Baroqueの優雅な昼下り②

ここに引っ越してきました
Baroqueの優雅な昼下り② TOP  >  2011年12月

オランダ、ドイツ、三笠の山、インド、エジプトの月

クリスマスの翌朝から今朝までNHKFMで3日間バッハのクリスマスオラトリオでした。1日に1部づつでした。
トム・コープマン、アムステルダム・バロック管弦楽団・同合唱団でした。
早朝6時に録音してますので夜になると聴いてます。
よかった・・・。やっぱり新しいです。(あ~ア、録音しておけばよかったア・・・?
消してしまいました・・・・。)


     ・・・・・♪・・・・

三笠会館のカレーライス ↓
なんと、三笠会館にはハヤシライスがありません・・・。
三笠会館(銀座・本店)にハヤシライスがないとは・・・・

同じイワユル ‘ 洋食屋 ’でも、ハヤシライスはそれを目玉にしてる
丸善(日本橋)、泰明軒(日本橋)、黒船亭(上野)

群を抜いておいしい!!!
☆の数を沢山つけたいです。
日本橋、上野デスネ。
浅草の事は残念ながらよくわかりません・・・。


♪ゆえに三笠会館銀座ではカレーにしました。
 チキンカレーしかありません。
 (このたび入門するエジプトの○○くんは
  チキンカレーならいいでしょう・・・)

三笠山の鹿の図案もかわいらしい、スプーンは銀風味で重みもちゃんと着いてました・・・。
三笠会館
[ 2011/12/28 22:56 ] 徒然 | TB(0) | CM(0)

ナイル川

初のエジプト出身の力士が誕生するようです。 ↓
もう、とっくにtwitterでは皆さま 四股名を考えてる様子でした。
ナイル川とかフアラ皇(字は忘れました・・。)とか・・・。

(理事になっても身長計測係の貴乃花親方・・・、
 親方の左手に注目・・・・
 審判デスカ・・・)
jjp_m0011912119.jpg
貴乃花
>
昔は ‘ の ど か ’だった事もあるようです。
小柄な志望者には
計測する親方は 
まず下をみて ゆっくりと上をみて ‘173,3cm' などといってくれる親方もいたようです・・・。


[ 2011/12/26 22:58 ] 大相撲 | TB(0) | CM(2)

白イルカ

ナショナルジオグラフイックから・・・。
ロシアの北部の白海で撮影されました。↓
トラベル・フオトグラフアー・オブ・ザ・イヤーの冒険心部門での最優秀作品に選ばれたそうです。
geo_white-sea-russia-diver-beluga-whale_46252_big.jpg
メルビルから何年・・・・
のどかです。
イルカですが・・・・


img419.jpg
[ 2011/12/26 22:15 ] 徒然 | TB(0) | CM(0)

玉ノ井親方が・・・

玉ノ井親方(元大関栃東)が登場するそうです。 ↓
次回のブラタモリは・・・
江戸の盛り場 両国編
トッチーが案内です。
1月5日(木) 午後10:00~10:48
img418.jpg
[ 2011/12/25 21:46 ] 大相撲 | TB(0) | CM(0)

相撲12月号増刊

誕生!新大関稀勢の里
相撲 12月号増刊
ベースボールマガジン社
届きました・・・・ ↓
12月号増刊
[ 2011/12/18 16:21 ] 大相撲 | TB(0) | CM(0)

稀勢の里弁当

稀勢の里弁当が発表になりました。 ↓
初場所は 萩原家の梅干の味 を楽しみます・・・。
(関取弁当は国技館のみの発売なのでそうですね。シラナカッタ・・・・)
img413.jpg
[ 2011/12/18 15:01 ] 大相撲 | TB(0) | CM(0)

ニューヨークのクリスマス

ニューヨーク名物ロックフエラーセンターのクリスマスツリー・・・・
ことしもやってきました12月が・・・
NY在住のnoooooonさんが今年もTreeを写してくださいました。 ↓
(有名なスケート場も)
うれしいです。
ロックフエラーセンター


これは何でしょう・・・ ↓
Artでしょうか・・・
DSC00114.jpg

[ 2011/12/17 19:35 ] 徒然 | TB(0) | CM(0)

