櫟野寺の樹齢2000年を超すイチイの切り株も広葉樹のイチイガシであるようです。
☆ この度の御本尊様はヒノキ材で彫られてます。 ☆
甲賀は、材木を切り出す山 と、それを運ぶ川 に恵まれましたので
叡山に距離も近く
仏教史上重要な地域でありました。
甲賀様式が生まれ そして その中心は櫟野寺の仏たちでした。
櫟の木
私見ですが、 十一面観音 の、坐像は なぜか数少ないように思います。
(特に国宝、重文クラスにおいては、立像が圧倒的に多いでしょう・・・)
ところで今回は、坐像の仏さまは3体きてます。
あと二つは、
如来さま と、これも坐像が珍しい地蔵菩薩坐像 です。

この度の仏像20体は
平安時代(10世紀から12世紀) に、かけて造られたものです。
保存状態は全般によく 特に本尊を含む坐像3体はよすぎます。
技術も高く思いました。 格調高く  密度の高い空間をきずいてました。

私は、イラン観光旅行からおととい帰ったばかりなので、
このやわらかな しっとりとした雰囲気には圧倒されてしまいました。
イランの荒っぽい岩山・砂漠・埃 との差です。
この湿度がいいのです。
イランは一般名ではペルシャともいいます。
ギリシャ神殿にも影響を及ぼしたと云われてるペレスポリス遺跡・・・・
一部には鳥葬・風葬などなどの過去を持ってます。

なお、
現在、イラン人は日本人に対して とても好感を持って接してくれます。
(不思議に思いました  が、これはもしかしてイランの国策ではないでしょうか )
観光程度の滞在ですが、
 ‘中東・テロ’ のイメージは、全く間違ってます。


買ってよかった 櫟野寺展の図録
美しい緑の 甲賀・櫟野寺周辺の おだやかな風景写真・・・

少しづつ読んでゆきます。



[ 2016/10/24 12:05 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)

西畠清順と愉快な植物たち

西畠清順と愉快な植物たち 展をみてきました。
ホント、愉快な植物たちです。
西脇清順植物図か
暑い中 無理して立ち寄った甲斐がありました。
たのしくなる 展覧会です。

西畠清順の名前は、数年前ラジオで聴きました。
おもしろいなあ と思ってましたら
少し前にテレビに出演してました。
そしてあっという間にさらに有名になりました。

狭い銀座のギャラリーで
どのように展示するのかなあ と興味がありました。
いろいろ珍しい植物がみられてよかった。

プラントハンターといわれてます。
が、
世界中から収集した植物を 売る 職業。
150年続く植木の卸問屋に生まれ
それを生かして の仕事・・・
見事ですね。

かって、ヨーロッパの王侯貴族達は、
世界中の植民地から、
不思議な動植物を集めるのが、ステイタスシンボルでした。
土地と博物学的動植物を求めて・・・・
胡椒やお茶もふくまれるのでしょうね。


            ・・・・・・・・♪・・・・・・



ところで
僕は選ばれなかった
僕は選ばれなかったの・・・・
[ 2016/08/27 23:39 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)

ヴェネツイア・ルネサンスの巨匠たち

ヴェネツイア・ルネサンスの巨匠たち  アカデミア美術館所蔵
於 国立新美術館
ヴェネツイア ルネサンス はパスするつもりでしたが、
6時からの 新橋演舞場 まで、時間がありすぎるので
六本木までいってきました。
イヤホンガイド を、初めて借りました。
イヤホンガイドを聞きながらの ゆくり鑑賞 は、いいものですね。
ヴェネチア アカデミア美



家元ベッリーニの ‘赤い智天使の聖母’ が、きてました。
多くの聖母子像を描いてるベッリーニ!

私はこの展覧会のおかげで
2回の旅行を思い出しました。
一つはイタリア旅行です。
ヴェネチアで以前 ↓のベッリーニのフラーリの祭壇画をみるために
ヴェネチア中を歩きまわり フラーリ聖堂を探し回った事があります。
やっとたどり着くことができました。
それは、フツーの小さな聖堂でした。
これは、みつからないわ・・・と思ったことをおぼえてます。
(後で聞きました。イタリア人は地図など少しくらい間違てても平気なのだそうです・・・)
とても、うれしかったのですが、
アカデミア美術館にたどり着く前にヘトヘトでした。
ヴェネチイアルネサンスのベッリーニはさすがの存在感でした・・・・。
ベッリーニ サンタマリアフラーリ聖堂 - コピー
ベッリーニ(1488年 ヴェネツイア サンタ・マリア・デイ・フラーリ聖堂)

もう一つは、別の時期ですが、NYです。
そのベッリーニの作品を
偶然入った 邸宅美術館フリック・コレクション・・・・・!
見ました。
ベッリーニは海を渡ってました・・・
ベッリーニらしからぬ ベッリーニの作品 ↓
アメリカの宝物ですね。
ベリーニ聖フランチェスコ NYフリックコレクション - コピー
聖フランチェスコ(1480~90年頃) NY フリック・コレクション




この展覧会で新しい発見もありました。
カルロ・クリヴェッリの絵が2点ありました。
1480~90年 テンペラ/板
なぜ クリヴェッリ が・・・
と思いました。
クリヴェッリはヴェネテイア生まれだったのでした・・・。
なぜか、私は北方の生まれ と、信じてました。
いい作品(有名な作品)は、現在ヨーロッパの北側にあるような気がします・・・
(ヴェネテイアに居られなくて 北方にいったらしいです。
調べたらなんと
人妻を誘惑してその罪でヴェネチアを追われたのだそうです・・・)
面白い発見でした。
澁澤龍彦をして ‘冷艶な美しさに耽溺したスキャンダラスな画家’ と言わしめてます。
今回の絵はそれ程でもないですが、
神さまに近い細密画・・・・、
クリヴェリ カルパッチョ
カルロ・クルベッリ(1480~90年 テンペラ/板)
聖セバステイアヌス    福者ヤコポ・デラ・マルカ


イタリア料理の名前にもなってる
カルパッチョ!
(おいしいですよね。)
ヴェネチイアの中では好みの一人・・・
クリヴェリ カルパッチョ - コピー
ヴィットーレ・カルパッチョ(1504~08年 油彩/カンバス   ヴェネチア、ジョルジョ・フランケッテイ美術館)



ヴェネチアは、その地理的条件のおかげで
外部からの影響を受けてきました。
ビザンチン、トルコ等の文化が入り込み
ある意味東方の雰囲気はありました。
そういう文化は早い時期に成り立ってました。
そして 後に
フイレンツエ ローマ と一線を画すヴェネテイアルネサンス様式が遅れて登場しました。
躍動感あふれる色彩 光 影 おおげさにいえば印象派 ドイツロマン派に至ります。
(マニエリスム バロック ロマン派・新古典派経由)


来日してる作品は
ここに大テイツイアーノ先生の登場です。
このベリーニを師と仰いだ巨匠は
90歳近くまで頑張ったようです。
今回来ている 受胎告知 は、
後のマニエリスムのエル・グレコを彷彿とさせてくれます。

テイツイアーノからの
影響をおおいに受けた(子弟関係にあったといわれてる)
パオロ・ヴェロネーゼとテイントレット。
通り過ぎようと思った両ヴェロネーゼと両テイントレット・・・
↑のチラシにあります。
なんかよく似てて区別がいまいち。
反省して
家に帰り パオロ・ヴェロネーゼの画集をみてみました。
いいわア・・・・。ヴェローナ出身のパオロ。
挑戦相手が一人ふえました。
いいえ、勉強させていただきます。
師 として。

      ・・♪・・
ところで
今回は、ジョルジョーネは 来ませんでしたね。
現存画も少ないから当然でしょう。
大分前にアカデミア美術館でみてます・・・・
ジョルジョネのテンペスタ アカデミア美術館


先日、デユラーの画集を眺めていたら
デユーラーは、ベッリーニのこのフラーリ聖堂の祭壇画に感動し、
後に
四人の使徒 を作成したようです。
ヂューラー4人の使徒 - コピー
福音記者ヨハネ、使徒ペテロ(左)
使徒パウロ、福音記者マルコ(右)
この四人の聖人の高貴な姿に
深く感銘し ‘晩年の 四人の使徒’ を描いた。
と、書いてあります。
ベッリーニから影響を受けたデユーラーのお話。
そういわれれば似てます・・・・

