Baroqueの優雅な昼下り②

ここに引っ越してきました
Baroqueの優雅な昼下り② TOP  >  劇場 >  十二月大歌舞伎

十二月大歌舞伎

十二月大歌舞伎舞夜の部にいってきました。

雷神不動北山櫻(なるかみふどうきたやまざくら)
雷神不動北山櫻
市川海老蔵 五役相勤申し候
海老蔵さん5役です。
通し狂言としては 昭和42年に二世松緑が実に250年ぶりに上演したそうです。
不動 鳴神 毛抜 などは歌舞伎十八番として成田屋につたわってます。





お賽銭については前にも何かかきましたが、
過去に 2世団十郎の 不動 が
‘ 本物の不動明王 '  と評されたようで
観客は舞台に向かって賽銭を投げたといわれてるそうです。

そして
なんと
当代海老蔵丈も
大詰‘不動’で 客席から賽銭が投げられたようです。
こうした故実を観客が心得てるのですね。
その折に投げられた賽銭は歴代の団十郎と同様
成田山へ贈られた といわれてます。 ↓
賽銭
私は観劇中は全く気がつきませんでした。
が、 
今、振り返って
 終わりに近ずいて 1階前の方で ちょっと変わった掛け声がありました・・・・
 もしかすると・・・・ などと、勝手に想像してます。



平成4年に当時新之助であった海老蔵さんが十二世団十郎さんと
胎蔵界の不動明王と金剛界の不動明王を演じたようです。 ↓
私は胎蔵界と金剛界の不動明王の違いがよくわかりませんが、
成田屋団十郎さんさぞかし父親冥利につきたこととでしょうね。
AB象さん 親孝行できましたね。 ↓
セイタカ コンガラ童子


・・・・♪



今回の演目の 大詰  
          第三場 不動明王降臨の場   があります。
        ☆  不動明王  海老蔵
         ☆  konnga羅童子  道行
          ☆ 制多迦童子  市蔵
で演じられました。




このkonnga羅童子 制多迦童子は不動明王の脇侍として
三尊形式で祀られる事が多いです。

     先日 高野山展(サントリー 美)で
     運慶の 八大童子を拝観したばかりなので うれしかった。
     不動明王は 明王 天部  などとともに 親しみやすさで民衆に愛されてます。
     如来様があまりにも恐れ多いという事でしょうか
     大日如来の化身ともいわれる 説もあります。
     不動明王は
     お不動さま として 日本各地で信仰を集めてます。
 

     
          
海老蔵丈がんばってます。
一門を率いるのは さぞ大変な事でしょうね。
若いし、父親はいないし・・・・
まだまだ時間はかかるでしょう。

ブログもがんばってますが、
成田屋もよろしく・・・




[ 2014/12/05 08:41 ] 劇場 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Baroque

Author:Baroque
ここに引越しました。
本は友達!
絵(ルネッサンス・マニエリスム)音楽・お相撲・歌舞伎・お能・文楽・落語、・食べること大好き。

・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Baroqueの優雅な昼下り
  http://fzksakura.blogspot.com/
もよろしく。

最新記事
最新トラックバック