Baroqueの優雅な昼下り②

ここに引っ越してきました
Baroqueの優雅な昼下り② TOP  >  展覧会 >  サントリー美術館

サントリー美術館

サントリー美術館の ‘酒器のある情景’ をみてきました。
サントリーのブランドにふさわしい ‘酒器’ の展覧会です。
ドリンキンググラス つまりガラスの酒器が主です。
前4世紀~現代までの酒器の情景・・・。
捧ぐ、語らう、誓う、促す、祝い集いもてなし愉しむ の5つの情景にわけられての展示。

‘捧ぐ’は特によかった 
最近ゾロアスター教の本を2~3冊よんだばかりなので興味をひいたのは
ササン朝ペルシャの ‘椀’や‘浮出しカット椀’。
紀元3~7世紀までのものです。
でもやっぱり私は
正倉院に伝来してきた宝物の写真の方をつよくを思い出してました。
ゾロアスターの本は文献が少ないそうでガラス器について詳しく載ってませんでした。
捧ぐ は、神様などに酒を捧ぐのですね。
(中国でも捧げるために
鉄器が沢山あり、その使い方は細やかに異なり全部名前があり全部漢字がちがうそうです。
鼎・尊・蜀 など無数の漢字が生まれるのだそうです・・・。)

サントリー美術館


↓の写真 日本 18世紀・江戸中期 の藍色ちろり
ちろり




[ 2013/10/04 01:56 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Baroque

Author:Baroque
ここに引越しました。
本は友達!
絵(ルネッサンス・マニエリスム)音楽・お相撲・歌舞伎・お能・文楽・落語、・食べること大好き。

・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Baroqueの優雅な昼下り
  http://fzksakura.blogspot.com/
もよろしく。

最新記事
最新トラックバック