ダ・ヴィンチの影響は受けなかったの・・・・
私の好きな 博物誌 ↓

ヂューラー博物誌 - コピー


そのヘエラリー聖堂の主祭壇画は、 ‘テイッチアーノ28歳の傑作 聖母被昇天’
88歳まで生きた巨匠の若き日の傑作・・・・。
若さに乾杯。

テイッチアーノ 聖母被昇天 1516年28歳     (ヴェネテイア フエラーリ聖堂)
テイッチアーノ 聖母被昇天 ヴェネテイア サンタマリアフエラーリ聖堂1516年28歳



[ 2016/07/28 11:42 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)

アートアクアリュウム2016

日本橋三井ホールの
アートアクアリュウム2016という催し物
10回の記念のお祭りのようです。
私ははじめて
江戸・金魚の涼
沢山の種類の金魚がうつくしく飾られてます。
アートアクアリュウム広告





これは珍しい 水胞眼 という金魚
ブーと、ふくらんでます・・・
どこが、膨らんでるのか わかりませんが、
 名前が、水胞眼ですので、
目のちかくでしょうか。
水胞眼 (2)



江戸切子でしょうか・・・・
キャプション捜しましたが、みつかりませんでした。
アートアクアリュウム
とにかく大勢の人出です。
ビックリしました。
若い人が多く ゆかた も、いっぱい。
日本橋にこんなに沢山の若者がいます・・・
うれしいです。

金魚は人間が改良して造ったのだそうですね。
江戸時代には金魚バブルもあったそうです。
(朝顔バブルも・・・・、オランダではチューリップバブル)
人工的に造ったモノを、人工的に飾る・・・
(これが、嫌い ではないの・・・・・。)
ステキです・・・・。



窓の下は、三井本館(重文)・・・
エドワードホッパー
カメラ目線はポッパーだわ・・。

[ 2016/07/27 00:09 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)

根津美術館

根津美術館にいってきました。
はじめての古美術鑑賞
絵画の技法と表現
という事なので
日本の金箔技法の講座があると思い
広告をあまりしっかり読まないで
張り切って美術館に行きました。
期日は8月でしかも申込み制・・・・

雨のお庭を楽しみ
根津美術館




そして
‘そんちゃん’ の絵ハガキを買いました・・・
そんちゃん (2)




[ 2016/07/26 23:13 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)

平櫛田中コレクション展

藝大美で平櫛田中コレクション展も開催されてました。
同じチケットで見ることができました。
藝大が所蔵する平櫛田中ゆかりの作品の展示です。
田中さん 大好きです。

五浦釣人(いづらちょうじん) ↓
平櫛田中
おなじみの鏡獅子(六代目) めづらしい鏡獅子試作 活人箭(かつじんせん) など 9点
やはり素敵・・・。
絵はがきを買ってしまいました。
他 ゆかりの方たち 教え子たち の作品 等149点の中から・・・・。







藝大の庭の樹 ↓
藝大の樹①
さすが藝大のこの樹について 以前にも何か書いたことがあります。
もっと、痛々しかったように記憶してます
こうなりました。樹の名前を知りたくて植物学者に写真を送ってきいたことがあります。
葉っぱが小さいので○○○と教えて頂いたのに
分からなくなってしまいました・・・。
残念・・・・、というより何て失礼なことでしょう・・・。
藝大の樹裏②
[ 2016/07/22 18:45 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)

不忍池 7月20日昼下り

藝大美の後、 なんとなく… かなり賑わう 上野公園を通り抜けて
 不忍池にゆきました。
7月20日の昼下りです。
時期的にまだ早く
早朝開花ですぐしぼんでしまう蓮
この状態でした。 ↓
葉っぱですが、生きる勢いがあります。
平成28年7月20日の不忍池



不忍池で蓮の華を忍んで
本当の琵琶湖畔の滋賀県長浜市のいわばアンテナショップ
KANNONHOUSE へ
尊住院聖観音立像7月
今回の観音さまは 長浜市川道町の
川道神社千手院内の
尊住院聖観音立像 でした。 



前回 3月は 竹生島宝厳寺聖観音 でした。
竹生島宝厳寺聖観音 3月
いつも同じ事を思い出します
弁天様はいわゆる水商売や歌舞音曲の世界に生きる人たちから
特に親しまれてます。
不忍池にも弁天堂があり弁天様がいらっしゃるハズ・・・・
かって 地歌のお稽古をしてた頃
家元が よく弁天様 に地歌を奉納されてました。
その家元さんの奉納のお供に選ばれて
竹生島に奉納に行って参りました。
日本三大弁天様(竹生島 江の島 宮島)の
竹生島の弁天様に私の筝曲を奉納しました。





[ 2016/07/21 23:17 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)

観音の里 祈りとくらし展Ⅱ びわ湖・長浜のホトケたち

芸大美の びわこ・長浜のホトケたち展
観音の里の 祈りとくらし展Ⅱ
にいってきました。
2014年4月の展覧会の Ⅱ になります。
観音の里Ⅱ
前回も同じ事を考えました。
なぜ この琵琶湖畔 特に湖北~湖東にかけて
 日本で選択的に
渡岸寺(向源寺)の十一面観音によって代表される 仏像 特に 観音像が多いのかが、
分かりませんでした。
量だけではなく質も高い。
小説などで意見を云ってる
井上靖 白洲正子 水上勉の諸氏 も、
気がつかないのか 全く興味がないのか 疑問にも思わなかったのでしょうね
全然触れてません。
細やかな観察は、尊敬に値しますが、物足りなくいつもおもっていました。

ここは やはり歴史学者のお話しを聴きたくなります。

個人的には
古代は日本海側は、大陸と繋がりで 物凄く発展した地で、あったということ。

大きいとおもいます。(何十年か前の日本史の講義を思い出します。)
奈良 京都 に首都が移りましたが、
日本海側の政治経済文化の凄さ 質の高さはおびただしいいものであったそうです。
その後、最澄の叡山の延暦寺との微妙な関係・・・。
影響は大きいとおもいます。
琵琶湖周辺には
巨大な寺院はなかったのか、なくなったのか、小さい寺が沢山できました。残ってます。
巨大寺院(今でいう国立or大企業)がなく 小堂(中小・零細企業)が多い。
きびしい税金の取り立てや、重労働は、大寺院建造にではなく
各村落にまかせて 力を分散させ 小さいお堂造りにしました。
その厳しさは同じようなものだったでしようが、
まとまりやすく信仰心も刺激しあった事でしょう。
もしかして
‘小さなお寺なんだから、
如来さま ではなく、観音さまぐらいにしろ’
との御意見 が、あったかも知れません。

延暦寺以後、古代からあった古寺が天台宗に転宗されました。
そして次第に現世利益を望むようになり
さらに薬師像や観音像が造営されはじめました。
それには、
平安末期12世紀に入るころまでに天台末山・末寺の造仏の
沢山の仏師の所在は大であったようにおもわれます。
それに
この沢山の小堂の所在は平安時代の天台荘園制の影響とされ 
古仏を伝えた原因であったともいわれてます・・・・。
(私は、この天台荘園制の事は、よくわかりませんが・・・
それと、
比叡山と琵琶湖畔の北と東という地理的な距離の関係は 微妙であるだろう事は、
想像だけしかできません。)

以前は、観音像が多いということで、
江戸時代に流行ったといわれてる 観音信仰 の影響であったのではないかと、考えた事もありました
が、
とにかく古い仏さまが、多いです。
ある意味ヒステリックな江戸時代の観音信仰とは ちがいますね。

信長による焼き討ちなどの
幾多の戦乱や数々の災害を乗り越えて
散らばってる 小堂 は、残ってます。
観音様達は、
博物館といういわば お墓のような場所にではなく
生きて その存在は 燦然と輝いてます。
凄い。
古代の零細企業政策の勝利!
今、これから 観光としての事業のさらなる発展を祈ります。

全く私の私見デス。
澤田瞳子さんあたりが、何か 書いてくれないかしら・・・

渡岸寺(向源寺)の十一面観音
向源寺 渡岸寺 十一面観音菩薩

[ 2016/07/21 23:10 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)

古代ギリシャ

平成館の古代ギリシャ展にもゆきました。
この広告の絵の時代は 古過ぎてワタシ好みの時代ではないので悩みました。
が、
アルカイック、クラシック、ヘレニズムがあるようですので
アレクサンダー付近を 只今、ウロウロしてますので ローマ帝国を夢みながらの鑑賞でした。
難しいです。
解りやすい解説と陳列には、驚きと尊敬
ミノス文明時代あたりが、私の年限界!
楽しくみられました。
古代ギリシャ


神話のミノス文明 の 牛頭形リュトン(前1450年頃)
牛頭形リュトン前1450年
美しいので載せてみました。↑
牛は、オイローペ を思い出します。

個人的には ギリシャの魅力は アルカイック期以後にあります。
中宮寺の半跏思惟像(弥勒菩薩)さまも
強引にみれば アルカイック かな(?)

