Baroqueの優雅な昼下り②

ここに引っ越してきました
Baroqueの優雅な昼下り② TOP  >  2015年11月

H2A 打ち上げ成功

24日、初めての海外の民間企業から受注した人口衛星を載せたH2Aロケット29号機は、
種子島宇宙センターから打ち上げられ およそ4時間半後、予定の軌道に投入し、打ち上げは成功しました。
打ち上げを行なったのは、三菱重工業とJAXA。
H2Aロケットは23回連続で打ち上げに成功しました。
H2A打ち上げ成功 衛星を軌道に投入

衛星の打ち上げをめぐる国際市場の競争が激化してるそうです。
日本が、悲願の国際市場への参入に弾みがつくと期待されてるようです。



[ 2015/11/25 22:02 ] 徒然 | TB(0) | CM(0)

藤田嗣治展

藤田嗣治展に、いってきました。
竹橋の国立近代美術館です。
美術館が持っている藤田嗣治の全作品だそうです。


藤田嗣治展

藤田嗣治展は、今回はパスとおもってましたが、
偶然、この時期に 捜してた 自分の藤田作品の写真がみつかりましたのでその お祝いの絵画鑑賞になりました。
休館日の関係で、 雨降る寒い本日になってしまいました。
現場に行けば、必死になります。
画集を漠然と眺めるのとは やはり違います。
新しい発見もあり いってよかった。

戦争画は、見るのが苦しく 出来れば通り過ぎたい とおもってますので、
画集の写真もしっかりみてません。
逃げてばかりいるのは・・、責任回避・・(?)と反省して
恐らく初めてかしら? 
拝観させて頂きました。
藤田嗣治は、
お父上様が、軍医総監(中将)であったそうで、軍人としてtopクラスの一族・環境に生まれ育ちました。
戦後、国はフジタを守ってくれませんでした。
日本の全てが、全ての国民の最も苦しい時代でした。

GHQによって戦後接収され
1970年になって返還(無期限貸与)されました。
今回は、
153点の戦争画の中の藤田嗣治の14点全て。
14点全ての公開は初めてなのだそうです。
画集の写真や、展覧会などでも
外国の西洋の戦争画や、日本の歴史上の戦争画は、よく目にします。
が、
身近で、この度の・・・・という事なのでしょうか、
直視しては申し訳ないような 不思議な思いに気つきます。
70年前という事 にも、助けられました。
クールに醒めたフジタの技術にも助けられました。
そんなに苦しくはなかった。

でも これ以後、あまり見ることはないのではないかしら・・・・。

しかし、アメリカは凄い。
しっかり いい作品群をもっていってしまいました。
そして、25年経過して返還(無期限貸与)。














[ 2015/11/25 19:53 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)

村上隆の五百羅漢図展 

今日は、六本木です。
なんか久しぶりの感じがしますが、そうでもないのです・・・・

村上隆の五百羅漢図展 を、みてきました。
少し前に 江戸東京博物館 で、
狩野一信の五百羅漢図展 をみて 圧倒されたこ事を、おもいだしてます。
かって
川越の五百羅漢像 にも、圧倒されました・・・・(^^♪
今回も、
凄い 圧倒されました。
私がみたなかでの
3大圧倒五百羅漢 の一つになりました。
村上隆



絵ハガキを買いました。
白虎ですね。  ↓
玄武
青龍
朱雀 の4部門にわけての五百羅漢図です。
村上隆 (2)
まあ、素晴らしいです。いってよかった。
村上隆氏の正確なデッサンの力強さ、作品が大きい事、庶民受けのよさ(サービス精神おおせい)
円相シリーズ 等の
材料の贅沢さ(白金や金をおしみなく使ってます。)
それらを、見る側に意識させない、上品なユーモア・・・。
お勧めデス。

村上氏は、日本美術史家の辻惟雄氏からの影響で 五百羅漢図の構想を意識し、
日本中の美術大学から200人超といわれるスタッフを集め一気に完成させたそうです。

日本のアニメはここまで成長したのかと、おもってます。
昭和生まれの画家によって・・・。



平成の記念碑の一つになるでしょうね。
[ 2015/11/24 21:18 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)

