Baroqueの優雅な昼下り②

ここに引っ越してきました
Baroqueの優雅な昼下り② TOP  >  展覧会 >  フエルメール

フエルメール

Bunnkamuraで ‘フエルメール(地理学者)とオランダ・フランドル絵画展’ シュテーデル美術館所蔵・フランクフルト
をみてきました。寡作の人フエルメールは生涯の作品は35点(35~37点ともいわれてる。真贋があるので・・・)といわれてます。35なら・・・と全部見ることを決心する方もいます。35点は現在16の美術館が所蔵してます。プロテスタントフエルメールの作品は案外新大陸に多く、調べた範囲ですが11点あります。希望を求めて海を渡ったwaspの御先祖様達の意思を誠に反映しているのでしょう。アメリカ人はフエルメールが好きなんでしょうね。わたしはルネッサンスのそれもダ・ヴィンチより前か後かで考えてしまうので フエルメールの時代は新しく思ってしまいます。それにフエルメールの時代にはもう写真機は登場してたとおもわれます。
フエルメール・地理学者(1669年) ↓
img244.jpg


フエルメール天文学者(1668年) ↓
これは、ルーブルが持ってます。今回は来てません。
img245.jpg
地球儀と天球儀です・・・



終わってしまった展覧会の記事になってしまいました。
ので 恐縮です。
もう一回フエルメール展が今年の暮からにかけてあるようです。 ↓
私は この3点はみてます・・・
ダブリンのフエルメールは、なかなかみられる機会がない作品でしたが
最近よく出張します。(アイルランドも経済的にも噴火なども何かとたいへんでしょうから・・・)
img247.jpg
img248.jpg
[ 2011/05/26 22:27 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Baroque

Author:Baroque
ここに引越しました。
本は友達!
絵(ルネッサンス・マニエリスム)音楽・お相撲・歌舞伎・お能・文楽・落語、・食べること大好き。

・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Baroqueの優雅な昼下り
  http://fzksakura.blogspot.com/
もよろしく。

最新記事
最新トラックバック