数を忘れるほどギリシャ展は 日本で公開されてますが、
テーマや作品中心が多く
今回のように ギリシャ史全般にわたり ひととおりの総論的なのは、
珍しいようにおもいますが、どうでしょうか。
わかりやすい 理解しやすい解説は
うれしいです。
ここのところ かなりいそがしかったのですが、
一段落できましたので
これから のんびりと 復習して 地中海文明 に思いを馳せます。





[ 2016/07/03 23:19 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)

ほほえみの御仏

ほほえみの御仏展にいってきました。
img112.jpg
中宮寺は修学旅行などで3回
韓国は、国立中央博物館が総督府であったころ 母と1回
拝見してます。
二つが並ぶという事で 絶対、観たいとおもってました。
会場は、
いきなり二つの半跏思惟像が、ありました。
比べてはいけないのでしょうが 軍配は、中宮寺。
木造なのに 力強さがあり 安定感があり ほっとします。
伝半島経由説もありますが、半島には、木造のは保存されてないのでしょうか。
78号の方は少し小ぶりではありますが金銅製ながら83cmと大きい。6世紀後半の制作で古いです。

中宮寺は、7世紀とされてるようです。頭上の丸二つからでしょうか、かっては、
如意輪観音(救世観音)かと、いわれてましたが、
最近は 弥勒菩薩ではないか と云われてます。
如意輪観音は坐像や半跏思惟像に限られてるようです。
脇侍としての菩薩様ではないですね。
弥勒菩薩は、立像もあります。


弥勒菩薩といえば そうです 国宝彫刻第一号(S.26年6月指定) 広隆寺の弥勒菩薩です。 ↓
赤松で造られ日本では珍しいそうですので7世紀ごろ伝来したのでは の説もあるようです。
調査すると、日本に多い楠木も使用されてるそうで、分かってないようです。
こちらの方が、78号に似てるように 私は思います。
木で造られてるのに よくぞ保存されていたと 
そのためには犠牲にする事もあったでしょうね。
どれだけの努力でしょうか、日本人の素晴らしさに涙がでます。
広隆寺弥勒菩薩像




東京国立博物館の法隆寺宝物館には、かって法隆寺が持っていた宝物が沢山あります。
明治時代に 法隆寺から皇室に献納された沢山の宝物です。
御物といわれてました。
正倉院の宝物がそれに並びます。(正倉院は8世紀以後、法隆寺は7世紀)
戦後 皇室が、国に御下賜されました。
その中に 法隆寺四十八体仏(実際はもっと数が多い)があります。
さらに その中に 半跏思惟像 が、沢山あります。
こちらのは、小さく可愛らしい菩薩様達です。
かなり以前の事ですが、全く偶然 私は この法隆寺館に無防備で入館して
その素晴らしさに感動した事があります。
詳しい年月は覚えてませんが、何十年も前です。
今は、どうでしょうか、多分その頃は、木曜日のみの開館でした。
御注意下さい。


もう一つ重要な半跏思惟像
野中寺の金銅仏の半跏思惟像 です。
こちらは、
この時代にはめずらしく弥勒と明記され、
資料によると、西暦666年の作製 となってるようです。日本で一番古いという説があります。
野中寺大阪重文
私は、以前 仏教に燃えた時期があり 歴史のカルチャーセンターに通った事がありました。
一流の先生方の講座は楽しく素晴らしく、関西にも度々行きました
その時 野中寺も訪れましたが、残念ながら 菩薩様はいづれかの展覧会場におでましでした・・・・。
無念でした。
国内なので、すぐ行けそうですが、
なんと 私の意識が少し変わってしまいました。
でも、機会があれば・・・・



                  ♪


この展覧会の混雑の情報が得られなかったので
朝8:00時に 博物館に到着しました。
一番でした・・・・。
新聞持って行ってよかった。
座って開館を待ちます。
6月30日(木)現在⇒すいてました。

新聞右下 桜井パパについての記事。
一番


翔クンパパ 桜井俊氏 ↓
桜井俊(しゅん)氏
似てますね。

[ 2016/07/01 22:12 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)

アフガニスタン展

アフガニスタンン展 二つ 行ってきました。
①東博の表慶館
黄金のアフガニスタン展

テペ・フロール
前2100~前2000 の メソポタミア文明とインダス文明をつなぐ謎の遺跡
四代文明は大河流域に生まれましたが、
交流も又、文明を生み出すという研究もあるそうです・・・・。


アイ・ハヌム
いっきに 
アレクサンドロス大王の前3~2世紀 のコリント式柱頭
(個人的にここでペルセポリスと大王がつながる・・・)

前145年以前


テイリア・テペ
1世紀第2四半期 遊牧民の王族が眠る黄金の丘

ペグラム 
1世紀  シルクロードの秘宝が集まったクシャーン朝の夏の都




アフガニスタン流出文化財
前3世紀
前6~前4世紀
2~3世紀
7~8世紀
15点
これらは内戦で海外に流出し日本で保護された文化財102点の中の15点です。
87点は、今回藝大陳列館で公開されてます。
ブラックマーケットなどを通じて日本にたどり着いたアフガニスタン流出文化財です。
平山郁夫画伯の訴え等により藝大に保護保管され一部修復が施され母国帰還されます。


② バーミヤン大仏天井壁画
   東京藝大 アフガニスタン特別企画展
アフガニスタン藝大展
こちらの ゼウス神像の左足(前3世紀) は複製です。



ロマンチックなあの表慶館
洋風建築かっこいいわ。
建物はどういう風にあてがわれるのでしょうか。
展示品がいくらかコンパクトで、歴史的な場合はこの建物が合ってるような気がします。
[ 2016/05/13 00:38 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)

びわ湖長浜KANNON HAOUSE

先週、
不忍池の池の端に びわ湖KANNON HAUSE ができたことを知り
カラヴァッジョの帰りにさっそくいってきました。
(ブログや週刊新潮に載ってました。)
もともと、上野のお山はミニ比叡山です。
今の上野恩賜公園は比叡山を意識してのデザインです。
上野のお山は比叡山
延暦寺は、寛永寺
びわ湖は、不忍池・・・。
悲しいまでの規模の差・・・・
楽しきユーモアを意識します。
その湖畔に此度、誠にふさわしいミニ展示室が誕生しました。
祝 びわ湖長浜KANNON HOUSE !
入り口 ↓
 琵琶湖長浜観音ハウス
びわ湖の
湖北は観音信仰の里といわれ
それはそれは沢山の観音像があります。
(渡岸寺(向源寺)の十一面観音は特に素晴らしいです。
この観音様を、
私は過去に 現地で1回、東京で2回拝顔する機会に恵まれてます。)

このミニ展示場には、2ケ月1回観音様が1体お出まし下さるそうです。
有難いことでございます。

今回は、竹生島宝厳寺聖観音様
琵琶湖竹生島宝厳寺清観音


説明が読めませんね…
竹生島宝厳寺聖観音
[ 2016/03/30 00:17 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)

カラヴァッジョ展

カラヴァッジョ展にいってきました。
これでもかのカラバッジョです。
カラヴァッジョの絵はあまり知りませんが、
光を意識しての闇
ドラマテイックな内容は魅力あります。
情熱的・人間的過ぎて単純な私は圧倒され過ぎてます。
会場で観てるうちに気がつきました。
カラヴァジョは、
特に群像に魅力あります。

