Baroqueの優雅な昼下り②

ここに引っ越してきました
Baroqueの優雅な昼下り② TOP  >  2017年07月

沖ノ島 展

沖ノ島 展(高島屋)にいってきました。
写真展です。
藤原新也さんが、‘個性を殺して記録として撮った’ といってます。
立ち入り禁止のこの島に過去3回入島を許可されてるそうです。
今年5月に取材した 写真群が 目をひきます。
img003.jpg
宗像大社は、
正式には ①沖ノ島 の沖津宮
       ②大島 の中津宮
       ③宗像本土 の辺津宮
 の三社を総称して宗像大社といいます。




①沖ノ島関係地図

宗像本土の辺津宮の境内
img008.jpg



②大島にある中津宮
img006.jpg


そして 中津宮のある大島の沖津宮遥拝所
img006 - コピー



③沖ノ島の沖津宮
img007.jpg
島内には社務所が置かれ
宗像大社の神職が、10日交代で常駐し
一日も欠かすことなく国家安寧の祈りが奉げられてます。
神職は厳寒期でも毎朝海水での禊をします。

沖津宮社殿が、造営されたのは17世紀半ばで
それ以前は、社殿を設けず
自然そのものを拝していたと考えられている。
社殿は幾度かの改修を重ね、
昭和七年に現在の形になりました。

以上
小学館 沖ノ島 藤原新也
2017年4月29日初版第一刷
より。

作者が、熱心になればなるほど 意志に 逆らって
個性、感情、人間性、生き者 が、 バリバリ見えまして

個展であるように 思いました。


[ 2017/07/31 17:20 ] 展覧会 | TB(-) | CM(-)

七月歌舞伎

七月歌舞伎に行ってきました。
夜の部です。
例の
海老蔵さん勧玄くんの登場です。
勧玄くん史上最年少の宙乗り(1階から3階まで)

市川海老蔵
堀越勧玄    宙乗り相勤め申し候
img001.jpg



堀越勧玄くん
堂々の場所入りです・・

番付は、
名前も 写真も
一流の歌舞伎役者 と同じ地位です。
4歳です。
DSC_0209.jpg


成田屋の惣領に生まれました・・
img002 - コピー



秋葉大権現 と 白狐
(秋葉原の名前の由来は、かってあの辺りに秋葉大権現を祀った秋葉神社があった事によります。
今は、上野の下谷にうつりました。少し前は地元の人は あきば といってました。
秋葉大権現は
火に纏わる神様だそうです。
今は 秋葉原の電気街は世界のAKIBAになり    AKB48 など 時は流れます・・・)


勧玄くん 
父親の海老蔵さんにしっかりと抱きかかえられての宙乗りです。
勧玄君 実に立派  驚き です。
観客に向かって 手までふってました。
可愛い・・

海老蔵さん頑張ってます。
4役6変化(?)
殺し殺されまた生きる・・・

夫(海老蔵)のために
悪事を働き理解されない妻(児太郎)
夫に殺され
夫の腕の中で(最後に理解してもらい)
妻はなくなります・・・

涙です・・・。

物語は 秋葉大権現様との関係がなんかよくわからなくなりました。
何でもいいです。



本日千穐楽 !
DSC_0212.jpg
チケット取れてよかった。
少し頑張りました。


[ 2017/07/27 22:10 ] 劇場 | TB(-) | CM(-)

戦いすんで

アレキサンドリアの季節になりました。
マスカットオブアレキサンドリアの事です。
これは うれしい 
名前の由来はアレキサンダー大王ゆかりの土地 なのでしょうね。
戦いすんで53kb

4日目(12日)藤井四段が名古屋場所を観戦しました。
NHKの招待だそうです。
‘国民の宝’同士という事で稀勢の里との対面を企画したようですが、
すでに2敗の横綱には笑顔なし・・・
この日は 白鵬との握手になりました。
藤井四段はお相撲好きで
幼稚園の時 番付表 は暗記してたそうです・・・
さすがですね。



