Baroqueの優雅な昼下り②

ここに引っ越してきました
Baroqueの優雅な昼下り② TOP  >  展覧会 >  春日大社展

春日大社展

新春、上野に春日詣
春日大社展 にいってきました

第六十次式年造替 記念
春日大社
春日大社では  式年造替(しきねんぞうたい)とよばれる社殿の建て替えや修繕が約20年に一度おこなわれるそうで
平成28年には60回を迎えました。
平安の正倉院とよばれる春日大社。至宝が一堂に会する貴重な機会です。
奈良時代の最高の文物は正倉院にあり、平安時代最高の工芸品は春日大社のみに残ってるものが多数あります。



春日大社とは
春日大社とは
春日大社の始まりは、都が平城京に遷都された頃 御蓋山(みかさやま)に
神様が、都を守護するために御降臨なされました。
天平勝宝二年には陛下が春日の祭に参列されてます。
神地・神山遥拝時代  を経て
奈良時代後期(768年)11月9日 御本殿 が創建されました。

春日大社の四棟の御本殿には
大変御力の強い神様が御静まりになっておられます。
春日大社の沢山の藤は 鹿島神宮(主神 武みか槌命)の池の廻りの藤といわれ
鹿に乗った神様と共にやってきました。
第三殿の天児屋根命(あめのこやねのみこと)は、藤原氏の祖神であられます。






陽明文庫の 春日鹿曼荼羅 が、展示されてます。
鹿曼荼羅 春日 ブログ用
個人的に この展示は
 うれしい驚きです。
まさか 今回 ここで 拝観できるとは・・・
(私の好きな絵画のひとつです。
この場合 絵画という 表現が適切ではないように思いますが・・・)
那智瀧図 (根津美術館)
と共に 日本人の心を表す傑作の一つに思えます。

そういえば
以前、カルチャーセンターで 日本史の講義を受けた頃
鹿島神宮にゆきました。
その時沢山の 藤 をみた記憶があります。

春日大社は、
日本に 仏教が伝来して 仏教の嵐が吹きまくる時代 
東大寺をはじめとする  仏教・仏教寺院 の 守り神 として
神 が鹿島から君臨した  という説を学び、
とても、感動したこと を、思い出します。


[ 2017/01/18 15:27 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Baroque

Author:Baroque
ここに引越しました。
本は友達!
絵(ルネッサンス・マニエリスム)音楽・お相撲・歌舞伎・お能・文楽・落語、・食べること大好き。

・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Baroqueの優雅な昼下り
  http://fzksakura.blogspot.com/
もよろしく。

最新トラックバック