Baroqueの優雅な昼下り②

ここに引っ越してきました
Baroqueの優雅な昼下り② TOP  >  2016年08月

西畠清順と愉快な植物たち

西畠清順と愉快な植物たち 展をみてきました。
ホント、愉快な植物たちです。
西脇清順植物図か
暑い中 無理して立ち寄った甲斐がありました。
たのしくなる 展覧会です。

西畠清順の名前は、数年前ラジオで聴きました。
おもしろいなあ と思ってましたら
少し前にテレビに出演してました。
そしてあっという間にさらに有名になりました。

狭い銀座のギャラリーで
どのように展示するのかなあ と興味がありました。
いろいろ珍しい植物がみられてよかった。

プラントハンターといわれてます。
が、
世界中から収集した植物を 売る 職業。
150年続く植木の卸問屋に生まれ
それを生かして の仕事・・・
見事ですね。

かって、ヨーロッパの王侯貴族達は、
世界中の植民地から、
不思議な動植物を集めるのが、ステイタスシンボルでした。
土地と博物学的動植物を求めて・・・・
胡椒やお茶もふくまれるのでしょうね。


            ・・・・・・・・♪・・・・・・



ところで
僕は選ばれなかった
僕は選ばれなかったの・・・・
[ 2016/08/27 23:39 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)

ベラルーシ大使館

ベラルーシ大使館です。
池田山の高級住宅地
(皇后陛下の御実家近く・・・・)
旅行の説明会ですが、
大使様も御挨拶してくださいました。
(イケメン通訳の外交官と共に・・・・・)




国旗ベラルーシ国旗IMG_20160825_225431 - コピー
ベラルーシ国旗
大使館内から見ました。




ベラルーシ大使館池田山


大使様 と、通訳の外交官プーシキンさん
大使と通訳 - コピー




1991年にソ連から独立した新しい国(人口950万人)です。
ベラは白
ルーシはロシア
昔から 白(はく)ロシアと呼ばれていた地方が
あったような気がします。
白はこの場合 ‘西’ を、意味するようです。
19世紀末に民族自決(この言葉の意味がよく分からない)の運動が高まる。
過去に
バルト3国、ポーランド、フランス、(ドイツ)、モンゴル、ロシアなどに組み入れられました。
移住をする人の多い国です。
(現在、ロシアと経済統合をめざしているが、うまくいってないそうです。
基本的に親ロシアの政策なのだそうです。)

チェルノブイリの被害がウクライナよりも風の具合で大きく
最も重要な地域だそうです。
規模も被害のおおきさもも比べにならない程
小さかった
福島に対して今でも救援してます。

農業国で、かっては豊かな自然によって、フランスにお金を貸してた事もあったそうです。
今は、IT産業が盛んな国です。

ヨーロッパに残された最後の原生林ベラヴェジの森があります。
沢山の湖の国。


ストローで造られた民芸品が飾られてました。
おみやげ

ヨーロッパバイソンのポスターも ありました。
ヨーロッパバイソンのポスター



ミール城
首都ミンスク(190万人)から100km程の所のある15世紀末のゴシック様式の貴族のお城
(完成は、16世紀にルネサンス様式として)
ミール城14Cゴシック様式


じゃがいもが採れるお国です。
じゃがいもの種類は250種以上もあるそうです。
じゃがいものパンケーキ
ドラニキ ↓
トラニキ
それから スメタナ というサワークリーム
      バルサム という40%のアルコール飲料!
など・・・・・。
そうそう、あのシャガール生誕の地であります。