カール・リヒター三昧

今年の十二月は ‘カール・リヒター三昧’ に決めました・・・
十二月はクリスマスの季節なので
生涯をバッハに捧げたカール・リヒターを聴くのがふさわしいとおもいました。
リヒターのCDは何枚かあります。
12月はクリスマスの月でもありますが、
礒山雅訳、‘クリストフ・ヴォルフ著の ロ短調ミサ曲’の完成の影響が大きいと思います。
そこで リヒターのロ短調ミサ曲のDVDを さっそくアマゾンに注文しました。届きました。
このDVDは
1969年9月リヒター43歳の時のDVDです。
ドイツ・バイエルン州・アマー湖畔デイーセン市のクロスター教会での演奏。 
カール・リヒター
バッハはドイツのアイゼナッハで生まれました。アイゼナッハは宗教改革のマルチン・ルターがラテン語の聖書をドイツ語に翻訳をした土地として有名です。この耀かしいいわば聖地は大バッハ生誕の地でもあります。バッハはこの事を生涯誇りにおもってたようです・・・・。

ですが、
ライプチッヒ時代の中頃からカトリック音楽のコレクションをはじめたそうで
古様式教会の研究もしはじめたという話もあります・・・。
バッハのロ短調ミサ曲はカトリック教会音楽の系譜に連なるというのは常識とされてるそうで、バッハはドレスデンのためにカトリック教会音楽を書いたなどともいわれてるようです。(礒山氏を参考)


わたしは今回 ロ短調ミサ曲のDVDを買うことを決めた時、どれにしようか真剣に悩みました。
礒山氏が一番に薦めてる ジョン・ネルソン指揮・ノートルダム聖歌隊 も考えましたが
リヒターにしました・・・・。
[ 2011/12/16 23:31 ] 徒然 | TB(0) | CM(0)

六本木ヒルズ(H.23/12)

毛利庭園から楠越しに六本木ヒルズ眺望 ↓
(さすがの楠も小柄にみえます。)
楠木



毛利甲斐の守邸だったようです 。
(事件当時の藩主3代目毛利綱元・つなもと は名君だったようです。) 
旧跡旧跡

宇宙メダカ  
メダカ
池
水面にうつる紅葉もうつくしい・・・・・ ↑




ほぼ右側の石のすきまを上から下へ水が流れてます。
(とうとうたらり・・・・)
石


        ・・・・♪・・・・


六本木ヒルズ・森美術館にいってきました。
歌川国芳展をみるためです
が、
その国芳展は12月17日からでした・・・
早すぎました・・・・
国芳の足柄山の金太郎さん(坂田怪童丸といわれてる)をみにいったのですが
早すぎました。 
怪童金太郎さんカワイイ・・・。
大きな鯉デスネ。
国芳
↑ そういう事で やむをえずといいましょうか思いもかけず
毛利のお殿様のお屋敷のお庭を拝観できました・・・・
(テレビ朝日のビルの廻りは毛利庭園の落ち葉がカラカラと舞ってました・・・。)




            ・・・・♪・・・・


銀座です・・・
東京・銀座・資生堂・・・
資生堂のハヤシライス 
資生堂
今どき 銀座でハヤシライスを食べる人っているかしら・・・・?
厳(おごそ)かに資生堂ハヤシライスの登場です。
でも、
わたしのような大食いにはスプーンが小さすぎます(誠に残念・・・)
しかもそのスプーンは銀にも銀風味にも思われませんでした・・・・
[ 2011/12/15 21:21 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)

七世松本幸四郎襲名百年

七世松本幸四郎襲名百年公演・日生劇場にいってきました。
七世幸四郎さんの曾孫にあたる
市川染五郎、尾上松緑、市川海老蔵さんを中心にしたお芝居です。
その曾孫の三人の正装での口上がありました。  ↓
関取の正装と同じです。(先日の稀勢の里関の・・・)
ステキでした・・・・

幸四郎
海老蔵さんの勧進帳、弁慶がとてもよかった・・・。
わたしは勧進帳が大好きです。
‘またかの関’といわれてますが、安宅はいいわ。
海老蔵さんいつの間にこんなにうまくなったの・・・
たまげたわ・・・。
勧進帳を読み上げる弁慶解釈もある意味新鮮
歴代最高の海老蔵候補です。

