Baroqueの優雅な昼下り②

ここに引っ越してきました
Baroqueの優雅な昼下り② TOP  >  劇場 >  落語と日本酒を楽しむ会in新橋演舞場

落語と日本酒を楽しむ会in新橋演舞場

落語と日本酒を楽しむ会 で楽しんで来ました。
第6回です。
今回は古今亭文菊師匠なので楽しみにしてました。

一部…落語会
文菊師匠は
今、旬の若手噺家。29人抜き真打昇進。明日の落語界を担う‘ 古典落語の本格派’ です。

本日は落語二題
‘ 青菜 ’    例の義経(弁慶)にしなさい・・・。
うまいなあア 、真打2~3年目の噺家とは思えないわ・・・若々しいの。人物の違いがはっきりしてるので 
とて も わかりやすく聴いててよくわかります。

‘四段目’    お芝居と一緒にみてるようで面白く得したような気分になりました。
          色気たっぷりの文菊師匠。
          噺家は真打になるまでに 
            日舞 をしっかり稽古してるそうですが、
           その見本・お手本といってもいいような 振り と思いました。
           四段目は 忠臣蔵四段目の事。
           団十郎当代海老蔵親子も登場したりして・・・スゴイ。 

二部…初夏の日本酒を楽しむ会
新橋料亭街伝統の味の肴
斎藤正達料理長の特別献立

5種類のお酒
いづみ橋
八海山
尾瀬の雪どけ
新政
満寿泉
いん新橋演舞場
噺は楽しく、酒はおいしい、肴もおいしい。
でした・・・。

ワタシは
 本日は 時間がなく・大汗かいての遅れ気味の参加でした。
がっついて、ガバガバ食べて、呑み過ぎのべらべらしゃべり で
江戸の粋 に田舎者 の参加でした・・・・






さらに
文菊師匠のサインも戴きました。
先日、読み終わった(見終わった)ばかりの
師匠の写真集を重いのに持参していってよかった。   ↓
落語と日本酒を楽しむ会
左上は ‘いづみ橋 ’神奈川 夏ヤゴ純米活性にごり生酒





[ 2015/06/25 23:49 ] 劇場 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Baroque

Author:Baroque
ここに引越しました。
本は友達!
絵(ルネッサンス・マニエリスム)音楽・お相撲・歌舞伎・お能・文楽・落語、・食べること大好き。

・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Baroqueの優雅な昼下り
  http://fzksakura.blogspot.com/
もよろしく。

最新トラックバック