Baroqueの優雅な昼下り②

ここに引っ越してきました
Baroqueの優雅な昼下り② TOP  >  徒然 >  田圃

田圃

陛下が稲刈りをされました。
(9月27日)
もち米 マンゲツモチ
うるち米 ニホンマサリ
マンゲツモチ・ニホンマサリ





          ・・・♪・・・

後楽園の田圃で 近くの小学生等が稲刈りをしたとの
ニュースを思い出しきのういってみました。
稲刈り後の田圃の具合をみにいってきました。
が、
4時半で閉演でした。
後楽園到着が少し遅れました。
入れませんでした。
途中、後楽園の塀の具合を写したのでそれを載せます。

①地下鉄後楽園駅からのスタートです。 ↓
  左上には葵の御紋の瓦
  (下の瓦の御紋は今度調べます。)
 塀にそって長い道を歩きます。 
後楽園Ⅰ


②左側に回りこみます。
 又、長いうつくしい塀が続きます。
  さらに散歩路を塀にそって歩きます。
後楽園Ⅱ


③ さらに左に回り込みます。
  又、又 長いうつくしい塀の登場です。
後Ⅲ



④正門に到着しました。
 4時半過ぎでした。↓
 かん徳亭という由緒ある和風のレストランは ‘営業中’ と書いてあります。 
後Ⅳ



⑤ ~ので、
  入店して食事!
  かん徳亭からの後楽園の眺め。
 後ご
早い夕食になりました。
これでどうやら 後楽園を半周した事になるようです。
機会があったら後の半周を試みたいです。



       ・・・・・・

もうひとつ都心の田圃がみつかりました。↓
駒場米


もうひとつ  先日読んだ猪瀬直樹著・二宮金次郎はなぜ薪をせおってるいるのか?
       にも都心の田圃の存在が書いてありました。
       ‘東京・大手町野村ビル地下二階のかってのりそな銀行地下室、一千平方メートルにトマト         やレタスやイチゴさらには米も栽培し始めた。’
              ・
 この本のカバーの御像は 八重洲ブックセンターの二宮金次郎像に似てるとおもい
 ワタシは八重洲口までいってきました。写真も写してしました。
二宮金次郎
       
[ 2013/10/05 23:37 ] 徒然 | TB(0) | CM(2)
歌・・
手本は二宮金次郎。。
と唄いだしたくなった(笑)。。

利用者さん知ってる人多いです。
[ 2013/10/10 21:17 ] [ 編集 ]
二宮金次郎
鎌倉の料亭でもみたことあります。
まだまだ全国には沢山あるでしょうね。

金次郎MAPも面白いでしょう。
素材や大きさやフアッション別にするんです。
石・木・コンクリートなどの素材、縦横の大きさ、呼び出しさんみたいなたっつけ袴かももひきかなども調査!

[ 2013/10/15 00:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Baroque

Author:Baroque
ここに引越しました。
本は友達!
絵(ルネッサンス・マニエリスム)音楽・お相撲・歌舞伎・お能・文楽・落語、・食べること大好き。

・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Baroqueの優雅な昼下り
  http://fzksakura.blogspot.com/
もよろしく。

最新トラックバック