黒いマリア

3冊になりました。 ↓
南欧、フランスの地中海沿岸地帯は、あまり興味がなかったのですが、
観光に行ったおかげで 気になり始めました。
小国巡り が、目的でした。 のに、

現場の強さです。
カルマグの湿地帯・黒いマリア・・・・  これです。 
黒いマリア
黒いマリアは、神秘的・秘儀的要素が強いのかと、思ってましたが、
そうとばかりは いってません。
むしろ、反対で どうやら
地母神・自然神・健康的な母なる女神の象徴のようです。
まして、キリストのお母さんの聖母マリア様と思ってましたが、
多くはマグダラのマリア のようです。
黒いマリアは、世界中に450位あるそうです。
沢山ありますね。




[ 2015/11/22 16:19 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

北の湖理事長

日本相撲協会の北の湖理事長が、亡くなりました。
ニュースを知った時は、驚きで何もいえませんでした。
御冥福をお祈りいたします。

北の湖理事長






今年の靖国神社参拝の時
櫻の65Kb






[ 2015/11/22 00:07 ] 大相撲 | TB(0) | CM(2)

藤田嗣治

旧・都ホテル東京 の、ダイニングルームに飾られていた 藤田嗣治の作品の写真は  ↓ です。
おそらく油彩と思います。フジタの作品では、一番大きい といわれてます。
今は、残念ながら、この作品は行方不明だそうです。
20年以上前に、食事に行ったとき フジタの絵 と知り驚いて写真を写しました。
誰の絵かしら? と思い、名前を見てその‘らしからぬ絵’にびっくりしました。
(その頃は、藤田嗣治の絵の全容を知らなかったので、すぐには信じられませんでした。)

いづつや氏は、制作年代は1933~1936年頃の3年間の内ではないか と、調べて下さいました。
藤田嗣治① - コピー137KB
写真は下手で、照明器が入ッたり、公開する程のモノではないのですが・・・
貴重なものように思いますので・・・




パースのせいでしょうか、
大きな壁画 という記憶はオーバーだったような気がしてきました。
藤田嗣治③ - コピー111KB
只今、竹橋の国立近美で 藤田嗣治展が、開催中ですね。





現在のシェラトン都ホテル東京 の食堂には
もちろんこの絵はありません。
当時、私たちは
どこかで 食事でも・・・の気持ちで(庭園美術館の帰り)
‘藤山愛一郎 の・・・・’ という事で、旧都ホテル に、いったように覚えてます。
絹のハンカチ を、ドブに。
といわれてたのだそうですね。




[ 2015/11/21 18:04 ] 徒然 | TB(0) | CM(0)

おもてなし

観光旅行中のお客さまでしょうか、
たのしそうです。
Have a nice day!
アリガトゴザイマス。
おもてなし
[ 2015/11/20 23:50 ] 徒然 | TB(0) | CM(0)

プラド美術館

プラド美術館展にいってきました。
三菱一号館美術館 開館5周年記念 (赤レンガの美術館)です。
プラド美術館展ースペイン宮廷美への情熱
と、 ちらしに表されてますが、その通り・・・・情熱の国スペイン。強気の国スペイン。
img064.jpg
それにしても、同じヨーロッパではありますが、他の国から沢山、絵画を集めましたね。
自国で生まれた凄い画家も100年に一人はいますが・・・
ベラスケス、ゴヤ、ピカソ などの巨匠・・・

少し前まで、ルネサンス期の絵画を日本でみられるのは、極めて稀でした。
が、
20年になるでしょうか、ルネサンス絵画が、やってきても あまり驚かなくなりました。
フツーの展覧会になりました。
嬉しい事です。

