Baroqueの優雅な昼下り②

ここに引っ越してきました
Baroqueの優雅な昼下り② TOP  >  徒然 >  イプシロンロケット2号機うち上げ

イプシロンロケット2号機うち上げ

地球を取り巻く強い放射線帯を観測する科学衛星「エルグ」を搭載した小型ロケット「イプシロン」2号機が20日午後8時、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県肝付町)で打ち上げられた。イプシロンは固体燃料を使う3段式ロケットで、打ち上げは3年ぶり。
2号機は初号機と比べ能力を3割高めた強化型で、打ち上げ費用は約50億円。 (ここまでサンケイ新聞)

以下は JAXAのHP より
イプシロンロケット2号機打ち上げ


イプシロンロケット2号機による
ジオスペース探査衛星(ERG)の打上げ結果について

平成28年12月20日

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構

 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、内之浦宇宙空間観測所から平成28年12月20日20時00分00秒(日本標準時)に、ジオスペース探査衛星(ERG)を搭載したイプシロンロケット2号機を予定どおり打ち上げました。
 ロケットは計画どおり飛行し、打上げ後約13分27秒にERGを正常に分離したことを確認しました。
 今回のイプシロンロケット2号機打上げにご協力頂きました関係各方面に深甚の謝意を表します。
 なお、ロケット打上げ時の天候は晴れ、南南東の風(0.7m/s)、気温17.0℃でした。




ERG衛星は正常に太陽電池パドルを展開。JAXAはジオスペース探査衛星(ERG)の愛称を「あらせ」と決定しました。「あらせ」は約2ヶ月間の初期運用の後、宇宙嵐はどのように発達するのかなど、地球周辺の宇宙空間の放射線帯の謎の解明に挑みます。



20日20時37分、ERG衛星からの信号をサンチアゴ局で受信し、太陽電池パドルの展開が正常に行われたことが確認されました。


また、このたびジオスペース探査衛星(ERG)の愛称が「あらせ」に決まりました!
愛称の由来は、次のとおりです。


地球周辺の宇宙空間であるジオスペースの中で最も荒々しい高エネルギー粒子に満ちたヴァン・アレン帯という宇宙の「荒瀬」(水が激しく波立ちながら流れている川のこと)に漕ぎ出していくことから。
内之浦宇宙空間観測所の所在地である鹿児島県肝属郡肝付町に流れる「荒瀬川」にちなんで。荒瀬川には鳥の美しい歌声に関わる伝説があることから、「コーラス」(※)を観測する本衛星にふさわしいため。
※宇宙空間に自然に存在する電波の一種。周波数が数kHzの可聴帯の電磁波で、音声に変換すると、"小鳥のさえずり"にように聞こえます。



            ・・・♪・・・



ロシア関係の報道が気にかかってましたが、
先程、国産のロケット打ち上げ成功のニュース に、ほっとしてます。
↑は JAXAのHPをコピーしてみました。
固体燃料は日本が独自に開発してきました。
今までに日本が開発してきた固体燃料ロケットは
ラムダ(Λ)ロケット、ミュー(Μ)ロケットがあります。
今回は イプシロン(ε)ロケットです。

固体燃料は扱いにくいのだそうですが、
液体燃料のH2Aより低コストに抑えられ という事です。
その液体燃料H2Aで はやぶさ2 は打ち上げられました。(2014年12月3日)。
帰還は東京オリンピックの終わった 2020年暮 の予定。

ちなみに
 あの はやぶさくん は、M(ミュー)シリーズの固体燃料によって
うちあげられました(2003年5月9日)。(ひてん・はるか につづいてのMUSESシリーズの3番目)

あらせ の 小鳥のさえずり が、聴けることが、楽しみです。



2013年9月にイプシロン初号機が打ち上げられました。
( その時の記憶は薄く、何故かと思いました。
   原因は、すぐわかりました。
   把瑠都関の引退発表がありました。
把瑠都関 

  最後の方に ‘ついで’ という感じでのイプシロン初号機のブログでした。
私の重要度の基準は甘く 叙情的です・・・・・・・・♪   )

低コストと効率化を追求したイプシロン。
初号機から3年余・・・
今回の2号機まで 少し時間がかかりました。
低コストと打ち上げ実績で 国際競争に敗れないように・・・
出来れば、イチバン になってほしい。




当時のニュースを捜し出しました・・・・
「宇宙ビジネス」を切り開くイプシロン
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、2013年9月14日の午後2時に、次世代ロケット、「イプシロン」の初号機を、鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げました。発射から1時間後、イプシロン初号機は惑星分光観測衛星、スプリントA、通称「ひさき」を無事切り離し、軌道に乗せました。日本のロケットが発射されるのは、7年ぶりのことです。先代のM-V(ミュー・ファイブ)は、打ち上げに莫大な費用がかかることを理由に引退となりました。イプシロン初号機の打ち上げ成功は、日本の宇宙計画において、新時代の幕開けとなるのでしょうか。






[ 2016/12/20 23:18 ] 徒然 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Baroque

Author:Baroque
ここに引越しました。
本は友達!
絵(ルネッサンス・マニエリスム)音楽・お相撲・歌舞伎・お能・文楽・落語、・食べること大好き。

・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Baroqueの優雅な昼下り
  http://fzksakura.blogspot.com/
もよろしく。

最新トラックバック