Baroqueの優雅な昼下り②

ここに引っ越してきました
Baroqueの優雅な昼下り② TOP  >  展覧会 >  ルーベンス展

ルーベンス展

Bunkamuraザ・ミュージアムのルーベンス展にいってきました。
ルーベンス大好き・バロック大好きですので楽しみにしていました。
ルーベンスといえばなんといっても
真っ先に思い出すのは
ルーブル美術館のルーベンスの部屋です。
ルーブルで感動を味わえる とは、まったく期待してませんでしたので
あのルーベンスの部屋で味わった感激は忘れられません。

‘マリー・ド・メヂチの上陸’ !
これがヨーロッパだ・・・・。
とおもいました。
画集を何回もながめても想像できません でした。

ルネサンス以後ではありますし、
イタリアが、フランドルが の意識は
ぶっ飛びます。
理屈抜きです。
外交官・おおきな工房と でかいスケールの
ルーベンス・・・
ヨーロッパ・・・・。
ルーベンス展




       ・・・・♪・・・・



 下の写真は 1985年高島屋でのルーベンス展の図録のコピー です。
この展覧会も
ルーベンス = ヨーロッパ
を感じさせてくれるべく充分な展覧会でした。
なんと約30年も前でしたのね。
この頃の日本でこれだけのバロック期の展覧会は
まずありませんでした。
すばらしい展覧会でした。
バロックに目覚め、ヨーロッパを感じました。
85、ルーベンス展
☆物語で知ってた フランダースの犬 の アントワープ大聖堂の祭壇画の模写もこの時2点きてました。
 その後 2回位この祭壇画は日本にきてます。が、期待し過ぎでしょうか
アントワープでもみてますが、 ルーブル、高島屋ほどの感激はありません。物語がよすぎます。
これは不思議な現象デス・・・・
[ 2013/04/06 15:41 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Baroque

Author:Baroque
ここに引越しました。
本は友達!
絵(ルネッサンス・マニエリスム)音楽・お相撲・歌舞伎・お能・文楽・落語、・食べること大好き。

・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Baroqueの優雅な昼下り
  http://fzksakura.blogspot.com/
もよろしく。

最新記事
最新トラックバック