が、やっぱり凄い。5周年ですか、(赤レンガの)三菱一号館美術館 様、おめでとうございます。
お陰様で、マドリッドに行かないでボッシュに会えました。
ハンス・メムリンク や、ミゼリコルデイアの聖母の画家(テンペラ)にも・・・。


img063 - コピー
ヤン・ブリューゲル親子の絵も見ることが出来ました。
このⅡ世ヤン・ブリューゲルの‘バベルの塔’は、初めてみました。


            ・・・♪・・・

ヨーロッパの美術館を幾つかみてると、 バベルの塔 を、それはそれは沢山見ることができます。
が、どれも
ピーター・ブリューゲルの ‘バベルの塔’にはかないません。
(3点描いたようです。ウイーンとロッテルダムにあります。あと1点は不明)
ロッテルダムのバベルの塔は、かなり前に西武美術館にきてます。
Ⅱ世ヤン・ブリューゲルのお祖父さんのピーテル・ブリューゲルⅠ世の作品です。




           ・・・・・・・・♪・・・・


東京駅
大好きな東京駅 - コピー

KITTEのホワイトツリー
本日から照明が入ります。
KITTE本日から - コピー

丸の内のイギリス洋服店の
プレセピオ
プレセピオ


[ 2015/11/20 23:06 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)

ボジョレーヌーボー

今年のフランスの新酒・・・
897円 ペットボトルに入ってます。
去年よりは、わたし好み・・・。
(去年は瓶だったかしら・・・)
値段が高いとはおもえません。
ヌーボー
さあ、飲みました。フランスの新酒。
丁度、アマゾンから 本 が、到着。
(黒いマリアの謎)
↑ そのボージョレーヌーボー。(脇役が賑やかすぎる写真です。)


[ 2015/11/19 17:20 ] 徒然 | TB(0) | CM(0)

九州場所なか日

九州場所中日、8日目
新序出世披露がありました。
琴鎌谷さん、佐渡ケ嶽親方の長男さん 右
父親の化粧廻しでの披露です。(スーパーおーばん= 親方の郷里山形のスーパーマーケット)
新序出世披露 15日



今日は 間違えて三菱一号館美術館にいってしまいました。
この美術館(のプラド美術展は、)月曜日はお休みでした。
やむを得ず 東京駅付近をウロウロ
KITTE場所のあった KITTEでクリスマスのお飾りを撮影しました。
まだ 未完成の白のツリー   ↓
KITE.jpg
ホントに雪のクリスマスツリーのようで綺麗です。




[ 2015/11/16 22:05 ] 大相撲 | TB(0) | CM(0)

グラス

グラスが増えてます。
モナコ、サンマリノ、バルセロナ で買ったグラスが加わりました。
グラス
おにぎり 食べたい・・・
お茶付けも・・・・




[ 2015/11/13 16:44 ] 徒然 | TB(0) | CM(0)

折り紙 鶴

外国、特に欧米では、折り紙に人気があり歓迎されるのをみて
私も、タブレットで 折り鶴 の練習をしてみました。
何とか頑張って 2羽の鶴 を、折りました。
折り紙 鶴


[ 2015/11/11 17:00 ] 徒然 | TB(0) | CM(2)

関の五郎丸

岐阜県関市にある関善光寺の仏像の合掌のポーズが、
 五郎丸ポーズに似てるという事で 参拝者が、3倍になったそうです。 ↓
五郎丸仏
住職さまのお話では、100年位前に中国から伝わったという事です。
3m もある銅製の坐像。
大日如来ですね。

[ 2015/11/11 13:35 ] 徒然 | TB(0) | CM(0)

4半世紀ぶり・・・

MRL初飛行!
国産航空機 MRJ は、初飛行に成功しました。
国民悲願の国産航空機 MRJ の試験飛行は 
県営名古屋空港から飛び立ち めでたく 着陸しました。
YS11以来の4半世紀ぶりです。
国内航空機産業振興に期待が高まります。
部品メーカーにも波及効果があるでしょう と、期待を持ち過ぎてます。
MRL初飛行 国内航空機産業の振興に高まる期待部品メーカーにも波及効果




初飛行を前に円陣を組むスタッフ
出発前円陣を組むスタッフ - コピー
動画を見ましたが、
宇宙から還ってきた飛行士 と、比べると
この度の飛行の方々は あっさりと機外にでてきました。
5名のようです。嬉しそうに。 みんな若い!

