Baroqueの優雅な昼下り②

ここに引っ越してきました
Baroqueの優雅な昼下り② TOP  >  2017年06月

クエイ兄弟展

さあ、ステキな渋谷区立松濤美術館です・・・
クエイ兄弟展
不思議な雰囲気の クエイ兄弟展 に行ってきました。
ストリートオブクロコダイル 仕立て屋の店内
米国ペンシルベニア州生まれの双子のアーチスト
この展覧会の事をテレビで知りました。
初めての名前です。
テレビで虜になり、すぐ展覧会の図録を美術館に注文しました。


母と双子
母と双子
会場の 最初の作品(?) ↑




会場で釘付け
MISHIMA.jpg
題名に釘付け  ↑



クエイ兄弟
クエイ兄弟 ↑
不思議・幻想的魅力あります。
でも、どこか軽やかユーモアまで感じられます。
ポスター・イラスト・サービス精神・・・

行けてよかった。




         ・・♪・・

今日は、夜の部は岩崎小弥太記念 国際文化会館でのRAKUGOでした・・・
そう、カナダ人 桂三輝 (Katura Sunshine )さんのRAKUGOでした。
桂三枝(桂文枝師匠)の17番目のお弟子さんだそうです。
が、
心配が的中しました。
まさかの通訳なし・・・。
みんなが 笑ってるのに
笑えない・・・。

[ 2017/06/29 20:40 ] 展覧会 | TB(-) | CM(-)

落語と熊野神社

今日は落語と熊野神社でした。

賑やかな自由が丘に木立の熊野神社がありました。 ↓
熊野神社



奥の赤い鳥居は
この神社の一番古い鳥居のようです。(1822年)
熊野神社鳥居 赤最古1822年



かって谷畑といわれてたという 自由が丘 緑が丘 の氏神様 熊野神社です。
谷畑の権現様といわれ 親しまれてきました。
那智熊野神社への 熊野参りのさい
本宮の分霊をいただいて帰り祀ったのが始まりだそうです。
熊野 おはやし


古桑庵での文菊師匠の落語 二席
かみ入れ と、大山詣       

楽しく聴きました。

[ 2017/06/20 21:47 ] 劇場 | TB(-) | CM(-)

九品仏②

九品寺(浄真寺)は3回目です。
三井記念美の西大寺展の京都の九体寺(浄瑠璃寺)で思い出して
いってきました。
九品寺は江戸時代以前は奥沢城といわれたお城であったそうです。 
世田谷城主吉良氏の城もしくは同氏の家臣大平氏の居城であったようです。


閻魔大王
閻魔大王


奪衣婆(だつえばばあ) 別名葬頭河婆(そうづかばば)
だつえばばあ奪衣婆 葬頭河婆そうずかばあ
奪衣婆 葬頭河婆そうずかばあ
三途の川を渡るとき六文銭を持ってないとこの奪衣婆(だつえばばあ)に
衣をうばわれるそうです・・・
一説によると 閻魔大王と夫婦とか・・・



          ・・♪・・・





地元に住む先輩の御案内で
楽しいお寺参りができました。
地元ならではのお話を伺いながら・・・
狐と狸の取り合い
参拝の後、毛利のお豆腐などを買ったりしました。
二人で きつねとたぬき の、おそばとうどん を選び
うどんのほうが美味しく
さながら
きつねとたぬきが、そばとうどんの争奪戦のようでした。  ↑
おいしかった。

九品仏の写真  三体を横に並べるのに苦労しました。
結果、苦労の割には報われず つかれました。 




[ 2017/06/19 20:01 ] 旅行 | TB(-) | CM(-)

九品仏

九品仏・浄真寺に行ってきました。
( 東急大井町線九品仏駅下車  世田谷区)



境内には3っつの仏堂 三仏堂 があります。

施印は、
下品堂
下品下生  下品上生  下品中生 (左から)

九品仏下品下生 - コピー九品仏下品上生九品仏下品中生







上品堂
上品下生  上品上生  上品中生

九品仏上品下生 - コピー九品仏上品上生 - コピー九品仏上品中生 - コピー





中品堂
中品下生  中品上生  中品中生
中品下生 - コピー九品仏中品上生 - コピー九品仏中品中生 - コピー
中品上生の阿弥陀様はお留守でした。
2013~2023年 平成九品佛大修理事業 だそうです。




