Baroqueの優雅な昼下り②

ここに引っ越してきました
Baroqueの優雅な昼下り② TOP  >  展覧会 >  インドの仏

インドの仏

インドの仏展にいってきました。
(コルカタ・インド博物館所蔵)
 コルカタとは カルカッタ の事です。

シ
インドでは仏教はアショカ王(阿育王)のBC3世紀頃に最盛期をむかえます。
そして発祥の地インドでは
6世紀頃から衰退し始めてヒンドー教に取り入れられてきました。
(信者はカーストのヒンドーの最下位になれた。)
そして仏教は13世紀には完全に消滅しました。。


        ・・・・


仏像などです。
仏教ではスツーパといわれる象徴としての 仏塔がありましたが、
初期の頃は仏像はなかったようです。
BC4、アレキサンダー以降
ギリシャ文明のヘレニズム文化が徐々に入ってきてます。
カニシュカ王(紀元1世紀頃)の頃
その影響を受けて
ガンダーラ(パキスタン)やマトーラ(インド中央)に仏像が登場しました。





摩耶夫人が白い象の夢をみて 釈迦の誕生。
(テレビからの写真 ↓)
托胎霊夢 2世紀(制作年代)
托胎霊夢
お釈迦様はだいたいB.C.6~5世紀頃 ネパールのルンビニで生まれました。


出家ゆ城 2世紀(制作年代)
インドの仏様① - コピー
出家の様子。王さまの地位を捨てて・・・・


菩提樹 紀元前2世紀(制作年代)
インド②
お釈迦様はボードガヤの菩提樹の樹の下で悟られた。




その後、
鹿野苑(ろくやおん)で初めての説法をしました。
初転法輪です。
初転法輪の跡(ダーメーク スツーパ)
ダメーク スツーパ 初転法輪の跡
鹿野苑は 鹿のいる園 の意だそうです。インドの仏教霊地。
       ベルナスの北東10km 現在のサールナートです。

法輪
初転法輪





涅槃 2世紀(制作年代)
インドの仏様①



ナーランダ大塔 址
インド② - コピー
5世紀ごろの繁栄した修行の場です。
ナーランダ大学 (世界最古の大学のひとつ)
当時 10000人位の学僧 2000人の指導者いたそうです。
玄奘もここで学びました。
このころ仏教は必死の巻き返しの時代です。
そのためにヒンドーの影響を柔軟に受け入れます。
ヒンドーの影響をうけた仏像は多く日本にも沢山あります。
 (それにしても その堂々たる菩薩さまを何点か拝見することできました。)
日本には
摩利支天 (イノシシのヴュシヌシ神から )や 不動明王 (シバ神)等があります。
ここには
レンガ造りの多くの僧院建ち並んでました。
が、
12世紀にナーランダは完璧に破壊されてしまいました。



       ・・・・・



かなり以前、私はシルクロード(仏教という事でインド以東)に興味を持って
(現地には行ってませんが、)
激しく燃えた時期がありました。
法隆寺 東大寺 正倉院 (ササン朝なども)
おそらく 修学旅行 の影響があったのでしょうね。

たまたま、
このたび この展覧会とテレビの影響で会場に足を運ぶ機会に恵まれましたが、
今にして思えば 情熱の割には あの頃も(今もデスガ)知識も意識も浅く・・・・。
結局 同じ事の繰り返しを 確認してるだけ・・・。
深く追求するパワーはありません。
戻れませんし
(むしろ、考えや意識の変化を止められません。)
いくつになっても
浅く、広くの断片的な知識のはぎあわせ・・・・で
上っ面の意識の変化がダラダラ続いてます。









[ 2015/03/18 15:40 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Baroque

Author:Baroque
ここに引越しました。
本は友達!
絵(ルネッサンス・マニエリスム)音楽・お相撲・歌舞伎・お能・文楽・落語、・食べること大好き。

・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Baroqueの優雅な昼下り
  http://fzksakura.blogspot.com/
もよろしく。

最新記事
最新トラックバック