*なお、ベラルーシは 世界一美人の多い国だそうです。
  美人の産地 とでも、いうのでしょうか。
BEAUTY 見てるだけでうっとり










          ・・・・・・・・♪・・・・・・



ねむの木公園のもう一つの入り口
皇后陛下

[ 2016/08/26 20:48 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

400mリレー銀メダル

400mリレーの銀はうれしいニュースです。
イケメンのケンブリッジさんにも だれ!? という感じで引き付けられました。
なんでも、今回の銀色に輝くメダルは、 技術の日本のバトンパス の勝利だそうです。
誰かが計算しました
個人が走ってるタイムの合計は、5位6位以下・・・・
バトンパスの速さの勝利・・・・・・・・♪
”先輩からバトンがつながってる・・・・”
日本短距離界が、挑んできた努力と研鑽 のたまもの
無題 - コピー
肉体的に劣り
すり足の伝統を持つ日本人は瞬発力の短距離は不得意とされてきました。
マラトンのように持久力を要するのは強いです。
チームワークもお家芸です。それにたゆまぬ努力と技術の研鑽の伝統!
めでたい事です。

ボルトが気にかかってて
ジャマイカて何処? とおもってました。
そのケンブリッジもお父さんがジャマイカの方。
名前から英国領だったところとはすぐにわかりました。
180cm、76kg、体脂肪4%  !


過去に”人類の限界” といわれてた ”100mを9秒だったか、10秒切る” は、
尊い歴史になりました。






  
[ 2016/08/21 18:26 ] 徒然 | TB(0) | CM(0)

約400歳のサメ見つかる

約400歳のサメですって・・・・
ナショナル ジオグラフイック 日本版よりの記事
約400歳

ニシオンデンサメ
[ 2016/08/16 22:50 ] 徒然 | TB(0) | CM(0)

日章丸 出光佐三

 新聞で  ‘出光’ の事を読みました・・・・  ↓
出光新聞
出光新聞に


ちょうど イランの御本をお借りして読んでました。
日本の出光の日章丸が、イランに石油を買いに行ったというのを読んました。
その辺のところを、もう少し知りたくて  
百田尚樹 の 海賊とよばれた男(上下)
を アマゾンから 取り寄せてみました・・・・
小説は楽しい・・・
ドラマチックで解りやすく
簡単に状況を把握する事ができます。
途中まで読んでますが、
おもしろい・・・・・・!

日章丸

先の大戦は、
油戦争 ともいってもいいといわれてます。
1滴の油も採れない我が国では、
油は、
油の1滴、血の1滴。
と例えられるほど 貴重です・・・・
出光は その 先見の明 を持って
敗戦後、7 、8年にして世界一のタンカーといわれる
日章丸で、イランから石油を買い付けました。
イランは
ソ連が勝手にイランに駐留し
英国によって石油の利権を搾取され
米国の脅しに悩んでました・・・
出光は、英国、米国ある意味世界中の反撃を覚悟して
超極秘に事を運び
さらにある意味 次の油戦争に挑みました・・・・
昭和28年3月23日日章丸は神戸港を出港しました。
4月9日シャット・アルアラブ河口に着きました…
そして 4月10日 
チグリス川とユーフラテス川が合流する
アルヴァンド河( この河はイランとイラクの国境) を遡り
イラン側の大歓声の中 アバダン に到着しました。

油問題は、今でも将来においても解決できないでしょう・・・
重要性においても、廻りの環境もドンドン変わって来てます し、
変わるでしょう・・・・

 昭和20年8月は世界一貧しい国といわれた
我 日本の
自力での奇蹟の復興 に感動してます。
アジア、東欧、アフリカ、諸国様
頑張りましょう・・・・・


この度の騒動には
出光美術館の事も何か問題に含まれてるらしい・・・
ので   シンパイ。
[ 2016/08/15 13:22 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

リオ五輪

内村航平は人間技とは思えないと思ってテレビにしがみついてました
神技ですね。
その神技に
ウクライナのベルニヤフ(22歳)が、逆転されたにもかかわらず神対応・・・・
神さまと神さまの TOKYO が楽しみ!
内村コウヘイ
ウクライナに旅行したくなりました。



そしてこれです。↓
NHKラジオでオリンピックのたびに語られる
刈屋富士夫さまの名実況・・・・
いえ、伝説の名放送 ‘刈屋さんのアテネの男子体操’ ↓
   (プリントが、きたなくなりました。)
 その頃、刈屋さんが、お相撲の実況をアナウンスしてたかどうかの認識はないです・・・・。

