Baroqueの優雅な昼下り②

ここに引っ越してきました
Baroqueの優雅な昼下り② TOP  >  劇場 >  きりぬき

きりぬき

週刊誌の切り抜きです。
昨年の週刊文春。
十一世、十二世団十郎 の 朝のひとときの散歩。
このときはまだ
花の海老さま と 小学生の長男夏雄ちゃん(新之助) です。
つまり
当代海老蔵さんのお父さんとお祖父さん
海老さま
[ 2014/01/04 21:27 ] 劇場 | TB(0) | CM(4)
ほほえましいです
ヤッパリ昭和の時代が落ち着きます。
[ 2014/01/05 11:43 ] [ 編集 ]
海老さま
夏雄ちゃんを見る目がやさしい11代目!
歩幅まであわせてる・・・・。

ちょと びっくりです。
宮尾登美子さんの小説とはかなりイメージが異なりますもの。
 ‘癇癪もち’で ‘ちゃぶ台ひっくり返し’

宮尾さんは1~2代間違えたのでは・・・と
心配してます。

[ 2014/01/05 19:03 ] [ 編集 ]
おお・・・
うちの母の生まれた年。。
時代がよくわかる感じでですね。
[ 2014/01/09 13:40 ] [ 編集 ]
明日は初日
tweetyさん
日馬富士の休場はキセノンの綱取りに 有利or不利?
横綱の休場はフツーは しめた・チャンス でしょう

今場所の場合はどうでしょう・・・・。
初場所 明日から。
[ 2014/01/11 19:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Baroque

Author:Baroque
ここに引越しました。
本は友達!
絵(ルネッサンス・マニエリスム)音楽・お相撲・歌舞伎・お能・文楽・落語、・食べること大好き。

・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Baroqueの優雅な昼下り
  http://fzksakura.blogspot.com/
もよろしく。

最新記事
最新トラックバック