そして 何よりも、
この度初めてカラヴァジェスキというのを知りました。

個人的には このナルキッソスや
ポポロ聖堂の聖パウロの回心(右翼の馬のいる方・今回は来てません)が好きとおもってます。
この2点ナルキッソスと聖パウロはほとんど同じ時期に描かれたようです。
ナルキッソスがやや早いかしら・・・
ナルキッソス

          ・・・♪・・


私はなぜかカラヴァッジョとは御縁がありまして
昨年のヨーロッパ小国大周遊の折、ローマで偶然ポポロ聖堂に到着できました。
カラヴァッジョとカラッチの礼拝堂を拝めました。
チェラージ礼拝堂 カラッチ (カラバジョとの競演)
ポポロ聖堂のチェラージ礼拝堂 正面カラッチ 左ペテロ 右パウロ

ペテロ
左翼 聖ペテロの磔刑

パウロの回心
右翼 聖パウロの回心



それから少し前にヨハネ騎士団のマルタ島に行ったとき
洗礼者ヨハネの斬首を見る事ができました。
騎士団の士気は、おおいに盛り上がった事でしょう。
カラヴァジョの洗礼者ヨハネの斬首
洗礼者ヨハネの斬首
作品は少し暗く、遠く高い所にありますので
必死でみましたが、実はよくわかりませんでした。
修復を必要としてるのか、場所が暗いのか、なのでしょう・・・
友達のオペラグラスを借りて頑張りました、サインは確認できたと信じてます。



こちらは、やや見やすい明るい場所にありました。
カラバッジョの聖ヒエロニムス
聖ヒエロニムス



[ 2016/03/29 23:28 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)

フエルメールとレンブラント

森アーツセンターギャラリーです。
フエルメールとレンブラント展にいってきました。
やっぱりサスガ・・・スゴイ・・・ が感想です。
ウエルメールとレンブラント

会場での解説を読んでみました。
 いろいろ再認識することができました・・・・
  勉強になりました。

その頃16世紀のネーデルランド諸州はスペインの属州の一つでした。
が、
ネーデルランドの人々は、スペインのローマカトリック教会に対して
反感を抱いてましたので、次々とプロテスタント に、改宗していってしまいました。
ここまではフツーに 知られてるお話です。


1648年ネーデルランド共和国が、正式に承認されました。
ネーデルランド共和国は
現代の共和政の原型です。
都市や町を代表する商人達で構成される評議会というのがあっって
その協議会によって都市や町は管理運営されました。
その頃、都市や町の新しい教会であるプロテスタントの教会では、
偶像崇拝を引き起こすという事で
なんと、 聖像画は破壊されてしまってたのだそうです。
旧から新 に至るまでには
さまざまな事 が、起こってるのですね。

絵画の注文をするのは、裕福な商人や町人です。
(他のヨーロッパ地域ではカトリック教会や王室宮廷からの注文がほとんどでした。)

ここに新興の裕福商人達は、旧教の影響を受けた聖像よりも
好んで一般市民達の風俗画を希望しました。
風俗画流行には、訳アリのようです。
静物画も流行ったようです。
宗教のかおり漂う静物画です。

信仰心あふれる 謹み深い 清貧なる市民の 風俗画(人物・静物)の
一大流行の時代です。


[ 2016/03/12 00:19 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)

レオナルド・ダ・ヴィンチ展

レオナルド・ダ・ヴィンチ展です。
今年は、スゴイ・・・
イタリアからの展覧会!
日伊国交樹立150周年記念 という事だそうです。
ボッテイチェリ展があり
この後なんと6月25日からは、ミケランジェロ展があります。(汐留ミュージアム)

その前西洋美で3月1日からカラヴァッジョ展。

ワタシは、
両国で、本当にあのダ・ヴィンチの作品にあえるのかどうか
少し不安になるほど 興奮してました。

英国の貴族が、スコットランド・ナショナル・ギャラリーに寄託・展示されてる
糸巻きの聖母 
(部分真筆)
スコットランドへの予定はないので、これを見逃せば終わり! と決めつけて
いってきました。両国へ。
レオナルド展
ダ・ヴィンチやこの時代の画家の構成の特徴がよくでて
画集やちらしの写真で目立つ不自然さは、実物では気にならず
部分真筆の酔にひたります・・・。
糸巻きの螺旋を意識することができます。
レオナルド派などの下絵や模写や版画などの参考作品にも魅せられます。
会場、入ってスグに
ヴィンチ村の現在の風景の写真が大きく飾ってありました。
ヴィンチ村のレオナルドさん・・・
しみじみとします・・・。

かって西武美術館で何回も沢山のダ・ヴィンチのデッサンや、設計図が、みられた時期がありました。
あの頃、ちょっと慣れてしまった感がありましたが、
宝ものは、やっぱりいいです。
しびれるわ。
またもや重い図録を買ってしまいました。




江戸東京博物館での鑑賞のあと
上の方のレストランで食事
ヴィンチ村はワインの生産地のようです。
ヴィンチ村のレオナルド・キャンテイが飲めました。
しみじみと飲みました。
ヴィンチ村のキャンテイ
上からの目線で 国技館の屋根と隅田川を 有難くも望む事ができました。


[ 2016/02/06 14:09 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)

HERMES エルメス !

銀座のギャラリー エルメス 
ローラン・グロッソ展をみてきました。
Soleil Noir (ソレイユ・ノワール/黒い太陽) という タイトル

初めてきく作家の名前ですが、
魅力ある作品群でした。 
ローラン グラッソ
廃墟という絶望的イメージとは違って、
そうではあるのですが、畏怖の念を持って 
希望の光がみえる自然に対する尊敬・・・・。
異なる文化に対する敬意・・・・・・・♪
時間調整と防寒のために入った 高級店銀座エルメスの8階ギャラリー
お店と同じくらいステキな作品でした。



日本へのまなざしについても書いてありましたので
案内状をコピーしました。 ↓
ローラン グラッソ (2)




Soleil Noir (黒い太陽)2014年
ビデオ作品もありました。
ドローンの俯瞰で
ポンペイ遺跡 と、ストロンボリ島の噴火口を
機会的な視点で撮影したものです。
ポンペイも俯瞰するとこうなるのですね。
ストロンボリ島を知らなかったので
帰ってwikiで調べてみました。
イタリア シチリア州 の小島の一つ。
ビデオを見ながら予想はしてましたが、
島は活火山は、直接海底から突き出た形になってます。

ストロンボリ島(wikiより)
ストロンボリ島





[ 2016/01/29 22:22 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)

ボッティチェリ展

ボッティチェリ展にいってきました。
まあ、沢山の数の ボッティチェリの絵が 来日してます。
都美館内の会場では、
まるで、ボッティチェリ画集 をみてるような錯覚におちいってしまいました。
こんなにも沢山・・有名な絵が・・・
かってのあの外国の絵に対する飢えは、何だったのでしょうか。

フイリポ・リッピもこの度・・・・・・・・♪

ボッテイチェリ

ボッティチェリ展
1月16日~4月3日
今なら、まだ空いてます。
ガラガラ です。


[ 2016/01/28 11:48 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)

藤田嗣治展

藤田嗣治展に、いってきました。
竹橋の国立近代美術館です。
美術館が持っている藤田嗣治の全作品だそうです。


藤田嗣治展

藤田嗣治展は、今回はパスとおもってましたが、
偶然、この時期に 捜してた 自分の藤田作品の写真がみつかりましたのでその お祝いの絵画鑑賞になりました。
休館日の関係で、 雨降る寒い本日になってしまいました。
現場に行けば、必死になります。
画集を漠然と眺めるのとは やはり違います。
新しい発見もあり いってよかった。

戦争画は、見るのが苦しく 出来れば通り過ぎたい とおもってますので、
画集の写真もしっかりみてません。
逃げてばかりいるのは・・、責任回避・・(?)と反省して
恐らく初めてかしら? 
拝観させて頂きました。
藤田嗣治は、
お父上様が、軍医総監(中将)であったそうで、軍人としてtopクラスの一族・環境に生まれ育ちました。
戦後、国はフジタを守ってくれませんでした。
日本の全てが、全ての国民の最も苦しい時代でした。

