Baroqueの優雅な昼下り②

ここに引っ越してきました
Baroqueの優雅な昼下り② TOP  >  展覧会 >  国宝 志野茶碗 銘卯花墻

国宝 志野茶碗 銘卯花墻

三井記念美術館で 卯花墻 を拝見して参りました。
志野特有のやわらかさと傑作である所以でしょうかのこの力強さ。
焼き物はある種の偶然性が つよく影響を及ぼす傾向が多く出る特徴があります。
という事は
私が造ってもいい物が出来る可能性があるか というと
そうではなく
やはり天才といわれてる人が
沢山制作したなかで生涯にひとつか二つあるかないか・・・。
窯に入れた後 
‘あとは 神 が宿るのを待つ’
といわれてますが・・・
お能の ‘小鍛冶’ の世界に近いのでしょうか。
卯花垣
この 卯花墻 とは以前2~3回位 対面があったように記憶してます。
この美術館が出来てからも何回か公開があったようです。
たしか初見はトーハク!
その時はもっともっと力強く写真でみる(名前のごとき)やさしさなどみじんも持ってないとおもいました。
若かったので負けました。
今回は 年を経て ずうずうしくなりました・・・。
‘やるぞ’ の気持ちが興りました。


      ・・・♪・・・・



卯花墻の後は帝国ホテルで休憩。
(マンダリンオリエンタルホテルではないです。)
赤ワインをいただきました。
(イタリアワインですが うさぎの絵のラベルです。
  私にまで配らないと年内に処分できないのでしょうか・・・
  うれしく頂戴しま=す。)
帝国ワイン
カポカポ持って家に帰りました。
シャープの亀山モデルのテレビの前で
燦然と輝いてます・・・
(がんばろうシャープ、がんばろうニッポン)
[ 2013/10/20 15:39 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Baroque

Author:Baroque
ここに引越しました。
本は友達!
絵(ルネッサンス・マニエリスム)音楽・お相撲・歌舞伎・お能・文楽・落語、・食べること大好き。

・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Baroqueの優雅な昼下り
  http://fzksakura.blogspot.com/
もよろしく。

最新トラックバック