Baroqueの優雅な昼下り②

ここに引っ越してきました
Baroqueの優雅な昼下り② TOP  >  劇場 >  12月大歌舞伎

12月大歌舞伎

今月は全く偶然に2回目の歌舞伎座です。
今日は昼の部 演目は3っつ。



二人椀久 ↓
二人椀久
幻のように 傾城 松山太夫(玉三郎さん) が登場します。
御堂筋の豪商だった 椀屋久右衛門(海老蔵さん) との実在の人物であります。
海老玉コンビをしっかりみてきました。



幻武蔵   ↓
私は 宮本武蔵の 重文のこの絵を拝見するたびに
宮本武蔵は実在に人物であったことを実感します。
五輪書
舞台は 幻の世界
12人もの幻の武蔵が登場します。
千姫も3人登場・・・・。

美しい姿から白鷺城ともいわれてる姫路城 は魔物が住むという伝説があります。
泉鏡花の 天守物語 を思い出されます。
この城には
富姫明神  刑部大明神 が、 祀られてます。

暗い舞台で 獅童さん 松也さん 




もう1つ
源平布引滝
義賢最期    でした。
平治の乱 後の場面です。
ラブリン 愛之助さんの
戸板倒し  仏倒れ  です。
戸板を組んでそのままの姿勢で倒れ落ちる  戸板たおし
仁王立ちのまま前のめりに倒れる        仏倒れ
その技に感動です。
愛之助さん仁左衛門さんそっくりになりました。




歌舞伎座吉兆で 先日と全く同じメニューでしたがおいしかった。
[ 2014/12/10 12:37 ] 劇場 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Baroque

Author:Baroque
ここに引越しました。
本は友達!
絵(ルネッサンス・マニエリスム)音楽・お相撲・歌舞伎・お能・文楽・落語、・食べること大好き。

・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Baroqueの優雅な昼下り
  http://fzksakura.blogspot.com/
もよろしく。

最新記事
最新トラックバック