刈屋さん
アテネだったんですね。
もちろん
あの富田洋之 ⋈◍>◡<◍✧♡ の美し過ぎる名演技




荻野公介とフエルプス・・・・
あのフエルプスと同じ人(?)と思うほど
第一線で活躍してます。
五輪21個目の金メダルだそうです。
そういえば、
オーストラリアのイアン・ソープに変わるかのように登場しましたね。
あの頃 ソープは世界選手権のほうが、活躍が目立ってました。
32歳フエルプス凄い。
荻野公介 TOKYO へ。
荻野公介とフエルプス


柔道の井上監督おめでとう。
涙って 嬉しい時ですよね。
柔道とZYUDOの差 を、認識してます。
井上康生は、玉ノ井親方と仲がいいんです。
お互いに現役の頃、井上監督は玉ノ井部屋でよく稽古してました。
相撲道とSUMODO にならないと、いいんですが・・・
[ 2016/08/13 23:20 ] 徒然 | TB(0) | CM(0)

迎賓館赤坂離宮 国宝

迎賓館赤坂離宮に入館することが出来ました。
( 迎賓館赤坂離宮は 平成21年に国宝指定を受けました。 )
迎賓館赤坂離宮増田彰久119kb
写真は増田彰久氏2009年



迎賓館赤坂離宮は明治42年東宮御所として建設されました。
当時日本の建築美術工芸の各分野を代表した人々が総力を結集した
明治文化を象徴する建造物
築後100年をむかえた平成21年国宝に指定されました。
赤坂離宮160kb
宮殿建築としてバロック様式(16世紀中ごろ~18世紀初期)の建造物の代表作の
フランスのヴェルサイユ宮殿をモデルとし
イギリスのバッキンガム宮殿を参考にして
ネオ・バロック様式(18世紀中ごろ)なのだそうです。

バロックとは、グロテスクな装飾過剰な大仰な建築に対する蔑称とおもってますが、
それは、初期のマニエリスム(16C~17C頃)からの移行の頃の事のようで、
ここでいう バロック建築は、19世紀の様式氾濫期になると 
‘国家建築にふさわしい様式’として復興してきたのをいうようです。
それを、ネオバロックといってるのでしょうか・・・・。
金と白の優雅な室内装飾はむしろロココ!
私の知ってる妖しさのロココとは
少し趣を異にしてるとは思いますが・・・・・・・・♪


お部屋はどれもため息がでるほど うつくしい。
ヨーロッパ等で沢山の宮殿をみてますが、
ほとんど、観光用になっていていわば、博物館的か棺。
ここ迎賓館赤坂離宮は生きてます。
現役の迎賓館として活躍してます。
 (個人的には、この博物館、棺は博物的できらいではないです。好きデス。)


朝日の間
壁は京都西陣の金華山織
 朝日の間75kb



2階大ホール出入口の壁面は
小磯良平の油絵 絵画と音楽
2階大ホール出入口小磯良平絵画音楽104

他に、
彩鸞の間
花鳥の間(いわゆる七宝の間)
羽衣の間(大きなシャンデリア3基)
など・・・・

昔、
たしか、東宮御所又は赤坂離宮と呼ばれてましたね。
現在の都庭園美術館が、 芝・白金の迎賓館でした。
あれから何年・・・・・。
かってニューオータニに行く時 
偶然 迎賓館前に来てしまいました。
いったいこれは、何!
正門の前で その美しさにみとれてしまいました。
な~んとなく、ものの本やテレビなどの報道でしってたのでしょうね。
赤坂離宮・旧東宮御所という事はすぐに思い出しましたが、
正門からの
全体的に透明感のある美しい優美な建物にすっかり魅せられてしまいした。
まさか
その中に入れれとは・・・・



とても、沢山の見学者で セキュリテイーに  時間がかかりました。

一句できました。
‘迎賓館  セキュリテイーで
 日焼けかな’