西原理恵子氏の面白い漫画・・・ ↓
西原理恵子氏
中学校の担任の先生の御苦労がしのばれます。





パンダについて ↓
パンダ外交277kb
(産経新聞より)
[ 2017/07/24 15:43 ] 徒然 | TB(-) | CM(-)

日タイ修好130周年記念展

タイ展にいってきました。
1887年(明治20年)日タイ修好宣言により
日本とタイとの間に正式な国交が開かれました。
これは明治政府が東南アジア諸国と外交関係を結んだ最初の条約です。
本年は130年を迎えました。

タイで信仰されてる仏教は
インドから スリランカを経て伝えられた 上座仏教 です。
img236.jpg
ナーガ(蛇の神)上の仏陀像 ↑  三重にトグロを巻くナーガ上に座す 12世紀末  クメール文化の影響を受ける
(バンコク国立博物館)


日タイ交流は600年にわたります。
史料でも、琉球とアユタヤの交流が15世紀からであった事が実証されてます。
両国は多くの共通点がみられます。
仏教を尊び、国王を崇敬し、農業を基盤とした社会でもあります。
2016年10月プミポン先王陛下(ラーマ九世) が、崩御されました。
日本とタイの親善の象徴でもあられました。(↑ タイ王国文化省局長)



現在のタイ王国:は、18世紀後半に建国されました。
世界的には
イギリス・産業革命
アメリカ・独立
フランス・革命    の時代でした。

その頃の東南アジアは
フランス領インドシナ(ラオス、べトナム、カンボジア)
イギリス領 (ビルマ 、 セイロン、)   が、植民地となりました。


(なお、
インドネシアは、オランダ領でした。
インドネシアは、現在 世界最多のイスラム教徒の国です。前アメリカ大統領のオバマ氏のお母さんの、再婚相手はインドネシアのイスラム教徒なのでオバマ氏は自動的にイスラム教徒になりました。
又、インドネシアは世界最多の島で成り立ちその数は、13400余。

フイリピンは、スペイン領でした。 後アメリカ

マレーシアは ポルトガル領⇒オランダ領 後イギリス領 )

この動乱の渦の中 タイは、唯一 他国の植民地にならなかった国です。
ラーマ4世・ラーマ5世の先覚のおかげです。

タイ全図   ↓
img239.jpg


東南アジア(主に)地図   ↓
img238.jpg





今回は
主に タイの文化・仏教美術について
のみを かなり簡単に、まとめてみました。

☆黎明期(4~6世紀)
紀元後の早い時期にインドの宗教文化が入りました。
仏教やヒンドウー教美術です。

☆ドヴァアーラヴァアテイ美術(7世紀~11世紀)

☆タイ国内のクメール美術(7~13世紀)
この時期は大乗仏教がクメール文化に入りヒンドウー経文化と
融合されました。
11(末)~12(初頭)世紀はアンコールワットの時代でした。
↑の写真・ナーガ上の仏陀像 は、アンコールワット様式
12(末)~13(はじめ)世紀のバイヨン時代は、
クメール文化がタイに最も浸透した時代でした。



☆スコータイ美術 (13世紀中期~15世紀中期)
今のタイ国はスコータイにその原型があります。
13世紀前半 ついにアンコール帝国から独立をなしとげました。
これが、スコータイ朝です。
チャオプラヤー川流域における主役の交代劇で
世界史のページをかえる出来事でした。

☆アユタヤ美術(14世紀中頃~18世紀中頃)
アユタヤは、タイ中部に位置し1350年に創設され1767年に滅亡した。
417年の歴史の中で王室が外国との貿易などの中心的な役割を担ってきた。
王室の儀式はバラモンやヒンドウーにそってその儀式などはおこなわれたが、
上乗仏教を根幹として政治などはとりおこなわれれました。

金象アユタヤ時代15初
金象 アユタヤ時代(15世紀初頭)


