Baroqueの優雅な昼下り②

ここに引っ越してきました
Baroqueの優雅な昼下り② TOP  >  劇場 >  七月大歌舞伎

七月大歌舞伎

`本日初日' の七月大歌舞伎をみてきました。
安倍首相 ケネデイ米大使 は 昼の部をみられたようです。
歌舞伎座初日

昭恵夫人のfacebookより  ↓
七月大歌舞伎首相米大使





私は ‘玉三郎の鏡花文学(天守物語)’ をみたかったので、 夜の部予約 でした。
七月歌舞伎
我が国の耽美的戯曲の最高峰とされてる 鏡花の天守物語

さまざまな俳優・舞台で もう 何回も上演されてます。
そんななかで
玉三郎・歌舞伎座のコンビはH.11年から4回目。
(海老蔵のはつらつ図書之助もいわば定番になったようです。)

玉三郎さんはその2回目から演出にも加わり
ますます舞台全体は洗練されてきてるようにおもいました。

物語は
ミシマが云うように
風俗的な筋立ての底に鏡花は
いつも浪漫的個我を頑なに保ち、彼の自我の奥底にひそむドラマだけしか追求しない。
それはかぎりなく美しく、やさしく、恐ろしさに充ちた年上の美女と繊細な美少年の恋の物語であります・・・・

玉三郎さんの富姫は 以前、見たころよりも象徴的になってきてスゴイ・・・
たまらなくうつくしく 抜きん出ててました。

海老蔵さん
がんばってますが
図書之助を演ずるには技巧が必要な年齢になってきました。
歌舞伎座入り口で御挨拶した 元気になられた団十郎夫人
 真央夫人に負けないようにね。

猿翁一門が今回から新しく加わりました。
中車サン達これも皆ガンバッテます。
玉サマ雰囲気にどうとけ込むかがたのしみ デス。


カーテンコールが何回もありました。
おどろきました・・・。
得したようで うれしくなりました・・・。

[ 2014/07/06 11:30 ] 劇場 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Baroque

Author:Baroque
ここに引越しました。
本は友達!
絵(ルネッサンス・マニエリスム)音楽・お相撲・歌舞伎・お能・文楽・落語、・食べること大好き。

・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Baroqueの優雅な昼下り
  http://fzksakura.blogspot.com/
もよろしく。

最新トラックバック