Baroqueの優雅な昼下り②

ここに引っ越してきました
Baroqueの優雅な昼下り② TOP  >  展覧会 >  カラヴァッジョ展

カラヴァッジョ展

カラヴァッジョ展にいってきました。
これでもかのカラバッジョです。
カラヴァッジョの絵はあまり知りませんが、
光を意識しての闇
ドラマテイックな内容は魅力あります。
情熱的・人間的過ぎて単純な私は圧倒され過ぎてます。
会場で観てるうちに気がつきました。
カラヴァジョは、
特に群像に魅力あります。

そして 何よりも、
この度初めてカラヴァジェスキというのを知りました。

個人的には このナルキッソスや
ポポロ聖堂の聖パウロの回心(右翼の馬のいる方・今回は来てません)が好きとおもってます。
この2点ナルキッソスと聖パウロはほとんど同じ時期に描かれたようです。
ナルキッソスがやや早いかしら・・・
ナルキッソス

          ・・・♪・・


私はなぜかカラヴァッジョとは御縁がありまして
昨年のヨーロッパ小国大周遊の折、ローマで偶然ポポロ聖堂に到着できました。
カラヴァッジョとカラッチの礼拝堂を拝めました。
チェラージ礼拝堂 カラッチ (カラバジョとの競演)
ポポロ聖堂のチェラージ礼拝堂 正面カラッチ 左ペテロ 右パウロ

ペテロ
左翼 聖ペテロの磔刑

パウロの回心
右翼 聖パウロの回心



それから少し前にヨハネ騎士団のマルタ島に行ったとき
洗礼者ヨハネの斬首を見る事ができました。
騎士団の士気は、おおいに盛り上がった事でしょう。
カラヴァジョの洗礼者ヨハネの斬首
洗礼者ヨハネの斬首
作品は少し暗く、遠く高い所にありますので
必死でみましたが、実はよくわかりませんでした。
修復を必要としてるのか、場所が暗いのか、なのでしょう・・・
友達のオペラグラスを借りて頑張りました、サインは確認できたと信じてます。



こちらは、やや見やすい明るい場所にありました。
カラバッジョの聖ヒエロニムス
聖ヒエロニムス



[ 2016/03/29 23:28 ] 展覧会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Baroque

Author:Baroque
ここに引越しました。
本は友達!
絵(ルネッサンス・マニエリスム)音楽・お相撲・歌舞伎・お能・文楽・落語、・食べること大好き。

・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Baroqueの優雅な昼下り
  http://fzksakura.blogspot.com/
もよろしく。

最新記事
最新トラックバック