透明のペットボトルの水はOKですが、必ず係官の前で一口飲まなければなりません。
私も、一口飲みました。


[ 2016/08/10 18:33 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

イタリアからのお友達

陛下 金メダルの
猛暑の中
イタリアの元気いっぱいの御婦人が、我が家へ・・・・。
去年、 ボローニア駅で知り合いました。
本当に 日本にやってきました。
私の単語だけの英語です。
スマホ、タブレット、電子辞書・・・・・
あらん限りの電子機器を駆使しても
ダメはダメ・・・・ (ゴメンネ。)

よく喋り、よく食べ、よく動く
工学系のエレクトロニックな美人です。
エマヌエラサンの東京駅
日本のエレクトロンは、世界一なのだそうです・・・・
そして
人情味豊かで、人は優しい、何よりも安全・・・・・・
米国より いいんだそうです。
レオナルド・ダ・ヴィンチ のお国なのにね。

ヴェネチア・ルネサンス展をみたばかりなので
お話持ち出してみましたが、
反応はいまいち・・・・。
お寿司屋に 鯖のカラパッチョ がありましたので 注文してみました。
カラパッチョ、カラパッチョ とキャッ、キャッ と喜んでる私に
彼女はいいました。
 ‘ カラバッジョ・・・・・! ’

    ‘・・・・・・・・・・!?!’
(念のため、wikiでスペル検索してみましたが、やっぱ 字が、スペルが 違います。
 日本の 沢庵 か、空也蒸 みたいなものかしら・・・)




ビッグサイト と、 科学未来館 で開館から閉館まで目いっぱいがんばり  勉強してました。
嵐のように過ぎ去りました


       
    ・・・♪・・・



今度、移転する築地市場へ、
波除神社の雌の大獅子(大きいです。高さは台座から2,2m)
波除



 お台場のヒルトンホテルから レインボーブリッジ (埋め立て地・ステキ ステキ)
虹橋DSC_0029





浅草・・・・
物凄く 混んでます。
浅草






[ 2016/08/09 20:59 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

ウラジロカシ

気にかかってました  藝大の樹の名前を 思い出しました。
ウラジロカシ でした。
ブナ科・樫(橿) カシはブナ科の常緑高木の総称
ウラジロカシ常緑樹の樫単葉小
 ↑ 2009年7月19日のブログでした。そのときの写真

以前、ブログに載せました。その日の記事見つけることができました。
そのとき 知人の植物学者に写真を送っておしえてもらいました。
あいまいな写真から 御判断頂き恐縮の極み でございました・・・・



7年後 今年2016年7月の写真 ↓
藝大の樹①
治療を施され 術後は、いい方向に向かってるのでしょうね。
展覧会の帰り という、何の意味もない7年後・・・・。
やっぱ凄い。
7年後写真を写せるかしら・・・


こちらは、東博の今年の 牧野博士のユリノキ・・・。
20160630_113154.jpg
[ 2016/08/04 17:21 ] 徒然 | TB(0) | CM(0)

元横綱千代の富士 ②

今日の新聞記事 ↓
img132 - コピー (2)
写真がいいわ・・・・・
元・3横綱が ほとんどほほえみながらの 還暦土俵入りのお稽古
誠に 男冥利に尽きるだろう 写真です。
[ 2016/08/02 17:54 ] 大相撲 | TB(0) | CM(0)

元横綱千代の富士

九重親方(元横綱千代の富士が亡くなりました。)
千代の富士 - コピー
こんないい写真を広瀬氏より拝借・・・。
千代の富士の大相撲人生の
沢山のドラマは大相撲史の宝物 !








これは先月名古屋場所の時の写真です。
ある意味、黒いマスクも決まって  ダンデイで まさか・・・ですね。
名古屋場所先月 - コピー
[ 2016/08/01 18:51 ] 大相撲 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Baroque

Author:Baroque
ここに引越しました。
本は友達!
絵(ルネッサンス・マニエリスム)音楽・お相撲・歌舞伎・お能・文楽・落語、・食べること大好き。

・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Baroqueの優雅な昼下り
  http://fzksakura.blogspot.com/
もよろしく。

最新トラックバック