Baroqueの優雅な昼下り②

ここに引っ越してきました
Baroqueの優雅な昼下り② TOP  >  徒然 >  豊竹山城少掾

豊竹山城少掾

渡辺保氏の歌舞伎の本をさがしてましたら、
↓ の本をみつけました。 (発行は新潮社です)
さっそくとりよせて 読みました。
(わたしは文楽はよくわからないので いつも国立小劇場では人形ばかりみてます。
浄瑠璃や三味線の高度な掛け合いまでは とてもとても・・・・)

ところが、
かっては ‘有吉佐和子の一の糸’ も サラリと読んでしまいましたのに
‘一の糸’の実在の主人公のモデルが四代目鶴澤清六であり、
又 大夫は豊竹古ツボ大夫(豊竹山城少掾)という事を知りました。
いっきに 興味が湧きました・・・
img468.jpg



この本には  土門拳の ↓の写真まで掲載されてます。
‘一の糸’を読んだとき
勝手に作り上げた清六のイメージとやや異なりますが
おもしろい・・・・!
img472.jpg



CDも発売されてますので
妹背山婦女庭訓ですが買いました・・・
買ったCDの相三味線は鶴澤藤蔵です。
録音の年代は不明ですが 1950年後半 とおもわれるという事です。
が、
雑音がものすごく とても聴くに耐えません・・・
とても残念です・・・(高かったのに・・・)
[ 2012/02/18 01:31 ] 徒然 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Baroque

Author:Baroque
ここに引越しました。
本は友達!
絵(ルネッサンス・マニエリスム)音楽・お相撲・歌舞伎・お能・文楽・落語、・食べること大好き。

・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Baroqueの優雅な昼下り
  http://fzksakura.blogspot.com/
もよろしく。

最新記事
最新トラックバック