GHQによって戦後接収され
1970年になって返還(無期限貸与)されました。
今回は、
153点の戦争画の中の藤田嗣治の14点全て。
14点全ての公開は初めてなのだそうです。
画集の写真や、展覧会などでも
外国の西洋の戦争画や、日本の歴史上の戦争画は、よく目にします。
が、
身近で、この度の・・・・という事なのでしょうか、
直視しては申し訳ないような 不思議な思いに気つきます。
70年前という事 にも、助けられました。
クールに醒めたフジタの技術にも助けられました。
そんなに苦しくはなかった。

でも これ以後、あまり見ることはないのではないかしら・・・・。

しかし、アメリカは凄い。
しっかり いい作品群をもっていってしまいました。
そして、25年経過して返還(無期限貸与)。














[ 2015/11/25 19:53 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)

村上隆の五百羅漢図展 

今日は、六本木です。
なんか久しぶりの感じがしますが、そうでもないのです・・・・

村上隆の五百羅漢図展 を、みてきました。
少し前に 江戸東京博物館 で、
狩野一信の五百羅漢図展 をみて 圧倒されたこ事を、おもいだしてます。
かって
川越の五百羅漢像 にも、圧倒されました・・・・(^^♪
今回も、
凄い 圧倒されました。
私がみたなかでの
3大圧倒五百羅漢 の一つになりました。
村上隆



絵ハガキを買いました。
白虎ですね。  ↓
玄武
青龍
朱雀 の4部門にわけての五百羅漢図です。
村上隆 (2)
まあ、素晴らしいです。いってよかった。
村上隆氏の正確なデッサンの力強さ、作品が大きい事、庶民受けのよさ(サービス精神おおせい)
円相シリーズ 等の
材料の贅沢さ(白金や金をおしみなく使ってます。)
それらを、見る側に意識させない、上品なユーモア・・・。
お勧めデス。

村上氏は、日本美術史家の辻惟雄氏からの影響で 五百羅漢図の構想を意識し、
日本中の美術大学から200人超といわれるスタッフを集め一気に完成させたそうです。

日本のアニメはここまで成長したのかと、おもってます。
昭和生まれの画家によって・・・。



平成の記念碑の一つになるでしょうね。
[ 2015/11/24 21:18 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)

プラド美術館

プラド美術館展にいってきました。
三菱一号館美術館 開館5周年記念 (赤レンガの美術館)です。
プラド美術館展ースペイン宮廷美への情熱
と、 ちらしに表されてますが、その通り・・・・情熱の国スペイン。強気の国スペイン。
img064.jpg
それにしても、同じヨーロッパではありますが、他の国から沢山、絵画を集めましたね。
自国で生まれた凄い画家も100年に一人はいますが・・・
ベラスケス、ゴヤ、ピカソ などの巨匠・・・

少し前まで、ルネサンス期の絵画を日本でみられるのは、極めて稀でした。
が、
20年になるでしょうか、ルネサンス絵画が、やってきても あまり驚かなくなりました。
フツーの展覧会になりました。
嬉しい事です。

が、やっぱり凄い。5周年ですか、(赤レンガの)三菱一号館美術館 様、おめでとうございます。
お陰様で、マドリッドに行かないでボッシュに会えました。
ハンス・メムリンク や、ミゼリコルデイアの聖母の画家(テンペラ)にも・・・。


img063 - コピー
ヤン・ブリューゲル親子の絵も見ることが出来ました。
このⅡ世ヤン・ブリューゲルの‘バベルの塔’は、初めてみました。


            ・・・♪・・・

ヨーロッパの美術館を幾つかみてると、 バベルの塔 を、それはそれは沢山見ることができます。
が、どれも
ピーター・ブリューゲルの ‘バベルの塔’にはかないません。
(3点描いたようです。ウイーンとロッテルダムにあります。あと1点は不明)
ロッテルダムのバベルの塔は、かなり前に西武美術館にきてます。
Ⅱ世ヤン・ブリューゲルのお祖父さんのピーテル・ブリューゲルⅠ世の作品です。




           ・・・・・・・・♪・・・・


東京駅
大好きな東京駅 - コピー

KITTEのホワイトツリー
本日から照明が入ります。
KITTE本日から - コピー

丸の内のイギリス洋服店の
プレセピオ
プレセピオ


[ 2015/11/20 23:06 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)

カミオカンデ

ドイツの代表的写真家、アンドレス・グルスキーの個展が、
2013年に国立新美術館で催されました。

カミオカンデ2007          アンドレス・グルスキー
カミオカンデ77kb
本作は、スーパーカミオカンデを題材にしたもののようです。

私は、この展覧会の広告を見て感動し,
六本木に見に行き
本物の作品群に さらに感動しました。


梶田隆章氏ノーベル物理学賞!
今年二人目!!
万歳\(^o^)/!!!



[ 2015/10/09 20:25 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)

伊豆の長八展

伊豆の長八展にいってきました。

伊豆の長八とは、幕末・明治の空前絶後の鏝絵師です。
伊豆・松崎出身で東京で活躍した左官です。
漆喰壁に鏝(こて)を使って浮彫と彩色をほどこした装飾は鏝絵と呼ばれ
長八の鏝絵は前代未聞といわれました。

伊豆の長八 鏝絵師
故郷・松崎周辺では、長八の作品保存が進められてます
が、
東京では,沢山の作品が失なわれているようです。
この展覧会の会場でビデオをみましたが、谷中の全生庵にも長八の地蔵菩薩像があります。
私は 幽霊 ばかりみてましたが、次からは、このお地蔵さんをおがみます





東京橋戸稲荷神社本殿扉絵 狐図 ↓
東京橋戸稲荷神社本殿扉絵狐図






幸いなことに松崎には長八の作品が沢山残ってるそうです。
長八の出身地伊豆・松崎は 
冬は西風が強く、
この風を防ぐため屋根や壁の養生のために左官職人が大勢出たといわれてます。
長八美術館と浄感寺にいろいろあるようです。  

↓の写真は、松崎にある
重文・岩科学校(明治13年完成)
伊豆地方最古の小学校で 長八の作品もある と伝わってます。      
伊豆松崎町岩科学校



ちなみに 旧開智学校(重文) ↓
旧開智学校

私はこれらの擬洋風建築が大好きです・・・


10月18日(日)まで
武蔵野市立吉祥寺美術館





ところで、このたび 漆喰鏝絵なるもの を意識して拝見して 気がつきました
まあ、ある種の古い民家にもあったものですが、
先日、お蕎麦を食べた 永田町黒澤 の外壁・・・。
これも 漆喰鏝絵 と思います。
黒澤①漆喰の鏝絵


黒澤③ 鏝絵
面白い と、思ってスマホで写してました・・・。よかった。


[ 2015/10/02 23:26 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)

永青文庫・春画展

永青文庫・春画展 にいってきました。
好奇心から、是非とおもってました。
美術手帳・太陽・文春などの写真でよく見てたのと同じようなものですが、
浮世絵の木版画・肉筆の本物は初めてです。

永青文庫春画展

絵を見る前から
三島由紀夫の 豊饒の海 ・春の雪 を思い出し
あの場面はすごかったわ などと・・・
絵を見ながらは
秘すれば・・・こそ と 思ってしまったり・・
ホント、ミシマは文字の天才!
あるいは
春画をみながら、 ピカソ、クールベ、クリムト、バルチュス をおもいだしてます。
浮世絵などが、沢山影響を与えたといわれてる 西洋の画家たちを です。
こちらのほうが、お馴染みの画家たちです、
が、
浮世絵(春画)をしっかり学んでます。(さすがだわ。)

会場は
女性のほうが多いくらいで
大公開の大賑わいの展覧会の雰囲気は、
楽しく・明るく 歌舞伎かお相撲見物  のようでした。




その歌舞伎でお馴染みの 
義経千本桜(川連判官館場・四の切り)の↓
狐忠信(佐藤忠信に化けた源九郎狐) が、面白いです。 

甲冑をまとった忠信の妻(その雄姿は婦女子教育の教材として国定教科書に掲載されたそうです。)
と、忠信に化けた狐忠信 が・・
ちらし狐忠信

あ~、楽しかった。
12月23日(水・祝)まで ↓
SHUNGA 春画

           ・・・

4000円もする ズッシリと重い図録を買いました・・・
この後、出かけるところがあるので宅配を依頼して、身軽に次へ

後日、到着した 18歳未満の方の目にふれませぬよう・・・ の図録。6cm。
春画図録



         ・・・・・・

次は
六本木の国立新美術館です。
あらあら 今日は、 ミシマと御縁があります。こちらは 豊饒の海・奔馬。↓
そろそろ、御命日かしら・・・
陸軍歩兵第三聯隊


      



