Baroqueの優雅な昼下り②

ここに引っ越してきました
Baroqueの優雅な昼下り② TOP  >  旅行 >  アンドラのプレロマネスク教会

アンドラのプレロマネスク教会

ピレネー山脈の山の中の小さな国 アンドラ共和国 
この辺りはフランスの南西部、スペインの北東部になります。
11世紀頃までにプレロマネスク様式の教会の建物が沢山あります。
プレロマネスク様式は、西ヨーロッパで生まれ、主にフランスを中心に広まったそうですが、
レコンキスタの影響などもあり このピレネーの山の中では流行ったそうです。
必ず、Belltower があります。
タクシーで紅葉、黄葉の中、 4~5個の教会を見て回りました。
前に4つみてますので 計8っつのプレロマネスク様式教会見物でした。
(ガイドブックで、調べましたが、あまりきちんとした制作年代は、分かりません)

かなり高い場所に登りました。
学生ふうの若者2~3人が 自転車で到着!
お弁当を食べてました。
ロマネスク教会聖クリストフアー
ロマネスク教会・聖クリストフアー
部分13世紀成立、16世紀のもの。
belltowerが2階にあり、これはアンドラで唯一だそうです。


町の方に少し降りてきて の教会
モザイクの絵の飾りがありました。
モザイクの教会
名前が分かりません。
調べてみましたが、ガイドブックにも登場してません。
いわば、
日本の地方都市のちょっとした あまり有名でないお寺か、神社のようなものでしょうか。



町の中に溶け込んでます。
部分12世紀 17世紀の設立のようです。
国民の集会場が繋がっていて、博物館もあるようです。
聖コルネリ 聖セブリア教会と集会所
聖コルネリ・聖セブリア教会と集会所




町のなかの、いわば坂の上の教会
聖クレメンス教会
聖クレメンス教会


このあたりのプレロマネスク教会群は、そうプレというよりはプテイといってもいいくらい 小さな建物の教会群 です。
お土産やで買ったガイドブックにはプレが付いてなくてロマネスクとなってます。
8っつ中、内部の見学が出来たのは一つでした。古いフレスコ壁画(天井は18世紀の新しいもの)でした。

小さな教会で思い出すのは、キプロス島のキプロス共和国の山の中の教会群です。
東方正教 系列の教会でした。
地域上、石のがっちりとした 民家風のように・隠れるように密やかに
内部は これでもかのすばらしいフレスコ壁画の 12月に訪れたキプロス島の教会でした・・・。




[ 2015/11/09 22:40 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Baroque

Author:Baroque
ここに引越しました。
本は友達!
絵(ルネッサンス・マニエリスム)音楽・お相撲・歌舞伎・お能・文楽・落語、・食べること大好き。

・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Baroqueの優雅な昼下り
  http://fzksakura.blogspot.com/
もよろしく。

最新記事
最新トラックバック