Baroqueの優雅な昼下り②

ここに引っ越してきました
Baroqueの優雅な昼下り② TOP  >  旅行 >  イラン・イスラム共和国 ⑨

イラン・イスラム共和国 ⑨

ヤズド市内観光

アミルチャグマーク広場
市民グループがお祈りでしょうか、集会を開いてました。
アミルチャグマーク

      ・・・・・


ジャメモスク
上から見た市内の写真
一番高いのはジャミモスク
ヤズド ジャミーモスク

ヤッパリ美しいイスラムモスク
ヤズド 

イスラミックヒジャブ ↓
私たちも スカーフ です。
イスラミックヒジャブ

モスクの内部
モスク内部

かぎ十字がみえます。
カギ十字


             
               ・・・・


ドウラト・アーバード庭園

ヤズド市内には 砂漠に適応したペルシャ建築がいくつかあります。
構造的な事はよくわかりませんが、庭園内でその一旦を見る事ができます。
何よりも 水
それから 冷房


大事な大事な水路
ドウラト アーバード庭園DSC08958

大切な水
庭園


砂漠適応の 風取り塔(バードギール)建築 
天然の冷房
ドウラトアーバードの砂漠適応のペルシャ建築バードギール

イスラム風の美しい細工
ドウラトア^バード




                   ・・・・・・


ヤズドのホテル
ヤズドでは トラデイショナルホテル といわれてるホテルでした。
‘隊商宿’の趣のある エキゾテイック なホテルでした。
名前は マルコール・トレッジャル ホテル といいました。
市内にはこのようなホテルがいくつかあるようです。
入り口から迷路のように狭い曲りくねった細い長い廊下を通りフロントへ

怪しい魅力の 迷路のような通路からさらに怪しいフロントへ
ayasiimiryokuno.jpg



そして又、迷路のような階段から
いきなり広い中庭です・・・。
レストランやチャイルームとなってます。
天井はないそうで 天幕で覆われてます。
迷路のようなトラデイショナルホテル
アブラカナブラ・・・・

その中庭レストランは
やっぱり中心に水のある中東風 ↑
故事来歴イワク因縁のありそうな細工  ↓    怪しいデス
DSC08855.jpg



その日 宿泊した部屋です。
シラーズのハーヘエズ廟の前で美女が詩を詠んでます。
中庭は天井はなく天幕で覆われてる









朝 起きて気が付きました。
鍵をかけ忘れてました。
DSC08863.jpg






[ 2016/10/30 21:01 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Baroque

Author:Baroque
ここに引越しました。
本は友達!
絵(ルネッサンス・マニエリスム)音楽・お相撲・歌舞伎・お能・文楽・落語、・食べること大好き。

・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Baroqueの優雅な昼下り
  http://fzksakura.blogspot.com/
もよろしく。

最新トラックバック