現在のアユタヤ
アユタヤワットーマハタート
菩提樹の下・・・
古都アユタヤ



1767年ビルマ軍との戦いによりアユタヤは2度目の陥落


☆ラタナコーシン美術(18世紀中頃~現在)
1782年ラタナコーシン朝初代ラーマ1世が、
トンブリの対岸に遷都しました。
その都に名前をつけました。
一般には バンコク と呼ばれてますが、
正式名は長いです。(有名なお話です。)
バンコクの正式名
クルンテープマハナコーン・アモーンラタナコーシン・マヒンタラーアユタヤー・マハーデイロッカポップ
ノパラットラーチャターニーブリーロム・ウドムラーチャニウエートマハーサターン・アモーンピーマンアワターンサテイット・サカタトテイヤウイッサヌカムプラシット
です。
現王はラーマ10世 10代を重ねてます。




文化史
img234.jpg


 時代によって 国名 や、地方の名前が 変化し、(日本の呼び方も変わります。)
境界線も変わり、面積も変わってます  一概には まとめられず 混乱のところも多いです・・・・が、

タイには観光旅行した事を思い出してますが、
やはり ミシマ の豊饒の海 暁の寺 だわ・・・
そして
東南アジアという事で澁澤龍彦 ね。
(高丘親王航海記)

アジアの奇跡 日本 タイ。
地球の奇跡  日本。
合掌

[ 2017/07/22 17:22 ] 展覧会 | TB(-) | CM(-)

青葉の笛

昨夜のラジオ深夜便で
川野一宇アナウンサーと、レポーターとの会話で
‘青葉の笛’なる 言葉がでました。
(ワタシは、ちょうど、知人とお相撲の取り組みについて
土俵上さながらの激しいやり取りをしてましたので
青葉の笛の 内容はよくわかりませんでした。
が、
気になって ‘青葉の笛’ について wikiさま で調べました・・・


           ・・・♪・・・


文部省唱歌 青葉の笛

作詞 大和田建樹 (1857~1910
 作曲 田村虎蔵  (1873~1943)

一の谷の 軍(いくさ)破れ
討たれし平家の 公達あわれ
暁寒き 須磨の嵐に
聞こえしはこれか 青葉の笛

森繁久彌の歌  ↓
青葉の笛


一番は平敦盛(あつもり)を歌った詞
 鵯越えで有名な一の谷の合戦で
海上に逃れようとした敦盛は、
熊谷直実に呼び戻された。
 敦盛を組敷き首を刎ねようとした直実は、
14歳の敦盛に驚き逃がそうとしたが、敦盛は断りそのまま討たれた。
 その時腰に携えていた笛「名笛小枝」を歌ったもの。

二番は平忠度(ただのり)
(薩摩守で無賃乗車の代名詞として使われている)
平家都落ちの時、途中から引き返して、
和歌の師藤原俊成に詠草一巻を預け立ち去った。
 俊成は鎌倉幕府に遠慮して読み人知らずとして
「千載集」に下記の和歌を載せている。

さざ浪や 志賀の都は 荒れにしを
        昔ながらの 山桜かな



・・・・・・♪・・・・・


平敦盛
平 敦盛(たいら の あつもり)は、平安時代末期の武将。
平清盛の弟・経盛の末子。
位階は従五位下。
官職にはついておらず、無官大夫と称された。

平敦盛
平敦盛像(狩野安信筆、須磨寺蔵)
平安時代末期
嘉応元年(1169年) ~ 元暦元年2月7日(1184年3月20日)
別名 無官大夫
墓所  高野山奥の院、  須磨寺(首塚)    須磨浦公園(胴塚)
官位  従五位下
主君   安徳天皇
氏族    桓武平氏維衡流(伊勢平氏)
父母    父:平経盛、母:藤の方
兄弟   経正、経俊、敦盛