 ・・・・・・




偶然ですが
今日は、川島なお美さんのお通夜でしたのね。
川島なお美さん



[ 2015/10/01 22:54 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)

落語教育委員会

今日は、落語でした。
落語教育委員会 夏スペシャル
三人会です。

三遊亭歌武蔵さんが、お目当てでした。
歌武蔵さんは とても変わった経歴!
武蔵川部屋に入門した事のある 力士出身の師匠です。
三遊亭圓歌に入門

‘ただ今の協議について説明します・・・’ が、いつも 入るそうです。
御本人を初めてみました。
写真やラジオではあまり目立ちませんでしたが、
高座ではかなり大きい。
182cm 125kg と言ってました。

今日は、名古屋場所 の話もありました。
白鵬はイチノジョウへのダメ押しを注意されたので
反省して 
今では、箒 と 塵取り を持って国技館のお掃除してるそうです。
横綱が、箒
付き人が、塵取り。
なぜなら、横綱は、ハクホウ だからだそうです。


本日の演目 ↓
三遊亭歌武蔵



[ 2015/08/30 21:28 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)

うらめしや~、 4っつ

今日は、
うらめしや でした。
それも4っつ。
① 全生庵 (圓朝祭・幽霊画の公開)
②藝大美術館(うらめしや展・主に全生庵所蔵の幽霊画展)
③不忍池
④三越劇場(講談・一龍斎貞水の怪談)
暑い中、しっかり楽しんで(?)まいりました。



① 全生庵
お盆の頃に ここ全生庵には幽霊がでます・・・。
この時期、私はほとんど毎年かよってます。
全生庵幽霊
今年は藝大美の展覧会があるので心配でした。
案の定 お目当ての伝応挙の幽霊さんは藝大美に出張中でした・・・。
(ネット検索しましたが、よくわかりませんでした。(8月17日からはこちららしい・・・?)
今年の展示は少なく 、 他に小さんさん寄贈の幽霊画が10点ほど展示されてました(めずらしい事のようです。)


② 藝大美術館
お近くの藝大美にゆきました。
ゆうれいが、いっぱいありました。
毎年、全生庵でお馴染みではありますが、
会場はかなり暗く、な~んかムードも暗く
不思議な雰囲気でありました・・・・。
全生庵以外からの出品も多く
うらめしや 満腹になりました。
前・後期がありますので気を付けた方がいいとおもいます。
図録を買いました・・・

うらめしや藝大美






  ↓ これが、お目当ての 伝応挙の幽霊図

全生庵伝円山応挙







 
③ 不忍池
藝大美を出て摩訶不思議な雰囲気になっているようにみえる上野公園内を歩いて
不忍池です。 暑い。
‘蓮’ です。  ↓
蓮には弁天堂がよく似合う・・・・
今年(H27)の蓮


④ 三越劇場
その後、講談・一龍斎貞水の怪談 村井長安 雨夜の裏田圃 でした・・・・
又、出ました 幽霊 が、
貞水師曰く
幽霊は美人だった人
との事です。
そうなんだ・・・・
講談一龍斉貞水



   


   ・・・♪・・・・



うらめしや4っつ
の後は
カフエウイーンでアイステイーでした・・・・
カリグラフイーはドイツ語!
ウイーンで紅茶




そうそう、全生庵では歌舞伎のお稽古をしてました。
雑魚の会
歌舞伎会
の若いみなさんです。

国立劇場歌舞伎養成所出身  歌舞伎俳優研修所出身 の 将来が楽しみの若い方たちです。
 
↓ が、8月に国立で。 
雑魚の会 歌舞伎会



 ↓ その稽古の会の受付をしていた 若い(!!)二人!!
左が京珠さん(↑の ちらし2列目右から5番目。芝のぶさんの右となり。
↓の写真右は そのさらに後輩さん。
国立劇場歌舞伎俳優研修修了生京珠さんと後輩




[ 2015/08/02 22:14 ] 展覧会 | TB(0) | CM(2)

横須賀

今日は横須賀でした。
観音崎にある横須賀美術館です。
上條陽子先生の展覧会です。
11日のオープニングは出られなくて残念でしたが、今日,出かけることができました。
暑い暑い本日でしたが、
気のせいか 海辺なのか 眺めがいいからでしょうか
いくらか、涼しい(?)・・・、
いえ、
やっぱり暑い日。
上條先生お作品は相変わらず美しく、
今までの厚紙を貼り合わせての画面から
白を基調とする新作インスタレーション も展示されてます。

上條先生





タクシーの運転手さんに 記念艦三笠の方向を聞きました。
寄りますか?   と、いわれたけど・・・
暑い、急ぐ旅行!
直接、横須賀美 でした。
だいぶ前に 観たことあるし、乗艦(?)したことあります。
なんせ暑い・・・・ので・・・・。
名物カレーのお店も分らず
    涼しくなったら出直しの旅行だわ。



        ・・・♪・・・・



買い物があり日本橋三越にゆきました。
たまたま假屋崎省吾の世界展 が、催されてましたので
みてみました。
凄い迫力の假屋崎ワールドはどこまで行くの?
の感がありましたが、
どうやら ここのところ減速しはじめたような気がします。
幅の出現 。 落ち着いてきたような・・・。
それに 現代に生きてる ますますのたくましきパワー、すごいわ。
真似したい・・・。
かりやざき


アールグラージュ というのを、はじめてみました。
話は聞いたことがありましたが、
いろいろ この世はおもしろいわ・・。
絵画と照明の組み合わせにより絵の見え方がかわります。
この作品は90秒に1回で完成します。 
  ↓

アール・グラージュ






[ 2015/07/26 23:01 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)

紅茶

大英博物館展には行かなかったのですが、
食堂でお茶を飲みました。
大英博物館展のための テイーセット です。
テイラーズ・オブ・ハロゲイトテイーセット・・・・。
説明を読むと ハロゲイト というのは、どうやらイギリスの地名のようです。
チョット濃すぎました。コップの水をプラスしてみたら
美味しくなりました。
ビスケットがおいしい。バターがいいんでしょうね。牛乳が。イギリスの乳牛が。いいんでしょう。
大英博物館展テイラーズオブハロゲイト①


大英博②
[ 2015/06/22 17:51 ] 展覧会 | TB(0) | CM(3)

高橋真琴個展

銀座画廊めぐりをしている内 道中会話のなかで
こんなに かわいい展覧会 にゆけました。
6日(土)まで・・・。
img180.jpg

若い女性がいっぱい・・・
a




かわいい・・・
h


   

    ・・・♪・・・




月待ちワインバー   入場フリー  ↓
20150604_194623.jpg
[ 2015/06/04 21:48 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)

齋藤研・金井訓志2人展

齋藤研・金井訓志2人展にいってきました。
初日17日 研究発表 齋藤先生・金井先生 が、ありました。
展覧会の催し物でよくある講演です。
が、
フツーと違うのは、 
絵画の技術についての
講演でありました事です。
それも、齋藤先生の Value(ヴァルール) についての価値ある、歴史的な名講演でありました事です。
二人展
アントニオ・ロペスの作品映像が目に残ってます。
金井先生は 遠近法についてです。
あのデユーラーの遠近法の版画デス。
ある意味面白い事に
両先生が取り上げられた画家は
足の位置を決め 顎(あご)の位置まで固定していた。
という制作態度です。


先生方のお作品群は
すばらしいです。

齋藤研・金井訓志2人展
2015年5月17日(日)ー31日(日)
11:00am-6:00pm 最終日4:00pm迄。(水曜日 休廊)
GALLERY UNICORN
〶350-0042
埼玉県川越市中原待ち2-23-2
049-229-5201(T)
049-229ー5202(F)
西武新宿線本川越 徒歩4分
東武東上線川越市 徒歩5分




[ 2015/05/20 14:39 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)

