Baroqueの優雅な昼下り②

ここに引っ越してきました
Baroqueの優雅な昼下り② TOP  >  展覧会 >  平等院・天上の舞 飛天の美

平等院・天上の舞 飛天の美

サントリー美術館で
平等院展をみてきました。
平等院鳳凰堂は現在修復中です。
平成26年 春

落慶をむかえます。

これを機に 特別公開中 です。
今回は主に 飛天 を中心とした公開です。
その飛天の
ガンダーラ以来 中国・朝鮮から
日本に渡ってきた 歴史をも 展示してます。

国宝 雲中供養菩薩像 
52体のうち14体
それに模刻など10数体

平等院の阿弥陀如来座像光背飛天
12体のうち6体

これらが今回の目玉。
平等院
修学旅行で学んで以来
平等院鳳凰堂の雲中供養菩薩 は
特に注目を保ってきました。
浮彫ですね。
修復完成予想像の模刻 も展示されてます。
その色彩のはではでさに驚きました。
こうだったのか・・・。

修復の一部完成品でしょうか
光背飛天も 金 に輝き
本物を拝観することができました。

雲中供養菩薩南20 の模刻に
触れる事もできます。

       ・・・・

平等院の鳳凰堂の完成予想図(CG)
修理完成予想図
来春の修復完成の暁には
いかなる極楽浄土の世界が繰り広げられることでしょうか・・・。


    ・・・・🎶・・・


澤田瞳子さんの ‘仏師・定朝 満つる月の如し’
定朝はあまり小説として登場しません。  ↓
めずらしい 定朝を主人公とした歴史小説です。

定朝
[ 2013/11/29 12:23 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Baroque

Author:Baroque
ここに引越しました。
本は友達!
絵(ルネッサンス・マニエリスム)音楽・お相撲・歌舞伎・お能・文楽・落語、・食べること大好き。

・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Baroqueの優雅な昼下り
  http://fzksakura.blogspot.com/
もよろしく。

最新トラックバック