* 生涯 *
笛の名手であり、
祖父・平忠盛が鳥羽院より賜った『小枝』(または『青葉』)という笛を譲り受ける。
平家一門として17歳で一ノ谷の戦いに参加。
源氏側の奇襲を受け、
平家側が劣勢になると、
騎馬で海上の船に逃げようとした敦盛を
敵将を探していた熊谷直実が
「敵に後ろを見せるのは卑怯でありましょう、お戻りなされ」と呼び止める。
敦盛が取って返すと、
直実は敦盛を馬から組み落とし、
首を斬ろうと甲を上げると、
我が子・直家と同じ年頃の美しい若者の顔を見て躊躇する。
直実は敦盛を助けようと名を尋ねるが、
敦盛は
「お前のためには良い敵だ、名乗らずとも首を取って人に尋ねよ。すみやかに首を取れ」
と答え、
直実は涙ながらに敦盛の首を切った。
この事から、
直実の出家の志が一段と強くなったという発心譚が語られる。
「延慶本」や「鎌倉本」の『平家物語』では、
直実が敦盛の笛(または篳篥 ヒチリキ)を
屋島にいる敦盛の父・平経盛の元に送り、
直実の書状と経盛の返状が交わされる場面が描かれている。

この『平家物語』の名場面は、
のちに能『敦盛』、
幸若舞『敦盛』、
文楽/歌舞伎『一谷嫩軍記』などの題材となった。
織田信長の好んだ歌
「人間五十年、下天のうちをくらぶれば、夢幻の如くなり。一度生を享け滅せぬもののあるべきか 」

幸若舞『敦盛』の一節である。

唱歌「青葉の笛」(大和田建樹作詞、作曲・田村虎蔵)の一番は、
敦盛の最期を歌って広く知られる。(二番は平忠度)


ちなみに
アツモリソウ
Cypripedium macranthos
絶滅危惧II類(環境省レッドリスト)
Status jenv VU.png 絶滅危惧
分類
界 : 植物界 Plantae
門 : 被子植物門 Magnoliophyta
綱 : 単子葉植物綱 Liliopsida
目 : ラン目 Orchidales
科 : ラン科 Orchidaceae
属 : アツモリソウ属 Cypripedium
種 : アツモリソウ C. macranthos
学名   Cypripedium macranthos [Sw.]  var. speciosum (Rolfe) Koidz.
和名   アツモリソウ(敦盛草)
英名   Large-flowered Cypripedium


素晴らしい写真をみつけました・・・ (あまりにも素晴らしいので拝借)
アツモリソウ ↓ 撮影場所は不明(日本)
アツモリソウ1351786847 - コピー

さらに
ちなみに
クマガイソウ (栽培)
クマガイソウ




敦盛 (幸若舞)
『敦盛』(あつもり)は、幸若舞の演目のひとつ。作者と製作年は不詳。
『敦盛』(あつもり)は、幸若舞の演目のひとつ。作者と製作年は不詳。
1184年(元暦元年)(平家方の呼ぶ寿永2年)、
治承・寿永の乱(源平合戦)の一戦である須磨の浦における「一ノ谷の戦い」で、
平家軍は源氏軍に押されて敗走をはじめる。
平清盛の甥で平経盛の子、若き笛の名手でもあった平敦盛は、
退却の際に愛用の漢竹の横笛(青葉の笛・小枝)を持ち出し忘れ、
これを取りに戻ったため退却船に乗り遅れてしまう。
敦盛は出船しはじめた退却船を目指し渚に馬を飛ばす。
退却船も気付いて岸へ船を戻そうとするが逆風で思うように船体を寄せられない。
敦盛自身も荒れた波しぶきに手こずり馬を上手く捌けずにいた。

そこに源氏方の熊谷直実が通りがかり、格式高い甲冑を身に着けた敦盛を目にすると、
平家の有力武将であろうと踏んで一騎討ちを挑む。
敦盛はこれに受けあわなかったが、
直実は将同士の一騎討ちに応じなければ兵に命じて矢を放つと威迫した。
多勢に無勢、一斉に矢を射られるくらいならと、
敦盛は直実との一騎討ちに応じた。
しかし悲しいかな実戦経験の差、
百戦錬磨の直実に一騎討ちでかなうはずもなく、
敦盛はほどなく捕らえられてしまう。