[ 2015/11/11 12:30 ] 徒然 | TB(0) | CM(0)

アンドラのプレロマネスク教会

ピレネー山脈の山の中の小さな国 アンドラ共和国 
この辺りはフランスの南西部、スペインの北東部になります。
11世紀頃までにプレロマネスク様式の教会の建物が沢山あります。
プレロマネスク様式は、西ヨーロッパで生まれ、主にフランスを中心に広まったそうですが、
レコンキスタの影響などもあり このピレネーの山の中では流行ったそうです。
必ず、Belltower があります。
タクシーで紅葉、黄葉の中、 4~5個の教会を見て回りました。
前に4つみてますので 計8っつのプレロマネスク様式教会見物でした。
(ガイドブックで、調べましたが、あまりきちんとした制作年代は、分かりません)

かなり高い場所に登りました。
学生ふうの若者2~3人が 自転車で到着!
お弁当を食べてました。
ロマネスク教会聖クリストフアー
ロマネスク教会・聖クリストフアー
部分13世紀成立、16世紀のもの。
belltowerが2階にあり、これはアンドラで唯一だそうです。


町の方に少し降りてきて の教会
モザイクの絵の飾りがありました。
モザイクの教会
名前が分かりません。
調べてみましたが、ガイドブックにも登場してません。
いわば、
日本の地方都市のちょっとした あまり有名でないお寺か、神社のようなものでしょうか。



町の中に溶け込んでます。
部分12世紀 17世紀の設立のようです。
国民の集会場が繋がっていて、博物館もあるようです。
聖コルネリ 聖セブリア教会と集会所
聖コルネリ・聖セブリア教会と集会所




町のなかの、いわば坂の上の教会
聖クレメンス教会
聖クレメンス教会


このあたりのプレロマネスク教会群は、そうプレというよりはプテイといってもいいくらい 小さな建物の教会群 です。
お土産やで買ったガイドブックにはプレが付いてなくてロマネスクとなってます。
8っつ中、内部の見学が出来たのは一つでした。古いフレスコ壁画(天井は18世紀の新しいもの)でした。

小さな教会で思い出すのは、キプロス島のキプロス共和国の山の中の教会群です。
東方正教 系列の教会でした。
地域上、石のがっちりとした 民家風のように・隠れるように密やかに
内部は これでもかのすばらしいフレスコ壁画の 12月に訪れたキプロス島の教会でした・・・。




[ 2015/11/09 22:40 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

スイス等

観光旅行で、時間を持て余しては・・・・・と、の思いから

葉室麟の蜩ノ記・ひぐらしノき (軽い文庫本、読みかけ、を もってゆきました。)↓

蜩ノ記
あまり読めませんでした。


環境があわないのです・・・・
スタンプ、ワイン、葡萄畑、聖ミカエル教会、
シャンパンブレックフアアスト、クロワッサン・・・・。
蜩ノき
もっと、あわない状況も、経験したことは、あるでしょうが・・・・・
なんか、読めませんでした。





・・・・スイス・・・・について
スイス連邦は、正式名称は4種の公用語示されるそうです。
但し、コイン等の様に余裕がない場合は、ラテン語になるそうです。
ラテン語 : Helvetia(ヘルヴェテイア)

ドイツ語 : Schweiz
フランス語 :Suisse
イタリア語 : Svizzera
ロマンシュ語 : Svizra ←絶滅の危機の語
えーと、英語は : Switzerland......。
そういえば、オリンピックの時、なんか思ったようにおもいます。



御嶽海関!!
御嶽海関
尾車親方の 話
江戸の大関 より、故郷(くに)の三段目・・・・。
[ 2015/11/04 21:44 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

海老蔵さんのブログから

海老蔵さんのブログから
11代目団十郎 の五十年祭記念公演
海老蔵さんの長男 勘玄くん 本日(11月1日) 初お目見得です。
藤十郎さん、お若いですね。
歌舞伎史上に残る舞台を引き締めてくださいましたね
勧玄くん


[ 2015/11/01 20:41 ] 劇場 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Baroque

Author:Baroque
ここに引越しました。
本は友達!
絵(ルネッサンス・マニエリスム)音楽・お相撲・歌舞伎・お能・文楽・落語、・食べること大好き。

・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Baroqueの優雅な昼下り
  http://fzksakura.blogspot.com/
もよろしく。

最新トラックバック