Baroqueの優雅な昼下り②

ここに引っ越してきました
Baroqueの優雅な昼下り② TOP  >  劇場 >  伊達の十役

伊達の十役

今日は八月花形歌舞伎夜の部でした。
海老蔵の伊達の十役。
伊達家のお家騒動が中心ですがあらすじは分からなくてもその場その場のおもしろさは抜群です。
海老蔵の十役(口上を加えると十一役)です。
4時間で四十数回の早代わりだそうです。
口上で述べてましたが
殺し殺され、だましだまされ、売られ買われ、裁き裁かれ、宙を乗り地を這う
を一人でこなし、獅子奮迅の大奮闘です。
荒事の成田屋、体育会系の海老蔵、決して器用とはいえないでしょうが
すばらしいです。
早代わりは楽しく、とにかく10人ですので誰が誰かわからなくなります。
それでも引き込まれます。
‘六段’にあわせての宙乗り は 静的で珍しい・・・。
細かくは伝統を引き継いでる演技はさすがです。
やっぱ ‘血’なのでしょうか・・・。
少しは根性でてきたのでしょうか・・・。
でも‘かぶく’の生き方がなくなってしまうのは勿体無い。
いい子ばっかりでは面白くないですよ・・・・
(わたしは海老蔵のこの早代わり十役を2~3年前にみた事があります。
その時もよかったと思いましたが、今回はどう違うのでしょうかもっと面白くおもいました。)
絵




勘亭流がうれしいのでコピーしてみました・・ ↓
歌舞伎は ‘脚本演出がない’ といわれてると記憶してましたが、
これをみると 脚本演出がいますね。
澤潟屋・猿翁御一族様一門が大活躍・・・。
(こわいわ・・・。)
十役



都民劇場


まお夫人が玄関でフアンと写してました ↓
とにかくきれい・・・。
本ものは
この写真よりもテレビよりもず~ときれいです。
まお夫人②
[ 2012/08/16 23:57 ] 劇場 | TB(0) | CM(2)
十役
 4時間で四十数回の早変わりとは、すごい体力ですね。どの役の個性も楽しいのですが、足利頼兼とか細川勝元のちょっとした色気と凛としたふるまい、その姿がいいですね。オヤジもできれば是非生舞台を見てみたいと思います。
[ 2012/08/18 07:44 ] [ 編集 ]
若さ!
若いからできるのでしょうね。
海老蔵がこの演目をこなせる年齢の内に是非どうぞ・・・。

前の方のお席でしたので
汗が滝のように流れてるのがはっきりわかりました。
イケメンでもがんばるんですね。
[ 2012/08/20 21:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Baroque

Author:Baroque
ここに引越しました。
本は友達!
絵(ルネッサンス・マニエリスム)音楽・お相撲・歌舞伎・お能・文楽・落語、・食べること大好き。

・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Baroqueの優雅な昼下り
  http://fzksakura.blogspot.com/
もよろしく。

最新記事
最新トラックバック