直実がいざ頸を討とうと組み伏せたその顔をよく見ると、
元服間もない紅顔の若武者。
名を尋ねて初めて、数え年16歳の平敦盛であると知る。
直実の同じく16歳の子熊谷直家は、この一ノ谷合戦で討死したばかり、
我が嫡男の面影を重ね合わせ、
また将来ある16歳の若武者を討つのを惜しんでためらった。
これを見て、組み伏せた敵武将の頸を討とうとしない直実の姿を、
同道の源氏諸将が訝しみはじめ、
「次郎(直実)に二心あり。次郎もろとも討ち取らむ」との声が上がり始めたため、
直実はやむを得ず敦盛の頸を討ち取った。

一ノ谷合戦は源氏方の勝利に終わったが、
若き敦盛を討ったことが直実の心を苦しめる。
合戦後の論功行賞も芳しくなく同僚武将との所領争いも不調、
翌年には屋島の戦いの触れが出され、
また同じ苦しみを思う出来事が起こるのかと悩んだ直実は世の無常を感じるようになり、
出家を決意して世をはかなむようになる。




墓所
首塚須磨寺(兵庫県神戸市須磨区)
淡路島福良湾内のの煙島(兵庫県南あわじ市)
胴塚須磨浦公園(兵庫県神戸市須磨区)


広島県庄原市には古くから
「敦盛さん」という民謡(市の無形民俗文化財)が伝わっている。
それによると敦盛の室(玉織姫、庄原では「姫御さん」と呼ばれる)が、
敦盛は生きているとの言い伝えを頼りに各地を巡り歩き、
敦盛は 庄原に至ってそこに住んだ、という。
庄原市春田にはその玉織姫の墓といわれるものが残っている。

直実は
建久元年(1190年)
法然の勧めにより、
高野山で敦盛の七回忌法要を行っている。
また『一谷嫩軍記』では、
実は敦盛は後白河院のご落胤で、
直実はそれを知っていて、
自分の息子小次郎の首を刎ねたという記述となっている。

『平家物語』では『小枝』(さえだ)という横笛。謡曲では『若葉の笛』という。
『源平盛衰記』では16歳。
覚一本『平家物語』「敦盛最期」
熊谷寺案内:建久元年(1190年)「敦盛卿菩提供養の為、高野山に入る」

関連項目
アツモリソウ
アツモリウオ
須磨寺
須磨浦公園

平敦盛を扱った作品
長編歌謡浪曲 須磨の浦悲曲 (三波春夫)

能面 長澤重春能面集:十六

日本の民謡 曲目解説<中国地方>

古谷知新校訂『源平盛衰記』国民文庫、明治43年2月13日発行

一谷嫩軍記熊谷陣屋の場 - 小鹿野歌舞伎の紹介


能面 敦盛
十六中将

十六中将(じゅうろくちゅうじょう)
「十六」や「敦盛」は
十六歳で戦死した平敦盛を描き出した面で、能面の中でも最も若い人物を表現したものの一つです.
面の特徴は冠はありますが目や唇の形など女面のような作りです。
「十六」はまだ少年なので眉は剃り落してはいません。
「十六」は上歯だけ、
「敦盛」は上歯と下歯が作られています。
この「十六中将」は貴公子の優雅な表情を持つ
「中将」の特徴を併せ持ったような面となっていて、
名前に<十六>がついていますが眉は描き眉になっています。
中間的な性格の面なので比較的新しい型の面かと思いましたが、
伝わる作者名からするとかなり古くからあった型の面のようです。
(作者はわかりませんでした。
    写真の 面 は、 十六 ですね。)
[ 2017/07/20 16:06 ] 徒然 | TB(-) | CM(-)