     ・・・・・・♪・・・・

この三人のお父さんが従兄弟どうしで当代松本幸四郎、三代目尾上松緑・辰之助、当代市川団十郎
     お祖父さんが兄弟どうしで八代目松本幸四郎、二代目松緑、十一代目市川団十郎 ↓の写真
100年記念
やはり紋付羽織袴姿です。(おすもうさんとおなじです)
[ 2011/12/14 21:57 ] 劇場 | TB(0) | CM(2)

チケット

日本相撲協会公式サイトから
top_image_201112_3.gif

販売状況は ↓ です。
[ 2011/12/12 12:11 ] 大相撲 | TB(0) | CM(0)

新大関稀勢の里 !

日本相撲協会公式サイトから ↓
img407.jpg


鳴戸部屋のHPから ↓
稀勢の里インタビュー



初々しい17歳9ヶ月で新十両萩原 ↓
新十両紹介萩原http://www.youtube.com/watch?v=qqALguzd_7Q&feature=player_detailpage#t=39s

かわいい・・・
言葉数は少ないのがいいです。
云ってる事が現在にいたるまで全くぶれない・・・・
凄い・・・・・・。
[ 2011/12/07 21:05 ] 大相撲 | TB(0) | CM(0)

新聞

きのうの産経新聞の 正論 です。 ↓
img404.jpg

img406.jpg
[ 2011/12/07 13:38 ] 徒然 | TB(0) | CM(0)

日本相撲選手権

テレビで中継された日本相撲選手権を録画しました。↓
国技館で開催されました。
プロの大相撲と雰囲気がやや異なるので
面白いです。
201112042051000.jpg


準決勝4人のうち3人が日体大学生か出身者 ↓
201112042100000.jpg



松永六十四が優勝しました。(一般・日体大出身)
201112042039001.jpg


大忙しの日体大の齋藤監督 ↓
決勝戦に向かう松永の締め込みの文字についた砂をはらってる齋藤監督
201112042105000.jpg

過去の優勝者尾曽武人(武双山・藤島) ↓
201112042054000.jpg


加藤精彦(高見盛) ↓
201112042056000.jpg

内田水(普天王・稲川) ↓
201112042057000.jpg

大西(嘉風)  ↓
201112042059000.jpg


録画出来てよかった。
わんぱく相撲はいつだったかしら・・・・。
[ 2011/12/04 23:52 ] 大相撲 | TB(0) | CM(2)

南蛮美術展

泰西王侯騎馬図屏風をみてきました。
ミッドタウンのサントリー美術館です。
ただ今のわたしにピッタリの展覧会です。

若き日の 北原白秋、吉井勇、与謝野鉄幹、木下杢太郎、平野万里 ら5人が
天草を旅した時の五足の靴という紀行文があります。異国情緒、南蛮文学は
意味もわからず私も興味を持つ分野のひとつでした。
バテレン、隠れ切支丹、IHS、などわくわくします・・・。
ふるえます・・・。
この屏風にも興奮させられます・・↓
南蛮
この展覧会の図録の解説に 坂本満氏や岡泰正氏の文が載ってます。
それを読んで一番驚いた事・認識した事は南蛮船の交易期間が短いという事です。
1549年(イゴヨロシク)のキリスト教伝来~1614年の徳川秀忠の禁教令までは65年です。
こんなに短い期間に日本はずい分沢山の異文化を受け入れました。すごいです。


↓の写真はリスボンのジェロニモス修道院です。16世紀初期のものです。
まさに大航海時代の栄華を反映させた壮麗な建物です。
ポルトガルの建築様式のマヌエル様式も取り入れたレース細工のような繊細な彫刻が特徴的に美しいです。
国王マヌエル、同妃、ヴァスコ・ダ・ガマ、ルイス・デ・カモンイスなどがねむってます。
日本の天正遣欧少年使節団の少年も訪れたそうです。
びっくりしたでしょうね。平成の今でも私はその豪華絢爛さに驚いてます・・・
このジェロニモスはヒエロニムスと同じだそうです・・・
305622201_b12f56cb66_z.jpg


↓はその少年達が宿泊所としていたサン・ロケ教会です。
修復中でした。裏側からの写真です。
天正少年
天正10年(1582年)長崎を出発した少年達はマカオ、ゴア、を経てリスボン到着、滞在中スペイン、イタリアを訪問してます。天正18年(1590年)グーテンベルクの印刷機などのおみやげを持って帰国。その間に秀吉によってバテレン追放令がだされてました。

