Baroqueの優雅な昼下り②

ここに引っ越してきました
Baroqueの優雅な昼下り② TOP  >  徒然 >  カール・リヒター三昧

カール・リヒター三昧

今年の十二月は ‘カール・リヒター三昧’ に決めました・・・
十二月はクリスマスの季節なので
生涯をバッハに捧げたカール・リヒターを聴くのがふさわしいとおもいました。
リヒターのCDは何枚かあります。
12月はクリスマスの月でもありますが、
礒山雅訳、‘クリストフ・ヴォルフ著の ロ短調ミサ曲’の完成の影響が大きいと思います。
そこで リヒターのロ短調ミサ曲のDVDを さっそくアマゾンに注文しました。届きました。
このDVDは
1969年9月リヒター43歳の時のDVDです。
ドイツ・バイエルン州・アマー湖畔デイーセン市のクロスター教会での演奏。 
カール・リヒター
バッハはドイツのアイゼナッハで生まれました。アイゼナッハは宗教改革のマルチン・ルターがラテン語の聖書をドイツ語に翻訳をした土地として有名です。この耀かしいいわば聖地は大バッハ生誕の地でもあります。バッハはこの事を生涯誇りにおもってたようです・・・・。

ですが、
ライプチッヒ時代の中頃からカトリック音楽のコレクションをはじめたそうで
古様式教会の研究もしはじめたという話もあります・・・。
バッハのロ短調ミサ曲はカトリック教会音楽の系譜に連なるというのは常識とされてるそうで、バッハはドレスデンのためにカトリック教会音楽を書いたなどともいわれてるようです。(礒山氏を参考)


わたしは今回 ロ短調ミサ曲のDVDを買うことを決めた時、どれにしようか真剣に悩みました。
礒山氏が一番に薦めてる ジョン・ネルソン指揮・ノートルダム聖歌隊 も考えましたが
リヒターにしました・・・・。
[ 2011/12/16 23:31 ] 徒然 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Baroque

Author:Baroque
ここに引越しました。
本は友達!
絵(ルネッサンス・マニエリスム)音楽・お相撲・歌舞伎・お能・文楽・落語、・食べること大好き。

・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Baroqueの優雅な昼下り
  http://fzksakura.blogspot.com/
もよろしく。

最新トラックバック