太田記念美術館 石黒和義コレクション展 続

石黒和義コレクション展 の写真の続

歌川国芳 鬼若力之助
*数え8歳の怪童力士
歌川国芳鬼若力之助数え8歳の怪童力士



歌川国安 錦龍田郎
*イケメン力士として大人気。
ただし実力はいまいち。
歌川国錦龍田郎イケメン力士実力はいまいち



喜多川歌麿・勝川春英 雷電と扇谷花扇
喜多川歌麿勝川春英雷電と扇谷花扇

観られなくてとても残念。
それにしても この石黒和義氏 スゴイ 。
又 催してほしい展覧会の一つです。
見逃さないようにしないと・・・・。



[ 2015/04/15 23:10 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)

太田記念美術館 石黒和義コレクション展

去年の6月
太田記念美術館で 江戸の相撲と力士たち ~石黒和義コレクション
という展覧会があったようです。
知らなかった。
とても、残念。
すぐに電話で図録を注文しましたが、 ‘完売’ という事でした。
でも、
美術館のHPにこんなに素晴らしい写真が沢山載ってました。
うれしいです。

歌川国貞 不知火諾右ェ門横綱土俵入の図 8代横綱
歌川国定不知火右エ門横綱土俵入り之図(8代横綱)


歌川芳員 勧進大角力取組図
歌川芳員勧進大角力取組図


歌川国貞 生月鯨太左エ門
*身長2,3メートルの巨大力士
写真も大きくなりました。
少し前 国技館の売店で販売してたチョコレートの箱は
この力士の手形が印刷されてました。
18歳のようですね。
国貞改二代目豊国とあります。これも面白いわ。
生月鯨太左エ門2,3mの巨大力士
鯨太左エ門 生月
何回か同じ写真をブログに載せてます。(お気に入りの写真)















[ 2015/04/15 23:05 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)

インド古寺案内

インドの仏 展で いい本を買いました。 ↓
神谷武夫著 
インド古寺案内
本インドの古寺

インドの古寺の事とおもい表慶館の売り場で手にしてみました。
表紙の写真はフツーのいつものタージマハールやパゴタ風の寺院ですが、
中身が面白い・・・。

インドの仏教、バラモン、ヒンドー、 カースト制度 イスラム教
に強く好奇心を持ち始めてましたし

三島が、 豊穣の海 で 
エローラについて書いてたのを思い出し
買ってしまいました。

(後日記:
 エローラではなくヒンドー教の聖地ベナレスでした。
ベナレスについての三島の文章を勝手にエローラと思ってしまってました。
豊穣の海 ではエローラは地名のみの登場です。
ミシマ亡き後澁澤龍彦氏がある対談でミシマがエローラに行ってれば
 ‘小説家としての文をたちまち書きあげたろう。’という意味の事を語っていたのを記憶してました。
どうやらミシマはエローラにはいってなっかたようにおもってはいましたのにどこかでベナレスとあいまいになりました。
私と旅行した方との会話の中で ‘ヒンドー教の、仏教の、バラモン教の・・・’ が といってた事があるのと
エローラの名前の響きも錯覚の一因とおもいます。   
今日は、
なぜか気になって
又 豊穣の海 を眺めているうちに誤りに気が付きました。
あやうく電車を乗り過ごしそうでした。
エローラは 岩を掘り下げてのバラモン教・仏教・ジャイナ教の寺院群・・・です。
魅力あります。
又、
三島はアジャンタについて書いてます。
私達は
日本の法隆寺壁画に影響を与えたフレスコ画のある石窟寺院群と小学校のころ教えて戴きましたが、
三島はアジャンタの洞窟寺院といってます。石窟と洞窟はちがうのでしょうか・・・・
間違いのない豊富な語彙の小説家のこの単語の差が知りたい・・・・
ミシマはヒンドー教の聖地ベナレスにいってインドではそのある意味で対局にある亡びた仏教のアジャンターにいったのですね。そこでホームシックになりエローラやめてしまった!)


この本は
インドの古寺案内 というと仏教寺院のみ か とおもってしまいますが
仏教寺院だけではありません。又 他の宗教の寺院だけではなく
インドの寺院をとおして インドばかりではなく
その周辺の重要な宗教についての歴史や地理の流れが簡潔明瞭に説明してあり
長い間 理解出来なかった バラモン教 仏教 ジャイナ教 ヒンドー教 についての関係が少しわかり
うれしかった。
拝火教  シク教 イスラム教 キリスト教 ユダヤ教 の事もそれなりにわかりました。 
(カーストについての記載はありませんでしたが・・・。)

これは 喜び です。
これだけ言い切って 写真もうつくしい・・・
いい本とおもいます。

藤原正彦氏が
イギリスに留学してた頃
インドの素晴らしい天才数学者に出会った事を記したのを 読んだことがあります。
その後 氏がインド訪問した際
細部彫刻の寺院をみて その天才の原点を理解した と力強く言ってました。
(私の記憶がかなりアイマイ・・・そのインドの場所も名前もわかりません。)




[ 2015/04/08 20:27 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)

ボッテイチェリとルネサンス

ボッテイチェリとルネサンス にいってきました。
(私は初日にいってしまいました。)

こんなにすばらしい 作品が 沢山集まってます。 ↓
以前程は驚かなくなりましたが、
それにしても、我・日本で
ヨーロッパ・フイレンツエなどの この時代すばらしい名画を
一度にこんなに沢山みられるとは・・・。

ふた昔前には考えられませんでした。
そう、ふた昔前の日本にはルネサンス以前の絵はめったにきませんでした。
日本人のそれを美術の世界から牽引する指導者の意識と知識に変化が出てきているのでしょうか。
同時に経済大国としての余裕もあるのでしょうか。
(ゆるやかな回復傾向にある、経済状態ではありますが。)
上野の西洋美術館もここ20年位前からルネサンス期の絵を少しづつ購入してますね。)
さあ、謹みて拝観いたしましょう。

チラシ
上も下も同じ絵です。
せっかく丸いんですから
丸い写真も。
ボッティチェリ①
サンドロ・ボッテイチェリ (1470年代末 テンペラ、板 直径95cm ピアチェンツア私立博物館イタリア)




ボッテイチェリ ケルビムを伴う聖母子 (1470年頃テンペラ・板 ウフイツイ美術館)
ボッティチェリ②
素晴らしい額装の聖母子・・・
ザ ルネサンス サンドロ・ボッテイチェリ の若き日の作品。
天使の位 2番目のケルビム。
(9段階中二番目、ちなみに大天使は8番目)








ボッテイチェリ 受胎告知 1481年 フレスコ ウフイッツイ美術館
ボッティチェリフレスコ壁画
フレスコ壁画です。大きい・・・
10年くらい前に日本に来てます。
あの時は驚きました。たしか西洋美館だったように記憶してます。
かなり大がかりのルネサンス展でした。ヴェネチアもありました。
ふた昔前はどうやって壁画を日本に運ぶのかしらとその好奇心が強かったわ。
もう、わかりました。
大きな素晴らしい壁画でsすが、
写真が小さすぎました・・・・



ジョバンニ・デラ・ロッビアの
パッツイ家の標章(フイレンツエ ウフイッツイ美術館 彩釉テラコッタ、浮彫) 1510年~1525年
 イタリアでよくお目にかかる彩釉テラコッタ がありました。
花や果物に囲まれての聖母子像のレラコッタは目立ちますが、これは標章なのに注目したわけは
パッツイ家の文字が目に入りましたからです。
パッツイ家の標章
パッツイ家の名前を知ったのはつい最近・・・それも ‘映画ハンニバル’ を見たときです。
あのアンソニー・ホプキンスのハンニバル。
(トマス・ハリスンの小説ハンニバルの映画化。)
映画のなかの
ルネサンス期のパッツイ家・・・! 知らなかったからでしょうか 印象に残ってはいました。
(陰謀・そんな事件もあったのか・・位の思いでした・・・)
そして ここに
Bunkamuraで ‘ パッツイー’ という文字との再会が突然ありました。

パッツイ家の陰謀(1478年): 新興メデイチ家に陰謀を仕組みましたが 失敗しました。
メデイチ家に対抗したのですから大変なことです。
パッツイ家側から100人以上の処刑者がでたという事です。
それでも1492年には要職に戻ったそうですので これもすごいです。

その時のパッツイの処刑の様子が
ボッテイチェリによってフレスコで描かれたのがあったそうですが
破壊されてしまったそうです。
                    
ダ・ヴィンチのこの有名な絵は
パッツイー家と関係のあったベルナルド・バンテイーニ(1479年)なのだそうです。
ダヴィンチ ベルナルドバンテイーニ1479年
花の都 藝術のルネッサンス は、それはそれはもの凄い時期で
現実は血で血を洗うハンニバルも真っ青な時代だったそうです。




