Baroqueの優雅な昼下り②

ここに引っ越してきました
Baroqueの優雅な昼下り② TOP  >  展覧会 >  高野山の名宝 高野山開山1200年記念

高野山の名宝 高野山開山1200年記念

高野山の名宝   にいってきました。
来年 平成27年  開創1200年の節目を迎えるそうです。
運慶による八大童子像 八躯揃って鑑賞できます。
(鎌倉時代 12世紀 一部14世紀)
高野山八大童子
運慶の制多伽童子を拝みたくて六本木のサントリー美 にいってきました。
鎌倉時代の運慶の八大童子がどういう因縁で高野山にあるのでしょうか。
少し前に横浜市の金沢文庫(称名寺)の運慶展を見に行ったときをおもいだしました。
金沢文庫(称名寺)には最近認定された運慶の小品大威徳明王があります。
(これは最晩年のお作のようです。)
若き秀才運慶について記しとことも。

最近 澤田瞳子氏の定朝の小説 (満る月の如し)を読んで
鎌倉時代のルネサンス慶派の誕生 の基礎を想像できました。
運慶は12世紀半ば 生まれといわれてます。
最古の作品は円成寺の大日如来が1176年といわれてます。
高野山の八大童子は1121年だそうですので
正に円熟期の作品です。

その後 東大寺南大門の金剛力士像
     興福寺の諸仏 や無著・世親像
と続きます。




高野山は密教美術の原点です。
高野山の名宝






空海筆 聾瞽指帰(ろうこしいき)↓
聾瞽指帰ろうこしいき
                                         ↑快慶作 四天王





快慶 孔雀明王坐像
高野山の宝

快慶のお作もあります。




空海なのになんか運慶になってしまいました。
先日の
東博の東寺展はもうすこし真面目に取り組んだような気がします・・・・




銀座、麻布 の用事がうまくいかずあいにくの小雨ふる一日でした。
残念を振り絞て サントリー美 へ。
いってよかった。



        ・・♪・


歩き過ぎで疲れて家に戻り
待ってたのは 九州場所4日目のテレビ中継
キセノン4連勝!
静かに・・・。

[ 2014/11/12 22:06 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Baroque

Author:Baroque
ここに引越しました。
本は友達!
絵(ルネッサンス・マニエリスム)音楽・お相撲・歌舞伎・お能・文楽・落語、・食べること大好き。

・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Baroqueの優雅な昼下り
  http://fzksakura.blogspot.com/
もよろしく。

最新記事
最新トラックバック