Baroqueの優雅な昼下り②

ここに引っ越してきました
Baroqueの優雅な昼下り② TOP  >  旅行 >  皇居

皇居

皇居一般参観してきました。
本日は両陛下は葉山の御用邸に御滞在
ということを ニュースで知ってました。


私達は
桔梗門から入りました。
巽櫓(たつみやぐら)を中から・・・
巽櫓は、東京駅に一番近い二重櫓 桜田櫓ともいわれてる。
桔梗門内から巽櫓 - コピー
昔は主要櫓(二重と三重)が、20棟もあったといわれてますが、
今は
巽櫓(二重櫓)、富士見櫓、伏見櫓の3棟のみ残ってます。


常盤木や見上げるような石垣を通り抜けます。
そんななかで島津藩の〇に十の字の紋の入った石垣です。
丸に十の字の石垣

富士見櫓(三重櫓)です。
富士見櫓


紅葉山という所の近くにもきました。
私達がよく聞いているのは
皇后陛下の御養蚕所のある山としてです。
木々に覆われての奥の奥です。
直接、建物を見ることはできません。
どうやら
田圃もこの近くのようです。
もちろん 拝見出来ません。
80歳を超えられての 田植えは大変な事に存します・・・




長和殿
お正月の一般参賀などでテレビでお馴染みです。
長和殿
長い長い160mの長和殿。
案外低いんです。




二重橋
奥の鉄橋 の、上から
石橋を望む望む・・・・・・・・♪
石橋の先は皇居前広場
正門鉄橋より正門石橋 - コピー




その奥の鉄橋の上から
 伏見櫓を望む
別名 月見櫓ともよばれてます。
正門鉄橋より伏見櫓 - コピー


皇居東御苑は、三の丸尚蔵館 や、楽部などへ
何回も行く機会に恵まれてますが、
西側のいわゆる二重橋を渡ってからの参観は初めてです。
宮内庁職員による案内・説明を聞きながら
皇宮警察に守られて(にらまれて)の参観です。
本日・午前の部 100名以上の参観者(8割が外国人だそうです。
日本語の説明です・・・・)


私は、皇居内の売店で  饅頭 羊羹や 二重橋文鎮 などのおみやげを買い過ぎました。
2時間近く山を登ったり、降りたりで 凍える手でのスマホ撮影。
少し前なら考えられない 参観 にフラフラになって 感動!




[ 2017/02/01 21:47 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Baroque

Author:Baroque
ここに引越しました。
本は友達!
絵(ルネッサンス・マニエリスム)音楽・お相撲・歌舞伎・お能・文楽・落語、・食べること大好き。

・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Baroqueの優雅な昼下り
  http://fzksakura.blogspot.com/
もよろしく。

最新記事
最新トラックバック