Baroqueの優雅な昼下り②

ここに引っ越してきました
Baroqueの優雅な昼下り② TOP  >  展覧会 >  フエルメールとレンブラント

フエルメールとレンブラント

森アーツセンターギャラリーです。
フエルメールとレンブラント展にいってきました。
やっぱりサスガ・・・スゴイ・・・ が感想です。
ウエルメールとレンブラント

会場での解説を読んでみました。
 いろいろ再認識することができました・・・・
  勉強になりました。

その頃16世紀のネーデルランド諸州はスペインの属州の一つでした。
が、
ネーデルランドの人々は、スペインのローマカトリック教会に対して
反感を抱いてましたので、次々とプロテスタント に、改宗していってしまいました。
ここまではフツーに 知られてるお話です。


1648年ネーデルランド共和国が、正式に承認されました。
ネーデルランド共和国は
現代の共和政の原型です。
都市や町を代表する商人達で構成される評議会というのがあっって
その協議会によって都市や町は管理運営されました。
その頃、都市や町の新しい教会であるプロテスタントの教会では、
偶像崇拝を引き起こすという事で
なんと、 聖像画は破壊されてしまってたのだそうです。
旧から新 に至るまでには
さまざまな事 が、起こってるのですね。

絵画の注文をするのは、裕福な商人や町人です。
(他のヨーロッパ地域ではカトリック教会や王室宮廷からの注文がほとんどでした。)

ここに新興の裕福商人達は、旧教の影響を受けた聖像よりも
好んで一般市民達の風俗画を希望しました。
風俗画流行には、訳アリのようです。
静物画も流行ったようです。
宗教のかおり漂う静物画です。

信仰心あふれる 謹み深い 清貧なる市民の 風俗画(人物・静物)の
一大流行の時代です。


[ 2016/03/12 00:19 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Baroque

Author:Baroque
ここに引越しました。
本は友達!
絵(ルネッサンス・マニエリスム)音楽・お相撲・歌舞伎・お能・文楽・落語、・食べること大好き。

・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Baroqueの優雅な昼下り
  http://fzksakura.blogspot.com/
もよろしく。

最新トラックバック