Baroqueの優雅な昼下り②

ここに引っ越してきました
Baroqueの優雅な昼下り② TOP  >  徒然 >  蓮實重彦氏

蓮實重彦氏

不機嫌な三島賞受賞会見で一躍有名になった蓮實重彦氏の伯爵夫人をいちおう読んでます・・・・
その受賞会見での元東大総長のあの振る舞いに 読んで納得・・・。

小説は実在するドロステ・ココアの図柄のドロステ効果を効果的に取り入れてます。
その図柄は、尼僧がココアの箱を持ってます。
その箱の絵が又同じです。
斎藤美奈子氏曰く 
華麗にして淫靡な作品・・・・。
ドロステのココアパウダー - コピー
ドロステ・ココア

これで 個人的に私が、思い出すのは
澁澤龍彦の 胡桃の中の世界 に登場する
明治の メリー・ミルク です。
ドレステ効果の澁澤龍彦 胡桃の中の世界


このドロステ効果は、素敵です。とにかく さまざまなものがあります。

ドロステ効果のチェス


ドロステ効果のハバナ


さまざまなものの中
ジョットの ‘ステフアネスキの三連祭壇画’もあるようです。
ドレステ効果 ジョットステフアネスキの三連祭壇画1320年バチカン美 - コピー
ジョット 大好きの私は、気が付きませんでした。
画集などを改めて調べてみましたが・・・・・
今だによくわかりません・・・・☝
☟は ウフイッツ美術館のフアサードにあるジョット
ジョットの肖像ウフイッツ美術館ハアサード

コルネット姿の尼僧の絵もみつけました。 ↓
修道服 - コピー

小説の中 聖林映画が、よく登場します。映画フアンには、たまらないでしょうが、
よくわからず残念。
でも、このルルがあまりにも綺麗です。
ルル ルイーズブルックス パンドラの箱

三島由紀夫の春の雪や、澁澤龍彦 そして ‘さんざし’等で思い出すのは、プルーストの‘失われし時を求めて’・・・。
これらの作家を思い浮かべながらドロステ効果の迷宮に入り込み音楽・香・絵画の協奏曲いえシャンソンか演歌の道は、
ここちいいです。
この小説の面白さは
読者の過去の記憶の潜在的知識の中に食い込んで
その美しい思い出を再現してくれる事にあるのでしょうか。
デジャブー・・・(!?!)っていうの・・・・


最近の記事で 蓮實氏は、
‘この本を若い女性が沢山読んでくれてるのは うれしい’ と言ってるというのを知りました。



[ 2016/09/05 22:02 ] 徒然 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Baroque

Author:Baroque
ここに引越しました。
本は友達!
絵(ルネッサンス・マニエリスム)音楽・お相撲・歌舞伎・お能・文楽・落語、・食べること大好き。

・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Baroqueの優雅な昼下り
  http://fzksakura.blogspot.com/
もよろしく。

最新記事
最新トラックバック