Baroqueの優雅な昼下り②

ここに引っ越してきました
Baroqueの優雅な昼下り② TOP  >  旅行 >  イエメン共和国大使公邸

イエメン共和国大使公邸

ここのところ
 中東に御縁がありまして
今日は、イエメン大使公邸 に行ける機会に恵まれました。
大使様は公務があるそうで
短い時間ではありますが、
夫人と共にあたたかく迎えてくださいました。
イエメン④ - コピー
イエメン共和国は 今は 内戦状態にあります。 
飛行場は1年以上閉鎖されたままになっております。

イエメンは、2000km以上の海岸線を持ち
アラビア半島で一番の豊富な降水量を誇り
自然環境にめぐまれております。
又、
数千年の間 東西間の交易と文化の要衡ででありました。
‘幸福なアラビア’ と名付けられるほどめぐまれた国でした。

 
DSC_0034.jpg
公邸 の、呼び鈴 と 郵便受け
松濤にあります。

夫人は イエメン国内の観光等について
スライド等で お話しくださいました。
イエメン アデン湾内ソコトラ島 ドラゴンブラットツリー   ↑ イエメンのアデン湾内にあるソコトラ島の珍しい木 ドラゴンブラッドツリー


かっては これがイエメン女性のフアッションでした。
地方によっては今も 目だけ出す 装い・・・
多くは黒1色だったそうです。
今も盛装(結婚式など)の時はこれに近いそうです。
DSC_0010.jpg

参考写真 ↓
もしかして コレの事かしら・・?
衣装


大使公邸のお郷里の お料理は沢山でした。お腹いっぱいになり過ぎ・・
DSC_0033.jpg
パラパラのインデイカ米です。おいしかったわ。
(写真忘れて食べ過ぎて、やっと気が付いたときはコノ状態でした・・・)




夫人が、 ‘ 水の儀式 ’ というのをとり行ってくれました。
DSC_0022.jpg
香料と水 で、燻し水 が、できました。



イエメンは、
古代から交易の中継地として栄えました。
オスマン帝国からは(1538年~1635年)
            ( 1872年~1918年) の 2回にわたって支配され
英国からは (1839年~1967年) 占領され続けました。
1990年に南北に分かれてたイエメンは統一されました。

イエメンの首都はサヌア市です。
この都市は
‘ノアの方舟’で有名な ノアの第一息子 セム が、造ったといわれており
この地に人類が定住し始めたとつたえられてます。





全くといっていいほど知らないお国イエメンですが、
最近のニュースが、少し気にかかてます。



私は、以前 書店で 写真雑誌でシバームという ‘迷路のような都市’ をたまたまみつけました。
がぜん興味が湧き 500円のその本を意味も分からず買ってしまった事が、あります。


この度、調べましたので 少し分かりました。
シバームは3世紀のシバ王国滅亡後の地方都市です。
旧約聖書の
B.C.8頃のシバの女王が治めるシバの王国はここである といわれ
歴史の古い国です。
旧約聖書に
シバの女王はソロモン王を訪ねる という話があるようです。
シバームは、
沙漠のマンハッタン と 呼ばれる高層建築群の町です。
16世紀頃までには防御壁に囲まれ
この5~7階建ての高層建築群
が建ってました。
全てが、泥煉瓦でつくられてるそうです。すごいです。
都市間の覇権争いの境界からの守りのようです。
沙漠の中に忽然と現れる城塞都市!
iemenn.jpg
(WorldTravelさん撮影 ↑)




夫人は 見送ってくださいました。
DSC_0037.jpg
[ 2017/07/05 22:38 ] 旅行 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Baroque

Author:Baroque
ここに引越しました。
本は友達!
絵(ルネッサンス・マニエリスム)音楽・お相撲・歌舞伎・お能・文楽・落語、・食べること大好き。

・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Baroqueの優雅な昼下り
  http://fzksakura.blogspot.com/
もよろしく。

最新トラックバック