少年というのでな~んとなく親しみやすい感じがしますが
彼等は大名の名代、つまり大名の子息達です。殿様になるような若様達でした・・・。

私は若い頃切支丹弾圧可哀相 と思ってた人でしたが
今は違います。国が守れてよかったと思います。時の覇王のおかげです。
スペインがイスラムとの戦い着けた戦力でもって想像を絶する残酷さでアステカ、マヤ、インカ文明を滅ぼしたという事を聴いた事がありますので・・・・。ふるえます。



↓の写真はスペイン観光のときに
道端で買ったものです。
A3位の大きさの世界地図です。
裏側に1570年の年号が印刷されてるのがみえます。
そのころの世界地図です。日本の形がおもしろいです。
地図


切支丹で思い出す本に ↓があります。
白樺派の長与善郎の 青銅の基督 です。
主人公の
萩原裕佐は鋳物職人です。
切支丹の娘モニカに失恋しました。
信者ではないので
役人からの依頼で踏絵の制作を引き受けました。
この青銅の基督が傑作でした。
これが傑作でしたので 悲劇を生みました。
モニカは踏みません。
他の絵を踏んだ切支丹も踏みません。
モニカに似てる遊女君香は切支丹ではないのに踏みません。
萩原裕佐は疑われます・・・
こんなにすばらしいのは信者なのではないかと・・。
彼自身も踏みません。
悲劇の処刑です。
青銅の基督
(注:↑は私の記憶で書きました。)
[ 2011/12/03 18:57 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)

牛久市

牛久市のお店では
大関スペシャルコースでお祝いです。 ↓
img403.jpg

わたしのケータイMailの着ボイスは稀勢の里関です。
数年前、日本相撲協会がサービスで無料で配信しました。
♪稽古も大事、Mailも大事♪

[ 2011/12/03 16:26 ] 大相撲 | TB(0) | CM(0)

千葉県松戸市

千葉県松戸市の公式HPから ↓
松戸市すごい!
3大関が住民です・・。

松戸市役所に張られた横断幕。↓
Afn-n7mCAAQFTFU.jpg

歩道橋にも・・・・↓
AfpJ2luCIAAtUC5.jpg

Twitterさんの影響を受けました・・・・↓
@matsudo_city
[ 2011/12/02 23:13 ] 大相撲 | TB(0) | CM(0)

茨城新聞

茨城新聞です。↓
img402.jpg
Twitterさんの影響で茨城新聞を捜しました。 ↑

金屏風の前で使者を待つ事13分・・・・。
13分も待たされたとは・・・・。


ニ所ノ関親方、湊川親方ずい分遅れましたね。
[ 2011/12/01 23:58 ] 大相撲 | TB(0) | CM(0)

稀勢の里

‘大関の名を汚さぬよう、精進します’

御両親は稀勢の里に電話で誘われて駆けつけたそうです。
なにかと出しゃばるモンスターペアレンツが多い最近ですが・・・
慎みのある御両親のように思います。
この親にしてこの子ありですね。

御両親様おめでとうございます。

*ところで先代はお子様はおりますの?男?女?いくつ?未婚?
*それから 稀勢の里弁当の中身は?(河童巻や納豆巻がいいと思います。)

20111130-693230-1-N.jpg
[ 2011/12/01 23:08 ] 大相撲 | TB(0) | CM(0)

新大関稀勢の里誕生

新大関誕生
稀勢の里関は大関に昇進しました。
おめでとう。
ひとりの大関誕生にはドラマがありました。
大関誕生までにはさまざまなドラマがあります。
いつの世にも、
おそらく神代の昔からそうだったのでしょう。
img395.jpg

(一夜明けて 写真入れ替えました。先代夫人です・・・↑)


[ 2011/12/01 19:22 ] 大相撲 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Baroque

Author:Baroque
ここに引越しました。
本は友達!
絵(ルネッサンス・マニエリスム)音楽・お相撲・歌舞伎・お能・文楽・落語、・食べること大好き。

・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Baroqueの優雅な昼下り
  http://fzksakura.blogspot.com/
もよろしく。

最新トラックバック