映画の中のBGMは バッハのゴールドベルグ変奏曲(ピアノ:グレン・グールド )があります。
(イタリア大好き。バッハ大好き。それから怪演・名優アンソニー・ポプキンス・・・ )

また、
映画の中での オペラの場面は  美しい曲 美しい場面 です。
誰の何という曲でしょう。
イタリアオペラかしら・・・
聴いたことがあるような ないような・・・
こういう場面をみると、 オペラとは聴くものではない という事が解ったような気がします。
オペラの舞台を見ないでCDのみを聴く ということは、
‘歌舞伎や能や文楽’ など で‘ 地・ 謡・ 義太夫と三味線 ’ のみを聴いてるようなものですのね。

この展覧会を記念して
ハンニバルのDVDを探しだして みてます。
そして
このオペラの部分が気になって調べてみました。
驚いたことに
パトリック・キャシデイ という人が 
この映画のこの場面のために作曲したものだそうです。
ある作品はアカデミー賞の候補にまでなったようです。
(で~も DVDハンニバルは  ちょっと、気持ち悪い映画だわ。)




フランドル楽派のヨハンネス・マルテイニ(1440~1497)作曲の楽譜
(フイレンツエ 国立図書館蔵)
テンペラ 金箔 羊皮紙  有名な楽譜です。
  フランドル楽派 - 94MB
ネウマ譜は9世紀頃にはあったようです。
線がない楽譜から1本線になり
4本 5本 それ以上の線の楽譜の時代がありました。
テンペラ・ヤンピ・黄金箔の細密画の4本楽譜を見るとゾクッとします。
4本譜線は11世紀に登場します。
これは五線譜ですね。
上枠の中の人物は楽人の祖といわれてる ユバル。槌を叩いて音の比率の法則を発見しました。
この時代の楽譜はほんとに魅力あります。
すばらしい芸術でもありますが
とほうもない労力と時間がかかりました。
15世紀初めのグーテンベルグ印刷までしばらく続きます。







              ・・♪・・
よくばって 沢山、楽しもう と思うといろいろ忙しいわ。


ヤマザキマリさんの講演が会期中にあるようです。
ヤマザキマリさんは
イタリア在住漫画家 作品テルマエ・ロマエが 大評判です。
テレビでも (お風呂大好き イタリア人と日本人) ということで
何回かにわたって イタリア特集を公開してます。
カラカラ浴場 と、日本の温泉 とはずいぶん差がありますが、
それを (かなり無理して(!?) 関連付けた 発想がすばらしいし面白い。

マリさん描く ボッテイチェリ ↓
ヤマザキマリ テルマエロマエ


[ 2015/03/31 23:58 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)

インドの仏(表慶館など)

インドの仏 展は 東博の表慶館 です。
表慶舘 - コピー
ロマンチックな表慶館
旧東宮御所・現迎賓館とおなじ片山東熊の設計 明治41年


インド展よん - コピー
明治神宮外苑絵画館ににてますが、
様式はちがうようです。
こちらはネオバロック
あちらはセセション
だそうです。(よくわからないわ。)


            ・・♪・・



ちなみに
迎賓館 明治42年
迎賓館
すてきです。



明治神宮外苑絵画館 一般公募をもとに神宮造営局設計 大正15年
絵画館写真
こうして比べてみると 違うのかなあ・・・・








お昼は法隆寺館で
インドの仏展を祝して ドライカレーにしました。
飲み物はやはり祝して インドビールのKingFisher カワセミのラベル。
インド展さん - コピー

カワセミの写真
インドには沢山生息してるのかしら。
カワセミ

カワセミ(翡翠)の分布図を見つけました。
緑 周年生息地
黄 繁殖地
青 越冬地
翡翠の分布図
ドライカレーもビールも とてもおいしくて 知人にMailしました。






ユリノキです。
インド展ゆりのき
葉っぱは全て散って 花はつぼみ。目立たなくしっかり初夏を待ってます。




会場の売店でレトルトのカレーを買いました。
カレーimg152
この展覧会のためのパッケージのようです。
八千頌般若波羅蜜多経 女尊 11世紀
[ 2015/03/18 20:31 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)

インドの仏

インドの仏展にいってきました。
(コルカタ・インド博物館所蔵)
 コルカタとは カルカッタ の事です。

シ
インドでは仏教はアショカ王(阿育王)のBC3世紀頃に最盛期をむかえます。
そして発祥の地インドでは
6世紀頃から衰退し始めてヒンドー教に取り入れられてきました。
(信者はカーストのヒンドーの最下位になれた。)
そして仏教は13世紀には完全に消滅しました。。


        ・・・・


仏像などです。
仏教ではスツーパといわれる象徴としての 仏塔がありましたが、
初期の頃は仏像はなかったようです。
BC4、アレキサンダー以降
ギリシャ文明のヘレニズム文化が徐々に入ってきてます。
カニシュカ王(紀元1世紀頃)の頃
その影響を受けて
ガンダーラ(パキスタン)やマトーラ(インド中央)に仏像が登場しました。





摩耶夫人が白い象の夢をみて 釈迦の誕生。
(テレビからの写真 ↓)
托胎霊夢 2世紀(制作年代)
托胎霊夢
お釈迦様はだいたいB.C.6~5世紀頃 ネパールのルンビニで生まれました。


出家ゆ城 2世紀(制作年代)
インドの仏様① - コピー
出家の様子。王さまの地位を捨てて・・・・


菩提樹 紀元前2世紀(制作年代)
インド②
お釈迦様はボードガヤの菩提樹の樹の下で悟られた。




その後、
鹿野苑(ろくやおん)で初めての説法をしました。
初転法輪です。
初転法輪の跡(ダーメーク スツーパ)
ダメーク スツーパ 初転法輪の跡
鹿野苑は 鹿のいる園 の意だそうです。インドの仏教霊地。
       ベルナスの北東10km 現在のサールナートです。

法輪
初転法輪





涅槃 2世紀(制作年代)
インドの仏様①



ナーランダ大塔 址
インド② - コピー
5世紀ごろの繁栄した修行の場です。
ナーランダ大学 (世界最古の大学のひとつ)
当時 10000人位の学僧 2000人の指導者いたそうです。
玄奘もここで学びました。
このころ仏教は必死の巻き返しの時代です。
そのためにヒンドーの影響を柔軟に受け入れます。
ヒンドーの影響をうけた仏像は多く日本にも沢山あります。
 (それにしても その堂々たる菩薩さまを何点か拝見することできました。)
日本には
摩利支天 (イノシシのヴュシヌシ神から )や 不動明王 (シバ神)等があります。
ここには
レンガ造りの多くの僧院建ち並んでました。
が、
12世紀にナーランダは完璧に破壊されてしまいました。



       ・・・・・



かなり以前、私はシルクロード(仏教という事でインド以東)に興味を持って
(現地には行ってませんが、)
激しく燃えた時期がありました。
法隆寺 東大寺 正倉院 (ササン朝なども)
おそらく 修学旅行 の影響があったのでしょうね。

たまたま、
このたび この展覧会とテレビの影響で会場に足を運ぶ機会に恵まれましたが、
今にして思えば 情熱の割には あの頃も(今もデスガ)知識も意識も浅く・・・・。
結局 同じ事の繰り返しを 確認してるだけ・・・。
深く追求するパワーはありません。
戻れませんし
(むしろ、考えや意識の変化を止められません。)
いくつになっても
浅く、広くの断片的な知識のはぎあわせ・・・・で
上っ面の意識の変化がダラダラ続いてます。









[ 2015/03/18 15:40 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)

セレクション展

都美館で
セレクション展をみてきました。
新鋭美術家です。

セレクション
今年は5人の作家による30点




[ 2015/02/28 22:59 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Baroque

Author:Baroque
ここに引越しました。
本は友達!
絵(ルネッサンス・マニエリスム)音楽・お相撲・歌舞伎・お能・文楽・落語、・食べること大好き。

・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Baroqueの優雅な昼下り
  http://fzksakura.blogspot.com/
もよろしく。

最新トラックバック