美術展

落語カフエの前は ↓ でした・・・。




レオナルド・ダヴィンチ × ミケランジェロ 展
 (三菱一号館美術館)
ダヴィンチ ミケランジェロ展 三菱美術館
いってみようかなあ、と思てました。
テレビなどの報道で 見たいものを知り 天才の作品 を、拝観。
ミケランジェロの大型大理石像が期間限定 と知り 燃えました。
が、
やっぱ 天才。たち・・・
どっと、疲れが出ました。
テイラミス と、エスプレッソでイタリアを体感
イタリアの古都を忍んでました。
そういえば 不忍池の今年の蓮の具合は どうでしょうか。
↑ 
天才






さらに、その前は ↓ でした。



日タイ修好130周年記念展
タイ 展
東博平成館
日タイ友好130周年記念 タイ展



(3っつの訪問がうれしく
風邪気味であるのを 忘れて 家を早めにスタートしまた。
  重い図録2冊と 大好きなペーパーウェイトも買いました。
  その戦利品を前に 本日、まだ熱があります。
でも、風邪を忘れ、神保町名物のカレー完食!
年齢(とし)とると 不思議な風邪をひきます・・

ウトウトしながら、
お相撲を聴き
みーたんが、白鵬やぶったのを知りました。)


[ 2017/07/19 20:25 ] 展覧会 | TB(-) | CM(-)

落語

らくごカフエ 夏TEN 十年目の集大成
に行ってきました。
てん
10年目だそうです。
今回が最終回なのだそうです。
私は、平成27年の文菊師匠の結婚披露宴の会と
今回の2回目の参加です。

この会は
2003年入門の同期10人が
二つ目の時の10年前が1回目でした・・・
お花
♪ 28人抜き文菊師匠がまずtopにおどりでました。

♪  昨年の新真打 三遊亭ときん師匠、鈴々舎馬るこ師匠。

♪   そして今年秋の新真打は
      おめでとう
    桂三木男(三木助) さん
     柳亭こみち さん
     古今亭志ん八(志ん五) さん



涙涙の最終回! と、
ちらしには、ありました。

本日
最終回10名あつまりました。
と、いうことで
嬉しい事に
特別に撮影許可になりました。
てんいち




てんに

先輩文菊師匠の御指名で 新真打 鈴々舎馬るこ師匠 の締めでした。 ↓
新真打鈴々舎馬るこ 御指名の
私はお相撲さんが好きなので
そんなに 小さくならないで  といいたいです。



柳亭こみちさんは、
前日のNHK総合テレビ 江戸の落語 という番組に出演してました。
柳家こみち

関連グッズも販売されました。
手拭いは、10人分のサインの空欄があります。
もたもたと10人分ほしそうな顔してましたら、
手拭に10人分のサインを集めてきて戴きました。
うれしい・・・

😄


こみちさん↓   9月24日(月)18時開場 水天宮前 日本橋劇場 前売り1000円
柳亭こみちさん



そういえば
NHKのその同じ番組に登場してた
古今亭菊之丞師匠
(女性を演じるのが上手いといわれてる44歳)
の奥様は
NHKの女子アナウンサーの
藤井彩子さん。
月~金の午前中 ラジオに毎日出演してます。
大変な才媛で 惚れ惚れと聴いてます。



: ・・・・・・♪・・・・



本日の演目
ときんさん(天災) 
文菊さん(百川)  
三木男(大工調べ)

ときんさん  (ゴメンネ、イネムリしてしまいました。)
新真打の御披露を先日、
国立劇場演芸館でききましたよ。
この TENの世話役 まとめ役 も、熱心にやってくれたそうです。

文菊さんの 百川 は、うれしい。
いやもう
さすがですね。上手い。うますぎる。
それから、お話にもありました
今でも日本橋は頑張ってますね。コレド1・2・3 😱



ミキスケさんがんばれ!