そして こちらが御本堂(龍護殿)にいらっしゃる
御本尊 釈迦如来様
              九品仏御本尊様 - コピー


          ・・・・


『観無量寿経』に説く九品往生(くほんおうじょう)の思想に基づくものである。
なお、九品往生を9通りの印相で表す教義的根拠は明確でなく、
日本において近世になってから考え出されたもののようである。

浄真寺の九品仏の場合、阿弥陀如来の印相の内、定印を 上生印 としました。



九体の阿弥陀さまは
珂碩上人(開山)が監修されたといわれる木造で
東京都指定文化財(有形)です。



また、3年に一度の おめんかぶり は、東京都指定文化財(無形になってます。
お面かぶり (4)



・・・・・・♪・・・・・・


以前の記事

2011年6月10日に 2度目の九品仏 行でした。 ↓

九品仏

浄瑠璃寺(九体寺)

当麻寺



こちらは初めて九品仏に行ったとき
2011年2月13日
雨の降る遅い時間の寒い日でした。
行けてよかった。

九品仏




[ 2017/06/19 13:20 ] 旅行 | TB(-) | CM(-)

西大寺展

三井記念美術館の 西大寺展 にいってきました。

西大寺は
奈良の都・平城京最北の
西にあります。
東は東大寺です。
相対して造営されました。

781年  称徳天皇(しょうとくてんのう) 西大寺開創をつたえられてます。

都は長岡京を経て平安京に移ります。

西大寺は鎮護国家仏教として栄えた南都六宗の都
平城京最後のきらめきとして残されました。

しかし
その後は、他の南都の寺院と同様衰退し
度重なる災害に遭い 堂塔が藍や仏像を失ってます。


再び注目されるのは鎌倉時代に入ってからです。
鎌倉時代に西大寺を復興し、真言律宗の宗教理念を広く布教したのが、
叡尊(えいそん・1201年大和国生まれ )です。
西大寺展

西大寺


今回の展覧会のチラシの写真の文殊菩薩 は、
重文 文殊菩薩騎獅像及び四侍者像 (西大寺) の一部です。
いわゆる 渡海文殊及び四侍者(今回の来館は2侍者善財童子と最勝老人)です。 
西大寺はもってるんですね。
西大寺渡海文殊及び四
鎌倉時代(1302年)



(Baroqueの参考)
ちなみに平成25年安部文殊院の渡海文殊は国宝指定になりました。
快慶作の‘文殊菩薩騎獅像及び四侍者’ です。  ↓
安倍文殊院国宝指定平成25年快慶作渡海文殊及び四侍者1203年鎌倉 - コピー
鎌倉時代(1203年)

今回の展覧会は
西大寺の寺宝だけでなく
真言律宗一門の諸仏と宝物が沢山展示されてます。

 
そして、
修学旅行では行けなかった
般若寺・元興寺・海龍王寺・白毫寺・岩船寺・浄瑠璃寺 等々の
お寺からのすばらしい 宝物 が、さりげなく・・・

元興寺鎌倉時代孝養像 - コピー
元興寺 聖徳太子孝養像  (鎌倉時代)

浄瑠璃寺の吉祥天女
感動の展覧会です。




私は 以前 浄瑠璃寺にいったときは、
吉祥天 像 を、拝観出来ませんでした。
秘仏という事で でした。 
今回、その思いを、適える事が出来ました。
うれしい事です。

この展覧会のことは ネットのブログを見て短期間の この公開を知りました。
ネットのブログに乾杯🍻・・・

この情報が ‘ 嬉しい ’ だろう 知人に
それなりの 通信手段で がんばって おせっかいにも大勢の人に お知らせしました。
吉祥天女
 浄瑠璃寺(九体寺) 吉祥天 立像 鎌倉時代(13世紀)
1212年 吉祥天を渡し奉ったとの記事がある。






