Baroqueの優雅な昼下り②

ここに引っ越してきました
Baroqueの優雅な昼下り② TOP  >  旅行 >  イラン・イスラム共和国大使館②

イラン・イスラム共和国大使館②

イラン大使館でのイランのお勉強!
イラン・イスラム共和国は
1935年までの国名は ペルシャ だったそうです。
日本語の上手な大使館員様のお話は
ペルシャは7000年前からあったという事です。

6世紀 ササン朝ペルシャの頃(イスラム教発祥の頃)シルクロードをとおって
白瑠璃碗などが正倉院にやってきました・・・。

ドキドキします。
    

ペルセポリスイスフフン - コピー - コピー






 B.C6 マケドニアのアレクサンダー大王によって
     ダレイオス1世が築いた  アケメネス朝ペルシヤ は破壊されました。
その破壊された  ペレセポリスの王宮遺跡群 の在りし日の栄華
教科書や展覧会などで憧れてた風景です・・・。
ペルセポリス ヤズド - コピー

ペルセポリス ヤズド

ペルセポリスイスフフン - コピー






イスフアハン
ここの説明は 主にイスラム教寺院などの印象がのこってます。
が、
イスラムの人々はイスラム教以前から続く
ペルシャ文化を とても大切にしてるといわれてるそうです。

キャラバンサライなどものこされてます。

イスハハン



ドキドキです。
ペルセポリスイスフフン



ヤズド
砂漠都市
シルクロードの交易都市として栄ました。
又、
ゾロアスター教徒が今なお住んでいます。
砂漠は最初の2~3時間は感動だそうですが、
その後はいやになるほど延々と続くのだそうです・・・

ゾロアスターの聖地 沈黙の塔(かって風葬のために使われた・・・) ↓
ペルセポリス ヤズド - コピー - コピー
風葬は現在はないようです。
ちなみに鳥葬はチベット。
こちらは風葬です。




1500年以上も前から絶えることなく燃え続く聖火 (時々消えてる事があるらしい・・・)
でも やっぱり ドキドキ です・・・・。
♪ ササン朝ペルシャ・拝火教(ゾロアスター教) ⇒ 正倉院御物 ♪
なんかこの辺は
私の文化史の原点・・・
古寺巡礼時代です。(女子高生の頃・・・・・!)
拝火教寺院

イランにも行きたくなりました。
勧められるとすぐそうなる・・・ つくづく単純・・・・・

その他のメモ
シラーズ : 二人の著名な詩人 ハーフエズ廟  サーデイ廟 がある。

テヘラン :  イラン考古学博物館がすばらしいそうです。
          以前、東博で観てビックリ感動はここの展示会だったのかしら・・・?
          
 





[ 2015/05/27 23:28 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Baroque

Author:Baroque
ここに引越しました。
本は友達!
絵(ルネッサンス・マニエリスム)音楽・お相撲・歌舞伎・お能・文楽・落語、・食べること大好き。

・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Baroqueの優雅な昼下り
  http://fzksakura.blogspot.com/
もよろしく。

最新トラックバック