暑い中 風邪気味 熱がありました。
 フラフラしながら
それでも 出かけました。
誠に 残念(^_^)ながら
イネムリしながらの落語でしたが、
頑張って行けてよかった。
[ 2017/07/18 17:25 ] 劇場 | TB(-) | CM(-)

名古屋場所など

3日目 
横綱初挑戦の北勝富士(前頭2枚目)は
土俵上で横綱と向かい合っただけで
‘鳥肌が立った。’といい 
勝ち残りでは目頭が熱くなったと興奮が抑えられなかったといってます。
貴乃花の20場所を抜き 入門以来15場所 の 金星は 最短金星!

元学生横綱(2014年)の北勝富士は
師匠の八角理事長(元横綱北勝海)とその師匠の北の富士さんからの
欲張り 四股名。
埼玉栄高時代は高校横綱。
日体大に進みました。

好敵手 東洋大の大道オオミチ(御嶽海)
       × 
      中村大輝(北勝富士)

(この大学選手権を 偶然ですが、私は テレビでみました。)

2011年 
2012年 は   正代×中村 でした。

え~と、 遠藤は?


・・・・♪・・・・
学生横綱

 ↑学生横綱についてのみ wiki で調べてみました。
超抜粋です。



           ・・・・・

 ↓本日の産経新聞から 
img230.jpg
ラジオで名古屋場所2日目を聴きたくて
NHKの第一放送にしましたら
衆参両院の10日は閉会中審査でした。

参考人で出席した 加戸守行前愛媛県知事の
格調高い 発言 に感動しました。


[ 2017/07/12 20:43 ] 大相撲 | TB(-) | CM(-)

2日目

2日目です。
写真は初日の稀勢の里・・・。
心配です。
パンツ
ドス子さまから・・・

[ 2017/07/10 16:23 ] 大相撲 | TB(-) | CM(-)

名古屋場所初日

暑い名古屋場所
大荒れです・・・
お昼に食べたソーメンがまだ胃の中にある感じです・・・・


            ・・・♪・・・


大相撲名古屋場所初日をテレビでみてましたら
ニュース速報が入りました。

‘神宿る島 宗像沖ノ島と関連遺産群’ が申請100% 世界文化遺産に登録されるそうです。
とても神秘的で興味ある所です
8つの史跡申請で宗像大社など4つを除外するよう との事だったようで
不思議だわ と、おもってました。
古代の自然崇拝は 外国人には理解されやすいのですが、
神話などの説明で
信仰が、断絶してるように見えた可能性があったようです。
神社建築は、建て替えが行われ 直接の証拠は残りません・・・
日本人の私達には 当たり前 の事が、十分理解されてなかったようです。

沖ノ島は厳しい入島制限に守られた沖合60kmの ‘絶海の孤島’
沖の島
ユネスコ世界遺産が、どの程度 価値あるかは、よく分かりません・・・
(うわさによる 中国・韓国の意見が多く取り入れられてるようです・・)

沖ノ島は
国宝に8万点が指定されてます。



          ・・・・・・・・・・




ちなみに これが沖縄県石垣市の尖閣諸島 ↓これが尖閣諸島


こちらが島根県隠岐町の竹島
196.jpg




そして北方領土
北方領土の写真

島の写真という事で 載せてみました。



写真ではないのですが
気になる ので
北方領土







                 ・・・♪・・・




朗報です。 ↓
EU.jpg
[ 2017/07/09 21:01 ] 大相撲 | TB(-) | CM(-)

イエメン共和国大使公邸

ここのところ
 中東に御縁がありまして
今日は、イエメン大使公邸 に行ける機会に恵まれました。
大使様は公務があるそうで
短い時間ではありますが、
夫人と共にあたたかく迎えてくださいました。
イエメン④ - コピー
イエメン共和国は 今は 内戦状態にあります。 
飛行場は1年以上閉鎖されたままになっております。

イエメンは、2000km以上の海岸線を持ち
アラビア半島で一番の豊富な降水量を誇り
自然環境にめぐまれております。
又、
数千年の間 東西間の交易と文化の要衡ででありました。
‘幸福なアラビア’ と名付けられるほどめぐまれた国でした。

