Baroqueの優雅な昼下り②

ここに引っ越してきました
Baroqueの優雅な昼下り② TOP  >  展覧会 >  額縁と名画

額縁と名画

こんな楽しい本に出合えました。
額縁と名画 ニコラス・ペニー著 古賀敬子訳
         ( 著者のニコラス・ペニーは ロンドン・ナショナル・ギャラリーのキュレーター)

額縁ナショナルギャラリー
主にヨーロッパの美術館で絵をみたとき その額縁のすごさに驚いたことを思い出します。
以前は
国内では画集などで 素晴らしい名画をみて興奮しなんとかホンモノに出会いたいと
そう、死ぬまでに一度はみてみたいと思ったりの美術鑑賞でした。

やっとの思いで そのホンモノに出あってみれば
絵画に いえ美術館全体 それどころか 国に感動し過ぎ 雰囲気にのみ込まれて
その名画の
額縁までは記憶や記録に至らないことが多いです。

それが、そういった名画の展覧会(例イタリアルネッサンス等)が
日本で開催され
慣れた美術館で
余裕(?落ち着いて)で見る機会に恵まれると
額縁諸共 はるばるやってきてくれた時は
額縁に思いを寄せる事ができます。
特に去年かおととしの上野の西洋美にきた ラフアエロ展 のとき ひしひしと感じました。

先日、Bunkamuraでナショナル・ギャラリーの映画をみたとき
売店でこの本を見つけました。
(アマゾンでは探し出せないでしょうね。)
その前にラジオで イタリアの額縁 についての話をチラッと耳にしたことがありました。
よくわからなかったのですが、興味を持ちました。

そしてこの本との出会い。
額縁は
聖別するものとしての額縁
調度としての額縁
絵画と額縁は 完璧な結婚 と呼ぶことさえもあるそうです。

著者は
ロンドン・ナショナル・ギャラリーのキュレーターなので
同館の所蔵作品のみについてのお話ですが、
おもしろいです。
絵の写真も多く
いい本に巡り合いました。



[ 2015/02/16 13:28 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Baroque

Author:Baroque
ここに引越しました。
本は友達!
絵(ルネッサンス・マニエリスム)音楽・お相撲・歌舞伎・お能・文楽・落語、・食べること大好き。

・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Baroqueの優雅な昼下り
  http://fzksakura.blogspot.com/
もよろしく。

最新記事
最新トラックバック