Baroqueの優雅な昼下り②

ここに引っ越してきました
Baroqueの優雅な昼下り② TOP  >  旅行 >  クウエート大使館

クウエート大使館

今回は クウエート大使館 です
。丹下健三設計の優雅な姿です。
内部は王宮のような豪華な雰囲気で大使夫人のセンスもひかります。
さすが石油産出国!
丹下健三
ペルシャ湾沿岸国・アラビア半島の付け根にあります。隣接国はイラクとサウジアラビア王国。
四国くらいの面積です。アラビア語の国・イスラム教スンニー派 と 大使はいってました。
ギリシャ風の古代神殿跡があり、アレキサンダー大王のいう イカロスはクウエートとおもわれます。
1961年イギリスより独立。その数日後に日本国は祝電をうちました。
1962年大使館開館。
  



クウエート大使閣下と美しい夫人。
ウードのライブ。
クエート大使御夫妻とウード




国王陛下の御写真

日本 クウエート の国旗
クエート大使館 (2)
この大使館は主にイベントやパーテイなどに使われて
事務等はすこし離れたビルでおこなわれてるようです。

いくつか在日大使館にいってますが、
日本との関係、その国の事情によって雰囲気がちがいます。

クウエートは さすが 石油産出国。

わたしは観光旅行や都内のレストランで中東料理(東欧~東南アジア)を
何回も食してますが
ここ大使館の食事はNO.1のおいしさです(どこか日本風になってのでしょうか。)
ただし、ここはイスラム圏。
アルコールは ✖ です。
welcome drink は香り豊かなお飲物。

今回の招待は被災地支援や世界の支援を必要とする社会に手をさしのべるためのイベントです。

クウエートといわれても、地図で調べてもまだよくわからない国ですが、
たしか1990年の湾岸戦争のとき日本以上に悩み多い国ということで注目をあびました。
日本は90億ドルを米国に寄付しました。開戦当日は日本の外務大臣は米国にいました。
それでも、金ばかりだしたのではダメ、血も出せ。ということでしょうか、
一時あの時 
日本はアメリカの敵国になりました。(あまり知られてないですね。)

おだやかな日本に住む日本人はその幸せに感謝してください。

大使夫人はおっしゃってました。

クエート大使館のHPにこの様子が掲載されてます。








[ 2013/11/29 23:19 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Baroque

Author:Baroque
ここに引越しました。
本は友達!
絵(ルネッサンス・マニエリスム)音楽・お相撲・歌舞伎・お能・文楽・落語、・食べること大好き。

・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Baroqueの優雅な昼下り
  http://fzksakura.blogspot.com/
もよろしく。

最新トラックバック