 
DSC_0034.jpg
公邸 の、呼び鈴 と 郵便受け
松濤にあります。

夫人は イエメン国内の観光等について
スライド等で お話しくださいました。
イエメン アデン湾内ソコトラ島 ドラゴンブラットツリー   ↑ イエメンのアデン湾内にあるソコトラ島の珍しい木 ドラゴンブラッドツリー


かっては これがイエメン女性のフアッションでした。
地方によっては今も 目だけ出す 装い・・・
多くは黒1色だったそうです。
今も盛装(結婚式など)の時はこれに近いそうです。
DSC_0010.jpg

参考写真 ↓
もしかして コレの事かしら・・?
衣装


大使公邸のお郷里の お料理は沢山でした。お腹いっぱいになり過ぎ・・
DSC_0033.jpg
パラパラのインデイカ米です。おいしかったわ。
(写真忘れて食べ過ぎて、やっと気が付いたときはコノ状態でした・・・)




夫人が、 ‘ 水の儀式 ’ というのをとり行ってくれました。
DSC_0022.jpg
香料と水 で、燻し水 が、できました。



イエメンは、
古代から交易の中継地として栄えました。
オスマン帝国からは(1538年~1635年)
            ( 1872年~1918年) の 2回にわたって支配され
英国からは (1839年~1967年) 占領され続けました。
1990年に南北に分かれてたイエメンは統一されました。

イエメンの首都はサヌア市です。
この都市は
‘ノアの方舟’で有名な ノアの第一息子 セム が、造ったといわれており
この地に人類が定住し始めたとつたえられてます。





全くといっていいほど知らないお国イエメンですが、
最近のニュースが、少し気にかかてます。



私は、以前 書店で 写真雑誌でシバームという ‘迷路のような都市’ をたまたまみつけました。
がぜん興味が湧き 500円のその本を意味も分からず買ってしまった事が、あります。


この度、調べましたので 少し分かりました。
シバームは3世紀のシバ王国滅亡後の地方都市です。
旧約聖書の
B.C.8頃のシバの女王が治めるシバの王国はここである といわれ
歴史の古い国です。
旧約聖書に
シバの女王はソロモン王を訪ねる という話があるようです。
シバームは、
沙漠のマンハッタン と 呼ばれる高層建築群の町です。
16世紀頃までには防御壁に囲まれ
この5~7階建ての高層建築群
が建ってました。
全てが、泥煉瓦でつくられてるそうです。すごいです。
都市間の覇権争いの境界からの守りのようです。
沙漠の中に忽然と現れる城塞都市!
iemenn.jpg
(WorldTravelさん撮影 ↑)




夫人は 見送ってくださいました。
DSC_0037.jpg
[ 2017/07/05 22:38 ] 旅行 | TB(-) | CM(-)

キセノン

キセノンの誕生日だったのだそうです。
31歳。
お相撲好きの友人から楽しい写真を頂きました。
[ 2017/07/04 18:33 ] 大相撲 | TB(-) | CM(-)

文楽若手会

国立小劇場で 文楽既成者研修発表会 というのをみてきました。
国立劇場

大阪で2日間
東京で2日間の2日目です。
 千穐楽 という事です。
文楽既成者研修発表会

演目です。 ↓
演目
若手といってますが、若いプロの凄さを意識しました。



                 ・・♪・・



終わって 神田の UZU でした。
前回は気がつきませんでした。 ↓
さすが①
サスガの 色紙 です。

もう1枚   ‘ 為うず ’    ↓
昭恵米を (2)




昭恵米  美味しかった。
昭恵米を
[ 2017/07/01 14:35 ] 劇場 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Baroque

Author:Baroque
ここに引越しました。
本は友達!
絵(ルネッサンス・マニエリスム)音楽・お相撲・歌舞伎・お能・文楽・落語、・食べること大好き。

・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Baroqueの優雅な昼下り
  http://fzksakura.blogspot.com/
もよろしく。

最新記事
最新トラックバック