そして
私は、 
なんと(南都!?) 三井記念美の売店で
吉祥天 像のフイギアを買ってしまいました・・・
コールドキャストという合成樹脂でプラスチックに似た素材だそうで
天然石と混ぜ合わせた重い物 です。(ネットで調べました。)
その内
そのフイギアの実物像が、宅配で届く事でしょう・・・




テレビなどで有名な
西大寺の大茶碗式の大茶碗も赤膚焼のが展示されてました・・・。
この式の起源は叡尊だそうで 1239年だそうです・・・。


・・・♪・・・



浄瑠璃寺
これは
もう、圧巻です・・・ね。
平安藤原期の作 国宝
九体そろった阿弥陀如来 !
九体阿弥陀堂 西方浄土の御本堂

浄瑠璃寺九体寺 左側 - コピー
9体数えられますね。

いつ造られたのかは 説明する資料がないそうです。
(1020年以後と考えられるようです・・・)
平等院の定朝様式説もあるらしい。
めずらしく地方の豪族により建立されたようで
寺院などのは消失してしまいましたが、
九体揃っての存在はここだけ。

東は世田谷にあります・・・
(江戸4代将軍の頃といわれてます。 江戸です。)





上品上生から下品下生・・・・までの9體・・。
ワタシは、、文字から知識の印象が強く
ジョウホンジョウジョウ を、
ジョウヒン と発声してました・・・・
門前の小僧様とは違います。

(東急の九品仏クホンブツは知ってます。ネンノタメ)
世田谷の九品仏!
東の完成された九体の阿弥陀様は
‘江戸時代’ と、新しいです。
東急九品仏駅下車デス・・・・





[ 2017/06/07 21:05 ] 展覧会 | TB(-) | CM(-)

みちびき

みちびき2号機の打ち上げが成功しました。


国産GPS衛星 みちびき2号機、打ち上げ成功
 高精度の位置情報、来年度から本格運用へ
6/1(木) 9:23配信

 政府の準天頂衛星みちびき2号機を搭載したH2Aロケット34号機が
1日午前9時17分、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた。
衛星を予定の軌道に投入し、打ち上げは成功した。
日本版の衛星利用測位システム(GPS)を担う衛星で、
来年度から高精度な位置情報が得られる4基体制で本格運用を開始する。

 
みちびきは電波で地上の位置を計測するための測位衛星。
米国が開発したGPSは
日本でもカーナビゲーションやスマートフォンなどで広く利用されているが、
10メートルの計測誤差がある。
みちびき4基をGPSと併用すると最小で6センチに抑えることができる。


 GPS衛星が日本から離れた場所にいるときは、
高層ビルなどで電波が遮られ、位置情報の精度が落ちてしまう。
みちびきは日本のほぼ真上(準天頂)を
長時間飛行できる特殊な楕円(だえん)軌道を周回するため、
高い精度で計測できる。

 2号機に続き3、4号機を年内に打ち上げ、
平成22年から運用中の初号機と合わせて4基体制を構築。
35年度に7基に増やし、
GPSに依存しなくても誤差6センチを実現する計画だ。
高精度の位置情報は
車の自動運転に道を開くほか、
農作業の効率化、
離島や被災地への小型無人機による物資輸送など
交通や物流を中心に幅広い応用が期待されている。

 
米国がGPSの利用を制限すると深刻な影響が及ぶため、
自国で測位衛星を構築する動きが国際的に進んでおり、
日本は23年にみちびきの本格運用を決めた。
H2Aは28回連続の成功となり信頼性を高めた。


みちびき 写真
三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は1日午前9時17分、
日本版GPSの実現を目指す準天頂衛星「みちびき」2号機を、
鹿児島県・種子島宇宙センターからH2Aロケット34号機で打ち上げ、成功した。(時事通信)


個人的に
コピペが、うまくいって
記録が成功 してこれもうれしい。
[ 2017/06/01 22:40 ] 徒然 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Baroque

Author:Baroque
ここに引越しました。
本は友達!
絵(ルネッサンス・マニエリスム)音楽・お相撲・歌舞伎・お能・文楽・落語、・食べること大好き。

・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Baroqueの優雅な昼下り
  http://fzksakura.blogspot.com/
もよろしく。

最新トラックバック