Baroqueの優雅な昼下り②

ここに引っ越してきました
Baroqueの優雅な昼下り② TOP  >  徒然 >  理化学研究所 (本)

理化学研究所 (本)

こんな面白い本を読みました。
多くの日本のトップクラスの科学者を育てた
理化学研究所

主に
1917年設立当初から
理化学研究所のエリート集団を育てた  ‘殿様’大河内正敏 のお話。
(この本は 1983年に刊行 されたものの文庫版)

‘キラ星のごとく’ とはこの事でしょうか ↓
教科書などでお馴染みの方々ばかりです。
日本の激動の時代を 科学 で乗り切った
理化学研究所のエリート達です。
 

高峰譲吉
寺田寅彦
長岡半太郎
鈴木梅太郎
本多光太郎
仁科芳雄
朝永振一郎
真島利行
茅 誠司
赤堀四郎
中谷宇一郎
湯川秀樹


理化学研究所


まだまだ沢山いらっしゃいます

大河内氏から受けた恩を忘れない
田中角栄氏も
主に経済的な面でおおいにかかわってたようです。



[ 2015/01/10 13:52 ] 徒然 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Baroque

Author:Baroque
ここに引越しました。
本は友達!
絵(ルネッサンス・マニエリスム)音楽・お相撲・歌舞伎・お能・文楽・落語、・食べること大好き。

・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Baroqueの優雅な昼下り
  http://fzksakura.blogspot.com/
もよろしく。

最新トラックバック