Baroqueの優雅な昼下り②

ここに引っ越してきました
Baroqueの優雅な昼下り② TOP  >  劇場 >  九月花形歌舞伎

九月花形歌舞伎

歌舞伎座新開場こけら落 の
九月花形歌舞伎は
新作陰陽師 でした。
新しい歌舞伎座・陰陽師・ 海老蔵さんの平将門 という事で
とても楽しみにしてました。(新作。という事が少しは心配はしてました。)
その心配は的中してました。
だらだらとやたら長く 説明的で その説明は役者の主にセリフで引っ張ります。
ほとんどが若手の役者の元気のいい舞台はうつくしく
明日の歌舞伎界は安心です。(今も。)
海老蔵さんの登場はドラマチックでなく
掛け声も聞こえません・・・・
自身で ‘主役でない’ とブログでいってましたが
主役でない海老蔵はあまり見たことないです。
様式美 荒唐無稽 勧善懲悪 血湧肉踊る 架空の世界を
観にいってるきわめて単純なワタシは 社会になにかを訴えるような 劇 を
わざわざみに行く気が少ししか湧きません。
大手町の将門首塚をなぜか思い出した最後の方の階段の場面がありましたが
終わり方が暗い。四月の滝夜叉姫がとてもよかったので比較してしまいます。
陰陽師
若い役者さんはみんなステキです。そして彼らはすてきなのに頑張ってます。
それゆえにとても残念。単にワタシの期待し過ぎならいいんですが・・・。
 
ところで海老蔵さんのブログが連日すごいupです。
ブログを見てる人も多く
舞台をみたあとブログをのぞくとリアルタイムのコメントです。
会場でおしゃべりしてブログでつぶやき
かっての栃東ブログを思い出しワクワクします。






ところで 今日は番付発表の日でした。
新しい歌舞伎座では ‘嘉風関’ が観劇してました。
サインを戴きました。
筋書き本の裏表紙にです。 ↓
よし風



ちなみに その表紙の絵 ↓
押元一敏氏の 桔梗
押元一敏



[ 2013/09/02 23:47 ] 劇場 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Baroque

Author:Baroque
ここに引越しました。
本は友達!
絵(ルネッサンス・マニエリスム)音楽・お相撲・歌舞伎・お能・文楽・落語、・食べること大好き。

・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Baroqueの優雅な昼下り
  http://fzksakura.blogspot.com/
もよろしく。

最新記事
最新トラックバック