Baroqueの優雅な昼下り②

ここに引っ越してきました
Baroqueの優雅な昼下り② TOP  >  徒然 >  ローマカトリックとロシア正教

ローマカトリックとロシア正教

新聞で先週 東西教会 トップ初会談 の記事を読みました。
1054年の分裂以来初めてだそうです。
キューバで です。
ローマ法王フランシスコ(アルゼンチン出身) と、 ロシア正教会のキリル総主教
キリル総主教とフランシスコハバナ







キューバは、去年の夏 ローマ法王の仲介でアメリカと54年ぶりで国交を回復しました。
カストロ議長の出迎えを受けるローマ法王
フランシスコとカストロ議長



キリル総主教に誕生日の花を贈るプーチン氏
プーチンと東方教会



バルカン半島(旧ユーゴ)を旅行した時
東西のローマ帝国が分離した その境界線はこの辺りです といわれた事があります。
そう、ヨーロッパの火薬庫といわれた
ボスニアヘルツエゴビナのナウム か セルビアモンテネグロのコトル のアドリア海に面した 辺り でした。
近現代のように
はっきり・くっきりではなかったのでしょう・・・ 。
東西帝国の分裂 と、カトリック教会と正教会 の分裂を、同列に扱うと、 年代にかなりの差は出ますが、
この辺りという事が、解っただけでも、この時の旅行の魅力の一つになりました。
おそらく 同じ 辺り であるでしょう。
宗教・文化・政治の勢力 は、不思議に一致する事が多いです。

(調べてみたら 私は2008年秋と2010年春の2回バルカン半島観光をしてます。
旧ユーゴは、
8つの国境・7つの共和国・6つの民族(18以上の少数民族)・5つの言語・4つの宗教
があります。
銃弾の跡などの紛争の生々しさが残ってました。 東西教会どころか、イスラム教やユダヤ教なども印象的で
何よりも人々の表情の厳しさや、暗さを思い出します。旧共産国の人々に特徴的にもおもいます。)

すぐ上の新聞記事を拡大 ↓
カトリッくと東方教会

                   ・・・・・・


以下、後日(2月24日)記入
 24日の新聞 小さな記事に気がつきました。
ラモン・カストロ氏(91才) キューバの首都ハバナで死去
あのカストロ兄弟にお兄さんがいました。

[ 2016/02/20 07:15 ] 徒然 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Baroque

Author:Baroque
ここに引越しました。
本は友達!
絵(ルネッサンス・マニエリスム)音楽・お相撲・歌舞伎・お能・文楽・落語、・食べること大好き。

・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Baroqueの優雅な昼下り
  http://fzksakura.blogspot.com/
もよろしく。

最新記事
最新トラックバック